飯能産婦人科医院の口コミと体験談 埼玉県飯能市

飯能産婦人科医院」埼玉県飯能市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

飯能産婦人科医院について

飯能市で唯一産科のあるクリニックです。医師は男性医師1名(50代くらい?)です。とてもフランクに話してくれる医師なので、初めてで緊張していても、ホッコリできます。

医師は「痛い思いをして産む必要はない」という考えのようなので、無痛分娩を勧めています。無痛分娩に興味のある方には良いクリニックかもしれません。

飯能産婦人科医院の基本情報

「飯能産婦人科医院」埼玉県飯能市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

埼玉県飯能市双柳1322?1 最寄駅…東飯能駅(JR八高線、西武鉄道池袋線)または飯能駅(西武鉄道池袋線) アクセス…国道299号線沿い、飯能警察署前

出産にかかる費用

約58万円

飯能産婦人科医院の良い点・オススメポイント

大部屋もありますが、大部屋は切迫早産や婦人科系疾患の方が入院しているようで、出産後の方は基本的には個室のようです。

室内にシャワーのある部屋とない部屋がありますが、シャワーのある部屋の方は洗面台?がないのだったか、狭いだったかで、調乳しにくいと聞きました。私はシャワーのない部屋でした。

アメニティ等は基本的にないので、すべて持ち込みになります。持ってくる物は「マタニティクラス」で説明があるので大丈夫です。

そんなに広くはありませんが、個室になってるだけありがたいと言った感じです。お隣の赤ちゃんの泣き声などは聞こえてしまいます。

飯能産婦人科医院を選んだ決め手!

一番近かったことと先生が優しかったことが大きかったと思います。検討した産院の方は、医師、助産師が怖いという評判を聞いていました。

初めてのことで分からないことが多い中で、嫌なことを言われたり、怒鳴られたらきっと傷心してしまうだろうなと思いました。

検討した産院の方が主人の職場は近かったのですが、夫婦共に「優しい先生の元で産みたい」という意見になり、こちらでお世話になることにしました。

飯能産婦人科医院の改善して欲しいポイント

病院

医師が1名なので仕方ないのかもしれませんが、予約ができないこと。日によって大変混みます。また健診時に他の方の分娩が入ってしまう時もあるようです。

改善点という訳ではありませんが、個人産院で、しかも医師1名の産院なので、ハイリスク出産などはすぐに近隣の医大などに転院になるようです。

これも改善点とは違うのかもしれませんが…無痛分娩を勧めてくれるのですが、日勤の助産師さんがいる時のみなので、「夜間早朝」「土曜日曜祝日」に陣痛が来ても無痛分娩はできません。

飯能産婦人科医院についてもっと詳しく

以下では、飯能産婦人科医院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

とても良いと思います。嫌に思うようなことを言われたりなどはありませんでした。

先生はホワホワした感じです。あまり緊迫感のない先生です。なので、逆にそれが心配という方はやめた方がいいかもしれません。

その代わり、助産師さんがとてもハキハキという雰囲気なので。心配事などは助産師さんとの方がアドバイスをもらいやすかったです。

院内の設備

授乳

助産師さんの人数が多く、分娩も安心です(夜間早朝は少ないですが)。皆さん親切で、色々とアドバイスをして下さるので、ありがたかったです。出産中、入院中と助産師さんに怒鳴られたり、嫌味を言われたりといことはありませんでした。

お食事がとっても美味しく、季節感のあるものを出して下さり、入院中の楽しみでした。基本的には個室に入院です。

母子同室を実践している産院なので、母子共に問題がなければ、出産の翌日に赤ちゃんのお世話が開始されます。夜も母子同室です。母乳育児を推奨している産院ではありません。もちろん相談には乗って下さいますが。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はとても美味しかったです。最終日にはディナーが出ました(ママのみ)。

最終日にたまたま「今晩はディナーなので」と調理の方が知らせに来て下さったのですが、その時に「今日はステーキですよ!」とおっしゃったので「え?!」となってしまいました。と言うのも私はお肉が得意ではないのです。

私のその表情を見てすぐに「お魚もありますから、お魚に変更しましょうね!」と言って下さり、お魚のムニエルに変更して下さり感激したのを覚えています。エステ等はありません。

私の飯能産婦人科医院での出産体験談を紹介します!

陣痛

私は元々病院が苦手で、それが自分の妊娠で、それも初めて産院に行くという状況でとにかく緊張していたのを覚えています。そのせいか、初めての通院から血圧が高めで、自宅では正常なのに、産院で上がってしまう状況が最後まで続き「妊娠高血圧症」と診断されてしまいました。

39週の健診で血圧のことを考えても長くお腹に入れておきたくないとのことで、計画分娩に切り替わり、血圧を麻酔で下げながらの「無痛分娩」になりました(そうでなければ産ませてあげられないとのことでした)。 当日は8時から入院。その時から子どもを産むまで、同じ助産師さんが付き添って下さり安心できました。

点滴のルートを腕に取ってから、子宮口に「バルーン」という器具を入れる処置をしました。点滴の針を入れるだけで怯えていたので、点滴を基準に「これは点滴より痛いよ」とか「点滴耐えられたら大丈夫よ」など事前に教えてくれながらだったので、比較的落ち着いていたと思います。

バルーンは幸い思っていたより痛くなく、すぐに処置が終わりました。出産当日の血圧が高かったので、処置後はすぐに誘発剤と促進剤を入れて、効果があらわれる前に分娩室へ移動になりました。付き添ってくれていた母は産院のルールで分娩室に入ることが出来ず、そこでお別れ。その後外来に居た先生が合間を見て来て下さり、腰に針を入れて麻酔を入れました。こちらも体を丸めるのが大変だったくらいで、痛みはありませんでした。

点滴

促進剤を入れた後も痛みはないものの、陣痛に繋がる張りが来ず、やっと陣痛らしきものが来たのは15時ごろでした。その頃には子宮口も8センチ開き、あとは赤ちゃん待ちというところまで来ていたのですが…いくつかおかしな点があり、助産師さんから説明を受けました。

39週の健診の時に先生が「卵膜剥離」をして下さったのですが、その後からナプキンを当てないといけないくらいの出血があったのです。初めてのことで分からずだったので「そんなものか」と気にしていなかったのですが、助産師さんいわく「そんなことはない」とのこと。

出血があるというのは「破水」か「胎盤早期剥離」で、あとは子宮にキズなどができてそこから出血しか考えられないが確認ができないとのことでした。あと、胎児が全く下がって来ず、回転もできていないとのことでした。子宮口が開いても今日中には産まれてこないだろうと伝えられました。

胎児が下がって来ないというのも、へその緒を首に巻いていたので、もしそれが原因だったとすると何日待っても産まれて来ないとのこと。そんな話をしている頃に16時になり、ずっと付き添って下さった助産師さん含め日勤で働いていた助産師さんが帰る為、促進剤と麻酔を止める説明がありました。

夜は助産師さんが一人になってしまうので(何かあれば自宅から皆さん駆けつけるようです)、「ご承知おき下さい」という説明と共に「帝王切開」の提案がありました。胎児に心拍等の異常はなかったので緊急性はなかったのですが、子宮からの出血も助産師さん的には心配だったようです。

手

プロが心配に思っていること、胎児が下りて来ないことなど考え、日勤の助産師さん達が居る時間に帝王切開を決断し、手術に切り替わりました。午後から分娩室に入っていた旦那は手術ギリギリまで居ていいと言われて居てくれましたが、あまり役には立ちませんでした。

手術は外来の終わった17時半から行われました。緊急性がなかったことで、先生が目立たないように横に小さく切って下さったのですが、なかなか出て来ず。助産師さんが分娩台の上に乗ってお腹を押して、やっと出て来てくれて無事出産。

術前にずっと怖がっていたので、助産師さんが「頑張ったらご褒美に眠くなる薬入れてあげるから」と言われていたので、出産後は眠くなる麻酔?を追加してくれて、本当に眠かったのですが…ずっと起こされ続けて。後で聞いたら出血のせいで血圧が下がってしまい、それで起こしていたそうです。

出産

眠いせいで、手術等の処置は難なく終了。そして子どもは心拍は問題なかったものの、色も泣きも悪く、思っていたより状態が良くなく、帝王切開で出してしまってよかったとのこと。

胎盤の色もとても悪かったということで、推測でしかないが、やはり胎盤の一部が剥がれかけていたのかもしれないと説明を受けました。自分の直感で帝王切開にしてしまいましたが、直感通りでよかったようで、何よりでした。

ちなみに胎児が下りて来なかった理由はへその緒ではなく、体重が3800gもあったせいでした! 産後は子宮の戻りが悪くずっとお腹を押されたり、麻酔が切れてめまいがしたり、麻酔のせいでおしっこが出なかったりと色々トラブルもありましたが、その都度どの助産師さんも説明してくれて声を掛けてくれました。

あっと言う間の1週間の入院。退院前日に抜糸して、無事に母子ともに退院できました。怖がりの私でも手術に耐えられたので、皆さんも大丈夫だと思います!頑張って下さい!!

飯能産婦人科医院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この飯能産婦人科医院の体験談・口コミは、1/28/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(242273)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!