武蔵村山病院の口コミと体験談 東京都武蔵村山市

武蔵村山病院」東京都武蔵村山市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

武蔵村山病院について

総合病院の中にある産婦人科です。まだ新しい病院なので、外来・入院病棟ともに、とても清潔感があってキレイです。 出来るだけ出産時のリスクを少なくしたいという方針から、出産方法は自然分娩のみとなっています。また、産後は母乳育児を勧めているため、個室・大部屋ともに母子同室となっていて、産後二日目からは夜間の授乳もあります。

武蔵村山病院の基本情報

「武蔵村山病院」東京都武蔵村山市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都武蔵村山市榎1-1-5 玉川上水駅と立川駅からバスがあります。

出産にかかる費用

約58万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

2人います。20代と30代ぐらいで優しいです。

武蔵村山病院の良い点・オススメポイント

個室は少なめですがあります。大部屋は、出産した人と婦人科系の病気で入院している人と部屋を分けてくださるので、気を遣わなくて済むのが良いです。 シャワー室も二部屋あるのであまり混まず、好きな時間に入れます。 分娩室は二部屋あり、両方の部屋の隣には手術室が完備されています。 待合いロビーにはお茶や水を無料で飲むことが出来るサーバーが置いてあります。

武蔵村山病院を選んだ決め手!

最初は個室がある無痛分娩を行っている個人病院を希望していたのですが、お金に余裕がなかったため、個人病院より費用が安い総合病院を探すことになりました。 家と実家から近いところ、病院内が清潔でキレイなところなど、幾つか条件をだして検討した結果、ネットの口コミでもオススメされていた病院ということが決め手となりこの病院を選びました。

武蔵村山病院の改善して欲しいポイント

総合病院なので、予約制ですが診察までの待ち時間が長いです。一番長く待った時は三時間以上待ちました。 体重血圧の計測は自分で行わなくてはいけないのと、尿検査は毎回採尿は容器を持ち帰り、家で採尿して病院持って行かなければいけないのが大変でした。 駐車場はありますがとても少ないため、すぐ満車になってしまいます。第2駐車場もありますが、病院から少し離れているので、臨月の時は大変でした。 これらが改善されたら良いと思います。

武蔵村山病院についてもっと詳しく

以下では、武蔵村山病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

事務スタッフは皆さん優しく丁寧に説明して下さいますが、電話対応は少しサバサバしています。 先生は4人いらっしゃいますが、どの先生も優しく細かく見て下さるので安心出来ます。特に医院長先生はとても頼りになる感じでした。 助産師さんは外来よりも入院病棟を担当している事が多い、若い助産師さんたちが不安や悩みをしっかり聞いてくださるので良いです。

院内の設備

武蔵村山病院は医師の診察以外に助産師による助産師外来というものが何回かあります。普通の診察と違い助産師外来では1回30分と診察時間が長いので、聞きたい事を聞いたり悩みをしっかり聞いてもらうことが出来ます。 また、希望者には栄養士さんと話す機会を設けてもらえ、妊娠中の毎日の食事について詳しく教えてもらうことが出来ます。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は母乳に良いとされる和食が中心です。野菜が多めですが、お肉やお魚もしっかりあるので、ボリュームがあります。 一番特徴的なのはフルーツです。毎食必ずフルーツが出るのですが、オレンジやリンゴ・メロンなどに飾り切りがしてあり、見た目がとても華やかでキレイです。 入院中一度だけご褒美ディナーというものがあり、フレンチのコースのような食事があります。

私の武蔵村山病院での出産体験談を紹介します!

私が病院に入ったのは朝の5時半頃でした。時間外でしたので、急患などで使用する裏口から病棟に向かいました。 病棟に行くとすぐに体重を計り、その後、陣痛室に案内されました。 順調に陣痛の間隔が狭まってきたので、お昼前には分娩室に入って産めるよ、凄く順調に進んでいると言ってもらえました。 しかし、最初は順調だった陣痛が弱まってきてしまったのです。陣痛の間隔を狭めて子宮口が開かないことには無駄に体力が消耗するだけになってしまうと言われたので、陣痛を起こすために病院の中を歩いたり陣痛を起こしやすくする椅子に座ったりしました。 その効果で少しだけ陣痛が強くなりましたが足りなかったので最後は促進剤を使いました。 分娩室に入ったのは夕方の16時頃でした。 ようやく産むことが出来ると思った時、なんと緊急で運ばれてきた患者さんの手術をするため担当してくれていた先生や助産師さんが分娩室からいなくなり一人きりになってしまったのです。 どうして良いか分からなくてパニックになり叫んでいたら、慌てて医院長先生が来て下さいました。 的確な医院長先生の指示により無事18:12に出産することが出来ました。

武蔵村山病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この武蔵村山病院の体験談・口コミは、7/28/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(227540)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!