社会医療法人社団 健生会 立川相互病院の口コミと体験談 東京都立川市

「社会医療法人社団 健生会 立川相互病院」東京都立川市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

社会医療法人社団 健生会 立川相互病院について

母乳育児に力を入れている病院です。 基本的に完全母乳を推奨しており、おっぱいの出が良くなくてミルクを足す場合でも、乳頭混乱を避ける為、小さなコップ等を使い、基本哺乳瓶は使いません。 又、使用するオムツは紙オムツではなく、布オムツです。 大部屋でしたが完全母子同室なので、出産したその日から赤ちゃんと一緒です。 基本的に赤ちゃんのお世話はお母さんがしますが、トイレやシャワー、又、どうしても辛い時等は赤ちゃんを預かっていただく事も可能です。

社会医療法人社団 健生会 立川相互病院の基本情報

「社会医療法人社団 健生会 立川相互病院」東京都立川市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都立川市錦町1-16-15 JR中央線立川駅徒歩12分。駅からは少し歩きます。

出産にかかる費用

約55万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩の予定でしたが、緊急帝王切開となりました。

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

担当していただいたのは30代くらいの女医さんで、とても優しい方でした。

社会医療法人社団 健生会 立川相互病院の良い点・オススメポイント

建物は少々古かったです。 部屋は4?6人部屋で、個室はなかったように記憶しています。 出産したその日から退院するまで、ずっと同じ部屋でしたので、同室の方達と顔見知りになれました。 又、総合病院ですので、何かあった時に対応していただけます。 私は入院中に顔に湿疹が出てしまったのですが、皮膚科の先生に診察・治療をしていただけました。

社会医療法人社団 健生会 立川相互病院を選んだ決め手!

妊娠した際、私は自宅から離れた場所の勤め先で仕事をしていました。 又、残業も多く、どんなに遅くまでやっている病院でも、病院の営業時間までに帰宅する事は不可能でした。 その為、妊娠のかなり後期になるまで、分娩の出来ない職場近くのレディースクリニックに通っていました。 そちらは、妊婦健診を受ける事はできましたので。 結局仕事が忙しく、出産する病院を探し始めたのは、退職した妊娠7カ月頃でした。 その時期でも出産の予約を入れられる病院を探し、始めは別の病院に予約を入れました。 そこも総合病院で、建物は新しく綺麗でしたが、立ち合い出産の場合は個室入院になる事、追加料金がかかる事、又、へその緒はいただけないという事で、他に予約可能な病院がないか再度探し始めました。 立川相互病院ですと、費用も安く済みますし、立ち合いの場合も追加料金はなく、又、へその緒もいただけるとの事で、すでに妊娠後期でしたが、予約可能との事でしたので転院しました。 結果として、大正解でした。

社会医療法人社団 健生会 立川相互病院の改善して欲しいポイント

産後の母子は、扉を隔てた先のスペースにある病室に入院します。 そこには授乳室等もあり、てっきり出産後の方達ばかりが入院しているのだと思っていました。 ですが、そこでお話をさせていただいた、同じく入院中の方に「いつ産まれたんですか?」と伺ったところ、その方は出産の為ではなく、子宮を取り除く手術の為に入院されているとの事でした。 その方はすでに出産をされていて、大きなお子さんもいらっしゃったのですが、やはり少し寂しいと仰っていました。 病院側の事情等はよく分かりませんが、できれば病室は分けた方が良いのではないかな、と思った出来事でした。

社会医療法人社団 健生会 立川相互病院についてもっと詳しく

以下では、社会医療法人社団 健生会 立川相互病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

担当していただいた先生も、又、産婦人科のトップのような先生も女医さんだったのですが、担当医の方はとても穏やかな雰囲気の優しい先生で、とても安心できました。 又、産婦人科のトップのような先生(実際にどういったポジションにいらっしゃる方だったのかは分かりませんが、結果としてこの2人の先生に診ていただきました。)は、いかにもベテランという感じで落ち着いていて、とても頼もしかったです。 又、看護師さん・助産師さんの方々も皆さん親切で、どんな質問にも丁寧に答えて下さいました。

院内の設備

完全母子同室な為、出産したその日から赤ちゃんのお世話が始まります。 その為、入院期間中にめいいっぱい赤ちゃんのお世話を勉強して、慣れる事ができます。 初めての出産をこちらの病院で迎えたのですが、正直抱き方すら分からない状態でしたので、疑問に思った事や不安な事があった時にすぐ誰かに聞いて教えてもらえる時間を多く過ごせた事は非常に有難かったです。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

アクティビティで特徴的な点は特にないかと思います。 ただ、赤ちゃんのお世話に関する指導はしっかりしていただけます。 おっぱいのあげ方はもちろんですが、オムツを変える(布オムツですので、コツがいります)時や着替えをさせる時の細かいコツ等は、本当に教えていただけて良かったです。 食事に関してはごく普通の内容かと思います。 ただ、授乳室に無料の自動販売機があるのは助かりました。 授乳をしていると急激に喉が渇くので、水分は必須です。 退院後も常にペットボトルを枕元に置いていました。

私の社会医療法人社団 健生会 立川相互病院での出産体験談を紹介します!

立ち合いでの普通分娩を希望していましたが、途中で赤ちゃんの心拍が下がってきてしまいました。 病院で破水してそのまま入院し、陣痛促進剤を使っての分娩でしたので、主人はまだ分娩室にはいませんでした。 陣痛の痛みに耐えている時に、先生の「小児科に連絡して蘇生機を用意して」という言葉が聞こえ、その後先生から赤ちゃんの心拍が下がっている事と帝王切開の可能性を告げられました。 直後、主人が分娩室に到着し、状況を説明され帝王切開にするかどうかの選択を迫られましたが、「蘇生機」という言葉が耳に残っていましたので、速攻で帝王切開を選択しました。 結果として、へその緒が首に巻き付いていたそうです。 あのまま分娩を続けていたら、赤ちゃんもお母さんも長く苦しむ事になったでしょうし、危なかったかもしれませんという事でした。

社会医療法人社団 健生会 立川相互病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この社会医療法人社団 健生会 立川相互病院の体験談・口コミは、4/6/2011時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(242223)

「立川相互病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!