医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科の口コミと体験談 大阪府和泉市

「医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科」大阪府和泉市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科について

小児科、内科や外科、耳鼻科に皮膚科等、様々な科が揃う総合病院にある産婦人科です。 産婦人科受付は、他の科の受付から離れたところにあります。 また、産婦人科病棟は他の一般病棟とは渡り廊下でつながった別の建物にあり、病気で入院している方に会うことはありません。 一般病棟とは別なので、いつ面会にきても大丈夫だそうです。

医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科の基本情報

「医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科」大阪府和泉市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

大阪府和泉市のぞみ野一丁目3番30号 泉北高速鉄道和泉中央駅より徒歩15分 和泉中央駅より無料送迎バスあり

出産にかかる費用

約50万円

出産の際の分娩の種類や方法

緊急帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんがひとりいます。診てもらっていないので、どのような方かわかりません。

医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科の良い点・オススメポイント

すべて母子同室の個室です。部屋にはトイレつきです。 個室はシャワーつきの部屋か、シャワーがない部屋かを選ぶことができます。また特別室には浴槽もついています。備え付けのシャンプー、リンス、ボディーソープがあります。 部屋にはソファーベッドがあり、寝ることもできます。 授乳かクッションが部屋にひとつおいてあります。

医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科を選んだ決め手!

里帰り先の実家からいちばん近い産婦人科だったということがこの病院に決めた一番の理由です。徒歩で行くことができ、両親にも来てもらいやすいと思いました。 また、産婦人科も綺麗で、設備も整っており、産婦人科だけでなく、様々な科があることから、万が一何かあった場合にすぐに対応してもらえると思ったからという点もあります。

医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科の改善して欲しいポイント

看護師さんによっては、うまく授乳できないことを責めるように言う方がいらっしゃったので、産後すぐの手探り状態のときには厳しいものがありました。ではどうしたらいいのか、などのアドバイスがいただけたらよかったです。 オムツ替えのやり方やミルクの作り方も、その方の説明では分かり辛く、別の方に説明してもらいました。 はじめて、ということを念頭に置き、教えていただけたらよかったなと思いました。

医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科についてもっと詳しく

以下では、医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

担当の先生は、明るく楽しい先生でした。はっきりと考えを伝えてくれる方で、色々なお話をしてくれます。腕も確かな方で、安心できます。 産婦人科の看護師さんは優しい方ばかりです。 病棟の看護師さんは、親身になって話を聞いてくれる方と、厳しい方がいらっしゃいました。 厳しい方には、授乳に時間がかかりすぎていることを責められ、また哺乳量が少ないことに色々言われて凹みました。 が、優しい看護師さんが色々お話を聞いてくださり、アドバイスをいただけたりしたので、よかったです。

院内の設備

妊娠期間中、助産師さんと一対一でお話する機会があります。妊娠中の話を聞いたり、乳房マッサージの方法を教えてもらったりしました。又そのときに気になっていることを聞くことができます。 母親教室もあり、医師より出産についてのお話や、助産師さんより出産の話を聞くことができます。 診察だけでなく、このような時間があることで、病院に対する安心感を得、出産に対する不安を拭うことができました。 LDRだけでなく、帝王切開の手術室も見せていただけました。 出産前から、先生や助産師さんとゆっくり話ができるところがオススメです。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はボリュームたっぷり、豪華でとても美味しいです。「今まで頑張ったご褒美に、好きなものを好きなだけ食べてください。」とのことです。お祝い膳が一度でてきます。大きい鯛があり、とても豪華なものでした。 おやつには近くの有名ケーキ屋のケーキが出てきます。毎日違ったケーキでした。 また、夜食もあります。 入院中一度、アロママッサージを受けれます。

私の医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科での出産体験談を紹介します!

実家にて破水したため、すぐさま病院に向かいました。破水したものの陣痛がなく、羊水が濁ってしまっていたため、緊急帝王切開をすることにすぐに決まりました。すぐに帝王切開が始まりました。 帝王切開は術中は痛くないと思っていましたが、実際は痛かったです。麻酔が聞いているはずですが、お腹を開かれ、引っ張られている感がすごくあり、とても痛かったです。赤ちゃんが取り出されるとき、痛い痛い!と叫んでしまいました。が、赤ちゃんの泣き声が聞こえ、顔を見せてもらうと、こんな子がお腹にいたんだ…!と不思議な気持ちと、生まれてきてくれてありがとう!という気持ちでいっぱいでした。 羊水が濁っていたため、赤ちゃんはすぐに別室で検査。憧れのカンガルーケアはできませんでした。 麻酔のせいか、頭がぼんやりとしており、生まれたという感覚が薄かったです。 術後は下半身麻酔の気持ち悪さと、後陣痛、創部の痛みとで苦しみました。 しかし翌日、母子同室になり我が子の顔を見ると、痛いなんて言ってられないなと思うようになりました。 あっという間の出産でした。

医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この医療法人啓仁会咲花病院 産婦人科の体験談・口コミは、平成26年9月14日 午前時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(243975)

「咲花病院」「産婦人科」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!