松が丘助産院の口コミと体験談 東京都中野区

松が丘助産院」東京都中野区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

松が丘助産院について

病院ではなく、助産院なので医療行為はしません。母体が健康である事が助産院での出産条件なので妊婦生活はにはかなり気をくばりましたが、助産院野方が家族のように接してくれて、指導してくれるので全く苦ではありませんでした。逆に、助産院での 言われた事を実践していくと体の中変化がよくわかり、精神的にも健康な前向きな妊婦生活を送る事が出来ました。

松が丘助産院の基本情報

「松が丘助産院」東京都中野区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都中野区松が丘1-10-3  中野駅から徒歩10分 バスもあるのでアクセスには不便しません。

出産にかかる費用

約55万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩  フリースタイル

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

助産院のため、皆さん女性で40代前後

松が丘助産院の良い点・オススメポイント

病院ではなく、実家のような空間。本当に普通の一軒家です。出産した部屋も畳のお部屋にお布団があるだけ。 豪華で綺麗なお部屋を希望する方には不向きですが、実家のような暖かさを求めるのであれば最高の場所です。 個室はありますが、出産が続いた場合は相部屋になるそうです。一応。和室と洋室は選ぶ事ができます。広さも少しずつ変わるみたいです。

松が丘助産院を選んだ決め手!

できるだけ、自然な形で出産をしたかったという事と、回りの知り合いが助産院で出産していた為。もし、医療行為が必要な状態になっても病院に搬送して処置をすればいいからという事で助産院にしました。病院では聞いてもらえない家庭の相談、出産への不安、健康管理を親身になって対応してくれるという点でも決めてになりました。

松が丘助産院の改善して欲しいポイント

入院中のお部屋は掃除を一切してもらえなかったので、最後の方はほこりがめだってしまいました。 掃除にももう少し気にかけてもらえるとありがたいです。それから、洗面所や、シャワーの場所の説明がなかったので そのあたりも気にかけてもらえるともっとよかったかなと思います。 ほうじ茶をポットで出してもらえるのですが、飲みきらないと新しいものをもらえず、最後の方はにおいがきつくなっていました。残したままポットを差し出すと、飲みきってからよといわれ、臭いという事を言ってようやくかえてくれました。 出産で疲れているところに、きつい顔で色々言われると傷つくので、そこも気にかけてもらえるとうれしいです。

松が丘助産院についてもっと詳しく

以下では、松が丘助産院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

働いている人皆さん、素敵なママさんだったりしてとても憧れてしまうほど、毎回楽しそうに、親切に検診をしてくれていました。 私まで助産院になりたいと思ってしまうほどの働きっぷりでした。 病院では感じる事ができない癒しの空間でした。とにかく優しい、話を聞いてくれる、的確なアドバイスをくれる、本当に感謝しています。

院内の設備

病院では5分~10分で終わる検診もここでは30分から1時間体やお腹をさわって アドバイス、指導してくれます。 どんなものが妊婦や赤ちゃんに良くないのかをはっきりと教えてくれます。病院ではストレスのたまらない程度に控えましょうといった食品も、助産院では理由、悪影響を教えてくれて控えるようにと指導してもらえるのが本当によかった。妊婦の疑問が全てなくなります。安心できる、大好きな場所になりました。産後も、助産院では妊婦や、ママのクラスもやっているので子どもが小さいうちは遊びに行っていました。入院中のごはんもとても良いものしか出ないので、毎食楽しみで仕方ありませんでした。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は、松が丘ごはんというレシピ本が出版されるほどのお料理。 決して豪華ではありませんが、お出汁をしっかりとって、薄味、素材のうまみを感じるものばかり。 おいしいおっぱいを出すためには必要不可欠な栄養分がここでまかなえます。 お野菜中心なのでお通じもよくなります。酵素玄米という、モデルさんの間でもはやりつつあるおいしい、玄米ご飯が食べられます。産後太りはこの松が丘ご飯で全く心配ありません。あっという間に産前の体に戻ります。

私の松が丘助産院での出産体験談を紹介します!

午前1時すぎ、鈍痛で目が覚める。2時過ぎに助産院に電話をしてタクシーでむかう。家からは30分程度でした。 助産院に着いた時は3時。明日のお昼くらいになるかもねと言われていましたふが、予想に反して赤ちゃんは出たがり、 あっという間に子宮口が10センチにまでなっていました。布団が敷かれている広めの和室で陣痛がきたら腰をさすって もらい、横になる、を繰り返していました。旦那さんも、私の母もいる和室でどんどん陣痛の間隔がせばまり、あっという間に 破水、あっという間に出産でした。へその緒は主人が切り、母は感動で泣き、私は疲れ果ててぐったり。 しかし、生まれてすぐに赤ちゃんは私のおっぱいを吸い、抱きしめる事ができました。 病院であれば、別室に連れて行かれると思いますが、助産院では生まれてからすぐに、私の胸の上でおっぱいを吸い眠る。 なんとも幸せすぎる時間でした。結局生まれたのは朝の6時半頃。ヘトヘトでしたが、お腹は空いていたので母が作ってくれていた おにぎりを美味しく頂き、赤ちゃんと一緒に眠りました。今思い出しても幸せな気持ちになります。

松が丘助産院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この松が丘助産院の体験談・口コミは、5/5/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(242990)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!