川崎市立川崎病院の口コミと体験談 神奈川県川崎市

川崎市立川崎病院」神奈川県川崎市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

川崎市立川崎病院について

総合病院の中の産婦人科です。母曰く、昔から産科は有名だったようです。産科が閉鎖されてしまったり、分娩はやめてしまうところが多い中、しっかりとした体制が整っている為、川崎市内だけでなく、近隣の市区から通っている人も多いようです。 まずは分娩予約を取らないとならないので、ここで出産したいのであれば、紹介状を持って早めに受診する必要があります。

川崎市立川崎病院の基本情報

「川崎市立川崎病院」神奈川県川崎市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

神奈川県川崎市川崎区新川通12-1 私は実家から車で送ってもらっていましたが、川崎駅前からワンコインバスが出ています。 交通の便は良いと思います。

出産にかかる費用

約60万

出産の際の分娩の種類や方法

陣痛促進剤を使っての普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

います。女医さんは比較的若い方が多かったように思います。

川崎市立川崎病院の良い点・オススメポイント

基本は4?5人の大部屋です。個室は確か2つあり、希望して空いていれば入れます。もちろん差額ベッド代がかかりますが。 私は、夫が遠方から来ることもあり、ゆっくりと過ごしたかったので個室にしました。個室には、洗面台の他トイレ・シャワーがついています。テレビ・冷蔵庫は使い放題です。(大部屋は別途テレビカードが必要)

川崎市立川崎病院を選んだ決め手!

当初は今住んでいる場所で出産しようかと思っていましたが、急遽里帰りすることとなり、慌てて実家近くの産科を調べました。 色々情報を見てみましたが、結局実家から一番行きやすいこと、この病院は以前からよく知っていたこと、建物がきれいで設備が整っていること、産科の評判が良いことから決めました。いわゆる高齢出産ということもあり、安心第一で決めました。

川崎市立川崎病院の改善して欲しいポイント

検診時、混んでいるので待ち時間が長かったです…。総合病院の宿命かもしれませんが?  一応予約時間はあり、先生も複数体制のはずなのですが、一人で診ている?それともたまたま担当になった先生が人気だったのか?まず内診する部屋に呼ばれるまでが長かったし、その内容を受けて後で先生と面談するまでがまた長かったです。 あと、分娩室に家族等は入れないのですけれど、待機室には入れるようにならないかなと思いました。陣痛の痛みに耐えている間、看護師さん・助産師さんが見回ってくださるものの、常に付きっ切りというわけではないので、腰回りをさするというか押さえていてくれる人がいてほしいと思いました、、

川崎市立川崎病院についてもっと詳しく

以下では、川崎市立川崎病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

皆さん親切で、的確な対応でした。 事務スタッフさんは仕事が丁寧、看護師さん・助産師さんは出産前・出産後共に親身に対応してくださいました。 公立病院ということもあり決まりが割と厳しい中、助産師さん達はそれに抵触しない範囲で臨機応変に対応してくださいました。 先生は若干ドライな感じもしますが、常に冷静で、きちんと対応してくださるので安心だと思います。

院内の設備

建物がきれいで快適です。(ちなみに、よく医療系ドラマの撮影で使われています) 総合病院で、尚且つ小児科もあるので、何かあっても中で対応できるので安心です。 実際うちの子は、生後1日目に大量嘔吐をしてしまい、血液ぽいものが混じっていたとのことで大事を取ってNICUに数日入っていたのですが、同じ建物内ですから、自分の身を休めつつも様子を見に行けたので良かったです。小児科併設の総合病院ならではだと思いました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

公立病院なので、エステ等特別なことはありません。お食事も特に祝い膳などが出るわけでもなく、ごくごく普通の病院食です。ただ、出産翌日の夕食には、ちょっとしたお祝いプレートと皿盛りデザートがついていました。 その他アクティビティというか、母児同室になる前に授乳の仕方、退院前に沐浴の仕方とK2シロップの与え方について、合同で説明があるくらいです。

私の川崎市立川崎病院での出産体験談を紹介します!

予定日から1週間を過ぎ、2週間近くになっても全く出てくる気配が無かった為、日付を決めて入院し、促進剤を使用しました。 朝から待機室に入って点滴。段々と陣痛が強くなってきたものの、時々先生が子宮口をチェックしては「まだ半分も開いていないねぇ…」というコメントを何度も聞いてはうんざりしたことか、、、次々と分娩室から産声が上がる中、七転八倒しながらひたすら耐えていました。(カーテン越し隣の方の叫びが凄過ぎて、声も上げられませんでしたが;;)そして、気付いたら待機室に残っているのは私一人…。朝9時前から入っていたにもかかわらず、22時を回ってようやく分娩台に上がることができ、なんとか無事出産。今日中に生まれないかも…と実家の家族は、遠方から駆け付けた夫を一人残して一旦帰っていたのですが、慌てて戻ってきて新生児室越しに息子とご対面。私もヘロヘロになりながらも、ようやくホッとしました。

川崎市立川崎病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この川崎市立川崎病院の体験談・口コミは、5/1/2014時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(239187)

「川崎市立川崎病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!