京都第二赤十字病院の口コミと体験談 京都府京都市中京区

京都第二赤十字病院」京都府京都市中京区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

京都第二赤十字病院について

総合病院で、比較的新しく、施設が整っています。トイレも清潔です。 総合病院だとどこでもそうだと思いますが予約をすることが必須です。ただ、お腹が張る等の心配な点があった場合は勿論丁寧に電話で相談に乗ってくださいました。 診察は2階産婦人科、入院するのは7階母子センターです。 7階母子センターの個室は他の病棟に比べて価格が高い印象ですが、シャワー無しの個室は数が少ないため予約が埋まりやすいです。LDRもあります。 施設は、売店(ミニストップ)と店内調理のカフェがあり、検診の後や入院中(主に親が)等によく利用し便利でした。

京都第二赤十字病院の基本情報

「京都第二赤十字病院」京都府京都市中京区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

京都市上京区釜座通丸太町上ル春帯町355の5 京都市営地下鉄烏丸線丸太町駅2番出口を出て徒歩約5分 京都市バス府庁前下車徒歩約1分 バスで通っていました。

出産にかかる費用

入院 費用

約40万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

有り。30代~40代位の女医さん2、3名。さっぱりしていて話しやすい方でした。

京都第二赤十字病院の良い点・オススメポイント

入院 部屋

個室は有ります。シャワー有り個室、シャワー無し個室、LDRの3パターンです。 LDRは、出産したら数時間で移動となります。LDRの部屋は広くソファーもあるので立会いの方はゆっくりできますし、CDデッキもあります。 あとは4人部屋(料金無料)です。 ドライヤーや赤ちゃんケア用品(搾乳機、爪きり等)は貸してもらえます。 病棟と同じ階に、自販機があり、産褥ショーツやパッドやランシノー等が購入できるので買い足せて便利でした。 また、清掃担当の方も感じがよい方ばかりで安心でした。

京都第二赤十字病院を選んだ決め手!

里帰り出産でしたので、実家から近い産院という条件は必須でした。 他にも近い位置に個人産院もありますので、そちらの料理やサービスに惹かれました。 ですが初産だったので何が起こるかわからないと感じ、総合病院が安心だと第2日赤を選択しました。古くから地元に住む方の口コミが良い病院だったのでこちらに決めました。 そして、初産のときの対応が良かったので二人目も同じ病院を選択しました。

京都第二赤十字病院の改善して欲しいポイント

・個室料金がもう少し安ければ利用しやすかったと思います。確か最低で11000円以上でした。それでも産後のご褒美として利用しましたが。 ・結果オーライですが、個室が満床で最初の入院のときにLDRしか空いていませんでした。もし陣痛が24時間以上続いていたら、費用的に厳しかったかもしれません。 ・検診の先生は毎回選べますが、分娩の担当の先生がその先生になる保証は何もない点は少し寂しかったです(総合病院は恐らくどこもそうだと思います)。

京都第二赤十字病院についてもっと詳しく

産婦人科 診察

以下では、京都第二赤十字病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生は質問にしっかり答えて下さいますし、信頼できました。 助産師さんは皆テキパキされていて、かつ優しい雰囲気の方が多くとても安心できました。人数も多めだと思います。 産後の不安定な心情も理解してくださって、細やかな対応をしていただけたことも感謝しています。 2人目出産の際、陣痛がかなりきついときに、1人目をとりあげてくれた助産師さんと再会できてとても感動しました。 また、事務のスタッフの方もしっかりされています。どこのセクションの方も丁寧に対応してもらえました。

院内の設備

NICU

・小児科との連携があり、NICUではありませんが「ベビーセンター」がある点。小さかったり、一時的な多呼吸だったり、黄疸がでている新生児の治療をしてくれるので安心でした。(実際、我が子も数日間お世話になりました) ・助産師さんの人数が多く、適切な引き継ぎや情報共有がされている点。 ・個室利用料金を除けば、自然分娩の場合出産一時金でお釣りがきました。(あくまでも私の場合ですが)

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事はいたって普通の病院食ですし、エステやアロママッサージなどのアクティビティは有りません。そこが個人産院とは違う点です。 退院前日のお昼にお祝い膳が出ます。和食洋食が選べるようになりました。(2013年時点) 数日に一度、メインを選択できる回がありました。(2013年時点) 白ご飯の量がものすごく多いので、ふりかけを持参することをおすすめします。

私の京都第二赤十字病院での出産体験談を紹介します!

新生児 母親

1人目は出産予定日前日の朝におしるし→予定通り検診(内診あり)→晩に陣痛きたためタクシーで病院へ→子宮口全開までの時間が早く当日の夜中に出産でした。スピード出産ゆえ、子どもが一時的多呼吸となりベビーセンターへ入院し、自分が退院するまで母子別室となり寂しい思いをしました。しかしセンターで慎重かつ丁寧に治療や観察をしてもらっていたこと自体は安心で、有り難かったです。数日後に子どもの退院が決まったので自分ももう一度一泊入院させてもらい母子同室体験ができ、安心して帰宅後のお世話をシミュレーションできました。 2人目は37週での出産となりました。検診前夜にお腹が張り、陣痛がきてしまい入院。その日の夜に生まれました。2500グラムありませんでしたが元気ということで、今度は最初から母子同室で過ごすことができました。 どちらの子どものときも、LDRで出産しました。子宮口全開というつらいときに部屋移動をしなくて済んだので本当に助かりました。

京都第二赤十字病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この京都第二赤十字病院の体験談・口コミは、平成23年11月上旬、平成25年11月中旬時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(242224)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧