済生会京都府病院の口コミと体験談 京都府長岡京市

済生会京都府病院」京都府長岡京市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

済生会京都府病院について

産婦人科は、基本的に女医さんのみですが、週に1度だけ外部から男性の医師がこられてます。 金曜日は、予約のみなので、かなりすいています。 清潔な病院で、受付の方から看護士さん、先生までみなさん、優しいです。 窓が大きいのか、明るいロビーで掃除もよくされていて、古いですがとても綺麗です。 全体的に患者さんも穏やかで大人しい感じの方が多いので、あまりざわつきなく、静かに待合室でもまてます。

済生会京都府病院の基本情報

「済生会京都府病院」京都府長岡京市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

京都府長岡京市今里南平尾8番地 「長岡天神駅」下車、西出口より バスまたは徒歩15分

出産にかかる費用

約40万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

常勤は女医さんのみ。年齢は、20代、40代、50代。皆優しいです。

済生会京都府病院の良い点・オススメポイント

院内設備→小さい売店が1階にありました。  レストランも1階にありましたが、小さくてメニューが少ないです。 トイレは、各階に3つぐらいあり、男女別で、割と綺麗で広めです。 2階の産婦人科のトイレは、おむつを替える台もありました。 自動販売機、散髪屋は、1階にありました。 ただし、散髪屋は希望すれば1階まで来なくても病室まで来て散髪してくれます。 個室→あり

済生会京都府病院を選んだ決め手!

近所の産婦人科に行っていましたが、切迫早産で緊急入しました。 5日間入院していましたが、全く症状が改善されなくて、その産婦人科は長期の入院に適していなかった為、院長先生に希望の病院があるか聞かれましたが、地元に帰るのは、危険な状態になるからダメだと言う事で、近くの総合病院である済生会京都府病院に転院になりました。

済生会京都府病院の改善して欲しいポイント

病院の周りは、小学校や住宅でお店が全くないので、少し暇つぶしをしようと思ってもそれができなくて不便に感じました。 また、駅から遠いので徒歩での通院は不可能です。 バスが通っていますが、あまり本数が多くなくて、バスの時間に合わす感じで診察予約を入れなくてはいけませんが、帰宅する時にバスがあまりなくて非常に困ります。

済生会京都府病院についてもっと詳しく

以下では、済生会京都府病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産婦人科の先生は、基本的に女医さんのみなので、聞きにくい夫婦生活の事なども聞きやすいですし、明るくて優しい先生ばかりなので、とても質問しやすくていいです。 心配ごとがあって聞いても誠実に返答して下さいます。 看護師さんや事務スタッフさんもとても優しくて、患者さん1人1人で声をかけて、診察に来た日の体調は大丈夫かどうか確認してくれたりします。

院内の設備

産婦人科、小児科、受付の方、みなさん、基本的に優しくて親切なので、臆する事なく、分からない事はすぐに聞けます。 聞いたら、ちゃんと丁寧に分かるまで説明して下さるのでとても助かります。 ロビーも通路も広いし、待合のイスもたくさんあるので、リラックスして自分の順番を待てます。 タクシーが結構頻繁に来るので、バスを待つのが嫌な人はそれで帰れます。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は、週に1回メニューの紙が配られて、2択でどちらがいいのか選べる。(朝は決まっていて、昼と夜のメニューを選べる) 1度だけ、アロママッサージを出来るという事(無料)で、外部から来てる人に足をマッサージしてもらった事があります。 早くから入院した人は、病院でしている出産前の母子教室みたいなのに無料で出席できる。

私の済生会京都府病院での出産体験談を紹介します!

37週まで入院。退院して、3日目に診察予約があったので、診察に行くと高位破水していた為、緊急入院。 14時頃に入院して、即前室(陣痛室)へ。 16時頃から定期的に軽く陣痛。 20時頃に陣痛がおさまる。 看護師さんに陣痛がおさまったことを言うと、腰に湯たんぽを当てると陣痛がまたはじまるかもと言われて、20時15分頃、腰に当てる。 腰に当てて5分ぐらい、20時20分頃陣痛が急速にきつくなる。 20時30分頃、先生が診察をすると言うので、痛いのをこらえて分娩台にあがる。 その時点で、子宮口全開で、先生が驚いて、もう出産やで!!と叫ぶ。 バタバタと用意がされて、看護師さんも忙しそうにしていて、夫も呼ばれる。 自分自身は痛いので、夫が頑張れという声もあまり聞こえず、必死にいきんでいた。 先生が急に慌てだして、小児科の先生を呼ぶように言っているのでどうしたのかと思ったら、赤ちゃんの首に臍の緒がまきついていて、緊急だと言っていた。 のんびり出産できる状態でなくなったので、先生が手を入れて、人工破水。 少しだけ吸引をおこなったようだが、自分ではまったく気づかず、赤ちゃんが産まれる。 小児科の先生が大慌てで分娩室に来てくれたが、赤ちゃんはうまいこと産まれてくれて、問題なかった為、すぐに帰って行った。 その後、緊急だった為、膣が裂けたので縫うのに1時間以上かかって、かなりの苦痛でした。

済生会京都府病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この済生会京都府病院の体験談・口コミは、1/22/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(226896)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!