札幌マタニティウィメンズホスピタルの口コミと体験談 北海道札幌市

札幌マタニティウィメンズホスピタル」北海道札幌市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

札幌マタニティウィメンズホスピタルについて

出産を予定してた産院が閉鎖され困っていたところ 母親教室でこの産科を紹介されました 街中心部から近く 地下鉄駅すぐなので便利です 車で通院するにも交通の便の良い場所なのでスムーズに通院できました とにかく産科医の数が多い 小児科医も居るので産後ワクチン接種などでその侭通院する事ができます 妊婦期間通院していて特に不便は感じませんでした

札幌マタニティウィメンズホスピタルの基本情報

「札幌マタニティウィメンズホスピタル」北海道札幌市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

札幌市北区北13条条西4丁目 札幌地下鉄南北線北12条駅下車~北大方向へ徒歩5分程度

出産にかかる費用

入院時の明細で30万少しなのでその他諸々で40万前後だったような

出産の際の分娩の種類や方法

陣痛促進剤を使用してですが自然分娩になってます 

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

産後間もない女医さんも居ます 私は診察された事がありませんが

札幌マタニティウィメンズホスピタルの良い点・オススメポイント

当時私が出産した時から施設が新しくなっているので当時の様子ですが 2階から供部屋 個室フロア シャワールームの順に階があがります 私は洋室の個室でしたが和室タイプもあります 私が印象的だったのはシャワールームやトイレなどより清潔感が必要とされる場所の快適さが抜群だということ 各空間の取り方 物の配置 カラー 使用感  今後妊娠の予定はありませんがこの産院のアメニティはまた利用したいと今でも思います

札幌マタニティウィメンズホスピタルを選んだ決め手!

最初の産院が閉鎖されてから2つの候補のうちマタニティに決めました 母親教室のお母さんに紹介されてその方と一緒に通いました 自宅や街中心部から近く交通の便が良かったのとドクターが多く選択できるのが魅力でした 通院中も予約のせいもあり診察も割とスムーズで 待ち時間も快適に過ごせる配慮が院内の至る所に施されていたので

札幌マタニティウィメンズホスピタルの改善して欲しいポイント

客(患者)を選ぶところは多少あるかもしれません たまたまなのか分かりませんが私が退院の際は ナースステーションに御世話になりましたと声掛けしても誰ひとり振り向きもしませんでした 出産時の思い出としてとても残念です 金持ちにはとても良い産院のようという話は経産婦の世間話でたまに聞きますが 格差を感じさせる対応はないに超したことがありませんね

札幌マタニティウィメンズホスピタルについてもっと詳しく

以下では、札幌マタニティウィメンズホスピタルについて、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

予約制で医師を選択可能なのですが私が選択した医師はソフロロジー分娩も行う穏やかな医師で診察や対応に概ね問題はありませんでした 受付事務や薬剤師の方も浮き沈みのない丁寧な対応をしてくれました 入院中のこと 一部助産師に患者の事に関する世間話を聞こえるように話す方がいました 助産師も人間とは言えあれは感じ悪いです

院内の設備

院内はホテルのように奇麗でトイレも落ち着いて用が足せる空間にデザインされています ドクターが多い 予約制でドクターを選択する事ができる 街から近いので予約時間までの時間つぶしに困らない 側にコンビニもあるので何か足りない時に買い足せる 北海道大学が側なので健診ついでに大学の広い敷地内を運動がてら散歩したりできる

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は美味しいです 確か和洋選ぶ事ができた気がします(個室で食べるかレストランで食べるかも選択可能) ひとつひとつ繊細で後味の良い食事が提供されます 院内にカフェもあるので其処で家族や親戚と過ごす事も出来ます レストランではピアノの生演奏の中食事をします 当時の話ですが産後には誕生祝いdinnerが振る舞われます どれも満足な食事です

私の札幌マタニティウィメンズホスピタルでの出産体験談を紹介します!

最初は破水か否か判別不能な程の微量の破水から入院に至りましたが 陣痛が一向に起こらず促進剤を使う事に 結果恐らく過強陣痛だったと思います 1分置きに呼吸が出来ない程の陣痛に夜の9時から出産の朝6時過ぎまで独りで苦しみ 生きてるのか生きてないのか分からない朦朧状態で分娩台に連行されてから産まれるまではあっと言う間でした その日は出産ラッシュだったらしく助産師や看護師があちらこちら行ったり来たり 私の元へは殆ど誰も居ませんでした 酷い貧血と披露で朦朧としてる中 助産師に子供の性別を聞かれ咄嗟に『雄(オス)』と答えたのが忘れられません 胎盤と臍のをが凄く立派だったそうで破水24時間経過してなければ臍帯バンクに提供できて喜ばれたのに~と言われました

札幌マタニティウィメンズホスピタルの紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この札幌マタニティウィメンズホスピタルの体験談・口コミは、2011年1月 真冬です時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(235147)

「札幌マタニティウィメンズホスピタル」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!