堀尾安城病院の口コミと体験談 愛知県安城市

堀尾安城病院」愛知県安城市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

堀尾安城病院について

少し前にリニューアルし、綺麗な施設です。完全予約制ですが、初診の枠もあります。 年末年始や夜間の出産だと割り増しになる病院もあるそうですが、不公平だから一律料金だと看護師さんがおっしゃっていました。

安定期に入ると母親教室が開かれ、出産の準備の説明や体操をしたりします。 母親教室の後は、リラックスできる生ピアノ演奏会も開かれます。 他の産婦人科に通ったことがありますが、待合室はそんなに広くないです。

スタッフの数は多く感じました。 入院期間は10日間でした。

堀尾安城病院の基本情報

新生児

「堀尾安城病院」愛知県安城市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

愛知県安城市新田町小山117番地 名鉄北安城駅から徒歩10分

出産にかかる費用

約50万円

出産の際の分娩の種類や方法

逆子だったため、帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんがいたかどうかわかりませんが、医院長が主治医でした。40代。紳士的。

堀尾安城病院の良い点・オススメポイント

新生児

帝王切開なら個室です。普通分娩で個室希望なら少し高くなります。帝王切開でも個室が足りない時はある程度日数がたっていれば大部屋に移動する可能性もあると言われました。

シャンプー、ボディーソープは旅行用の小さい物で帝王切開で10日間入院の私には足りませんでした。 ハンドソープはボトルがおいてあります。 小さい冷蔵庫と簡易金庫があります。 授乳枕もあります。

堀尾安城病院を選んだ決め手!

決め手は自分が産まれた産院だったことと、毎日母が洗濯物を持ってきてくれたりしていたので実家に近い場所だった事です。 自宅の近くの産婦人科はつわりが酷かった時に点滴を打ってもらっていました。

とてもいい先生でしたが、やはり自分が産まれた病院がいいと思いました。 私を取り上げてくれた先生は、私の娘を取り上げてくれた先生のお父さんで中学生の時に性教育の講習もされていた方です。

堀尾安城病院の改善して欲しいポイント

新生児

同じ日に私の前に帝王切開で出産した人が隣の部屋で、手術後ずっと壁を殴っていた(蹴るのは手術後無理なので、多分殴っていた)ことに気がついて欲しかったです。

耳栓を私は持っていたので夫につけてもらい、痛み止めの注射を打ってもらって眠ってしまいましたが、あの時耳栓がなかったらと思うとゾッとします。

夫いわく、隣の部屋の人は私が手術する前に手術をしていて、入れ替わりで部屋に戻ってきたらしいのですが、ずっと叫んでいたそうです。 私は黙って耐えていたので、その後も看護師さん達によくしてもらいました。

堀尾安城病院についてもっと詳しく

新生児

以下では、堀尾安城病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

同じ時期に入院していた他のお母さん達から看護師さん達の悪口をたくさん聞きました。 雑、上から目線、優しくないなど。 私はそんな風には思いませんでした。

厳しい事を言われましたが、子どもを育てるんだから当たり前だよなぁ。と思いました。 患者はお客様じゃないし、初の出産でわからない事ばかりの私達に一から教えてくださいました。

無事に娘を取り上げてくれた医院長、色々お世話になった看護師さんに本当に感謝しています。

院内の設備

料理が美味しいです。 帝王切開で出産したため、手術前は不安で泣きそうで逃げ出したくなりました。 手術台に乗せられ、不安と恐怖の私の手をぎゅっと握ってくれた年配の看護師さんがいました。

おかげで気がついたら娘を取り上げてくれた医院長に名前を呼ばれながら、頬を叩かれていました。 全身麻酔だったため、気がついたら激痛しかありませんでしたが、今となっては笑い話です。

あの時、看護師さんが手をぎゅっと握ってくれていなかったら、逃げたしていたくらい怖かったです。 看護師さんにとても感謝しています。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

朝食は部屋で、落ち着いたら昼食、夕食は食堂でした。 とても美味しかったです。 お祝い膳もとても豪華でした。 朝食を持ってきてくださったのに爆睡していて、気づいたら片付けギリギリになった事もありました。

慌てて食べました。 ごはんはおにぎりにして頂けると、寝過ごしても安心ですがなかなかそんな訳にもいきませんよね。 あと、ふりかけはあると便利です。

私の堀尾安城病院での出産体験談を紹介します!

新生児

出産6日前の検診で、血液検査をしながら「今日逆子が治ってなかったら帝王切開だね」と看護師さんに言われました。 全くの初耳で内心やばい!と思いながら検診へ。 やはり逆子のまま。

準備してないし、手術でも普通分娩でも料金は同じだけど個室代がかかる。どうしよう。と思いながら調べていくと帝王切開は高額医療費が適応されて、窓口での支払いは4万円で済みました。普通分娩だともっとかかるようです。 不安なまま、入院して検査を受け、翌日15時に手術しました。

手術後は痛くてお腹の中にまだ、赤ちゃんがいるような感覚がありました。内臓が妊娠前の状態に戻るためだそうです。 しかし翌日には歩き回っていました。早く歩いた方が後が楽だとネットで見たので実践しました。 確かに他のお母さんより回復は早かったです。 入院中は授乳の仕方を教えてもらったり、オムツ替えや沐浴指導もしてもらいました。

夜中、陣痛で泣き叫ぶお母さんがいてビックリしておきましたが、夜中廊下だけ電気が点いている中、泣き叫ばれるのは本当に怖いです。 看護師さんに話したら「たまに怪獣みたいに叫ぶ人がいるんだよね」と言っていました。 術後、泣き叫びたいくらい痛かったですが、みっともない事をしなくて良かったと思います。

10日間で体は大分回復しましたが、やはり母体へのダメージが大きくて退院後も起き上がるのが大変でした。

堀尾安城病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。

そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この堀尾安城病院の体験談・口コミは、11/21/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(240029)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!