総合高津中央病院の口コミと体験談 神奈川県川崎市

総合高津中央病院」神奈川県川崎市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

総合高津中央病院について

総合病院なので小児科はもちろん他の科もあるので、便利です。 建物は外来病棟は新しく、きれいです。 入院病棟は年季を感じさせる建物ではありますが、清潔で特に問題はありません。 切迫早産で2度ほど入院したこともありましたが、そういう場合にも同じ病院で対応が出来るのは安心なポイントでしたし、先生はたびたび顔を出してくださってとても安心しました。 総合病院ですが、どこかアットホームな雰囲気で良かったです。

総合高津中央病院の基本情報

「総合高津中央病院」神奈川県川崎市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

川崎市高津区溝口1-16-7 駅から徒歩約3分ほど。電車も田園都市線、大井町線、南武線が使えるので便利です。

出産にかかる費用

約55万円

出産の際の分娩の種類や方法

下の子は普通分娩。上の子は旋回異常で吸引分娩を行いました。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女性の先生はいます。 年齢は30代前半か半ば。さばさばした雰囲気の先生でした。

総合高津中央病院の良い点・オススメポイント

個室はありますが、基本的に帝王切開の方が入られるはずです。 他2人部屋が2つほどあったと思います。 使用できるシャワー室は2つあり、そんなに混み合う事もなく使用できました。 シャワーに入れないようなコンディションの時は洗髪出来る洗面台もあります。 お手洗いには洗濯機と乾燥機があり、それぞれコインで使用できます。 同じ場所に冷蔵庫もあり、記名して入れておくことは出来ます。

総合高津中央病院を選んだ決め手!

自宅近くの総合病院と、電車に乗って通うことになる個人病院で合わせて3つの病院で検討をしました。 選んだのは総合病院。 自宅の最寄駅前の病院だったので、通いやすさが選んだ一番の理由です。 また、総合病院であったことも決め手になりました。 結果的に切迫早産でで入院する事になった際にもこの総合病院だったこと、自宅から近かったことは非常に助かりました。 また、口コミ等見て良い先生がいるということも決め手の一つになりました。

総合高津中央病院の改善して欲しいポイント

2人目の時は2人部屋で、だいぶゆったり出来ましたが、タイミングによっては6人部屋になる事もあります。 上の子の時は6人部屋でした。 出産後のお母さんだけではなく切迫で入院されている方も同室なので、どうしても気を使います。 また、ひとつのベットスペースはかなり狭く、丸イス一つでもきつきつ。 お見舞いに来てくれる人に申し訳なかったので、せめてもう少し広めにベッドスペースをとってほしいところです。

総合高津中央病院についてもっと詳しく

以下では、総合高津中央病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

主治医の先生は非常に丁寧な対応をしてくださいました。 切迫早産で入院した際にはご自分の勤務日は外来がある日でも、ちょこっと顔を出してくださったりして安心しました。 看護師さんや事務スタッフの方たちもみなさん優しくにこやかでキチンとお仕事をされており 非常に頼りがいもありましたし、看護婦さんとお話しをする事でなんだかほっと出来るような人が多かったです。

院内の設備

総合病院なので緊急帝王切開などになった場合や、子供に何かあった場合にも小児科が連携して対応してくれる点で安心感がありました。実際、吸引分娩で産まれてきた息子が黄疸が強く出てしまい光線治療を受ける際にも、小児科の先生が非常に丁寧に説明をしてくださりったのできちんと理解してお任せすることが出来ました。 出産後は基本的には母子別室で赤ちゃんは新生児室です。お父さんは抱っこ出来ず、ちょっと可哀そうですが、基本的にゆったりと過ごすことが出来ます。出産翌日から3時間おきに授乳で新生児室へ歩いて向かいますが、夜中については看護婦さんがミルクをあげてくれるので夜もちゃんと寝られました(行きたい人は授乳してもOK)。 また、テレビは1ベットに1つあり、日額定額で見放題です。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

エステやヨガやピラティスなどはありません。 食事に関しては普通の病院食ではありますが、産科だからか結構なボリュームです。 朝はパンの事が多く、確か昼夜は献立の中から選択出来たはずです。 もし体調等で麺が良いなどの希望があれば聞いてもらえました。 どうしても白米が食べられず、素麺にしていただき非常に助かりました。

私の総合高津中央病院での出産体験談を紹介します!

1人目の時は破水から始まり、微弱陣痛で2夜明かしました。 途中、赤ちゃんが下がってきてないということでレントゲンを撮りにいったところ 旋回異常で顎がひっかかってしまっている、との事。 分娩台に上がったところ陣痛が遠のいてしまい、促進剤を投与するも産まれる気配はなく 吸引分娩を行うことになったのですが、これまた全然出てこない。 看護師さん、男の先生二人がかりでお腹をぐいぐい押され、さらに吸引している先生が引っ張り なんとか出てきました。その光景はマグロの一本釣りのようで未だに良く覚えています。 結局無理やり引っ張り出したので、傷と出血がひどく、翌日の初めての授乳時には貧血で歩く事が出来ず車いすを出してもらい、赤ちゃんを抱っこしただけで帰ってきました。 その記憶が鮮明だったので二人目の時は出産が怖くてたまらなかったのですが、二人目は安産で出産後のダメージは全然なしでこんなにも違うのか、と驚いたことを覚えています。

総合高津中央病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この総合高津中央病院の体験談・口コミは、2010年10月17日、2013年3月1日時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(233316)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!