JA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科の口コミと体験談 北海道帯広市

「JA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科」北海道帯広市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

JA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科について

総合病院のため、各科によって先生の良し悪しが激しい。婦人科の先生はきっぱり厳しい先生と優しい先生がいるので、看護婦さんに相談して自分にあった先生にしてもらうと良いかも。自分はきっぱりした先生でとても良かったし安心できた。 大きな特徴はない病院。総合病院で転勤が多いので、先生たちの定着度が薄いのが難点だと思う。

JA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科の基本情報

「JA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科」北海道帯広市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

帯広市西6条南8丁目1 帯広駅から徒歩15分

出産にかかる費用

43万円帝王切開だったためもどってきたお金は無。

出産の際の分娩の種類や方法

帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さん無 男性医師30代?50代3名

JA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科の良い点・オススメポイント

個室はあるがいろいろな面でお金がかかり高い。重病な人優先という感じ。出産後の妊婦のためのアメニティなどは無い。 食事も特別なものはなく入院食なので、そういうものを求める人にはがっかりな部分しかないかも。 そんなに新しい病院ではないし婦人科そのものが狭いしあくまで総合病院の中の婦人科。 院内設備でお勧めは特に無い。赤ちゃんの画像は3Dで見れます。

JA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科を選んだ決め手!

最初からここひとつしかかからなかった。家から車で15分だったのと もうひとつの病因は産婦人科オンリーの病院だったのに 流産した後の手術が下手くそで痛かったし 先生も高齢で不安だったので。 自分が股関節亜脱臼だったので、何かあったときのために総合病院を選んだ。 人口の少ない地元では選びたくても病院の数がないしで選びようもなくここになった。

JA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科の改善して欲しいポイント

前駆陣痛だとベットの空きが少なく、家に返される。そういう場合のベットもあると家が遠いときや初産の場合は不安も多いので安心できる。出産が終わってる方たちの部屋で前駆陣痛だからと入れられても 気を使うし、痛いので声を出さないように我慢するのが大変だったので辛かった。 そういう面では総合病院じゃなくて産婦人科オンリーの広い個人病院のほうが良い面もある。

JA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科についてもっと詳しく

以下では、JA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生は妊娠中からきっぱりはっきり言うタイプで安心できた。どのように過ごしてもダメになるときはなるしならないときはならないので細かいことは気にしても仕方ないと言ってた。 赤ちゃんの性別を言うのがすごく早い時期で自信たっぷりだった。(当たってた) 看護師もいろんな人がいるが厳しく親切な方が多い。事務スタッフは特に良くも悪くも普通。

院内の設備

助産師さんがあかるく、しっかりしていて良い方が多かった。年齢もある程度上の方が多いので、出産経験者が多数。 一週間みっちりベットのとなりに我が子を置きながら授乳やら産湯、いろいろ教えてくれるので 初産の場合、練習になって自分は良かったが、若いお母さんは寝不足が辛くて泣いていた方もいた。 家に帰ってからの一人での不安が軽減される。入院中は忙しいのでゆっくりできない。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

何日目か忘れましたがお祝い膳はでます。普通に美味しいが豪華さはないです。 体に良さそうなメニューでした。エステなんて無かったですね。 出産後の楽しみなんて味わうようなタイプの病院ではなかったです。 とにかく、いろいろ教えてくれるのでそのへんはありがたかったが産んだ次の日から もう毎日の授乳が始まるのですでに寝不足になります!

私のJA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科での出産体験談を紹介します!

陣痛かと思ったものが前駆陣痛で、一晩家で痛いまま過ごし、病院がきても良いですよと言ってくれるまでなかなか行けないのが辛い。次の日に行ったがまだ前駆陣痛で返されて次の日はもうもともと入院予定日だったので入院したが前駆陣痛のまま様子見でベットが少ないので4人部屋で痛いまま過ごすことになり出産を終えてる母親たちに迷惑かけないように痛さを我慢するのが大変だった。夜中破水し朝に子宮口を開く薬をいれ、陣痛促進剤を夕方までの間計4回入れたが出てこず、赤ちゃんも回転が反対回りだと説明があり私の年齢も考慮して(当時39歳)先生がもう切っちゃおう、良いね?ときっぱり言い、緊急帝王切開となった。 先生の判断も早いのはありがたかった。股関節亜脱臼の人の足を開かない分娩方法があると教えてもらっていたのでそれを体験できず残念でした。助産師さんや看護婦さんの雰囲気は穏やかでうるさくなく適度に見回りに来てくれていて安心できました。 術後の先生の診察も丁寧でとてもよかったです。

JA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※このJA北海道厚生連帯広厚生病院婦人科の体験談・口コミは、12/15/2009時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(228578)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!