生野助産院の口コミと体験談 大分県大分市

生野助産院」大分県大分市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

生野助産院について

助産院なので、医療的な処置は行わず自然分娩のみとなります。出来るだけ自然な感じで出産したい人や大きな産院には抵抗がある方向けだと思います。大きい自宅といったアットホームな雰囲気で、家で出産するような感じでリラックスできます。出産前・出産後の食事指導・母乳指導など親切に先生が指導してくれます。若い人の研修などにも力をいれられていて私が通院中も何人かの学生さんが研修に来られていました。

生野助産院の基本情報

「生野助産院」大分県大分市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

大分県大分市豊饒43-1 大分バス畑中行き 豊饒バス停より徒歩1分 ※地元の方は殆ど自宅から車で行くと思います、通りを少し入った細い通りを更に少し入った所にあります。

出産にかかる費用

40万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

推定50代半ばで肝っ玉母さんという感じ、ご主人が入院中の食事など作られています。

生野助産院の良い点・オススメポイント

院内設備は検診室・分娩室・陣痛室・シャワー(2階)・トイレ(1階&2階)基本的に全て個室です、個室にはベッドに小さなテーブル・テレビ・大きめの鏡(これ私はすごく助かりました、退院する時の化粧直しなど)がついていて出産後すぐ母子同室が可能です。シャワー室にはシャンプー・コンディショナー・ボディソープと必要最低限のものはあります。

生野助産院を選んだ決め手!

実家に里帰りして産むつもりで、産院探しは全て母親にやってもらったのですが母親は助産院をはじめから勧めていたので頭の片隅に助産院で産みたいという気持ちがありました。幾つか助産院や普通の産院も回ってもらったのですが、決め手になったのは家庭的な雰囲気と先生の人柄。また地元でも評判の良い助産院で2人目以降もここで産みたいと言う人が多いと聞いてここに決めました。

生野助産院の改善して欲しいポイント

自宅を改装した様な感じの所なので、シャワー室は少し狭いかなと感じました。産後数日たたないとシャワーあびれないので、やっとスッキリできるーという気持ちの時はもう少し洗面所やシャワー室が広い方が良かったかなと思います。後、隣の部屋の方の声などは結構聞こえます、私は逆に他にも出産する人がいるんだなと安心しましたが逆に気になる人もいるかもしれませんね。

生野助産院についてもっと詳しく

以下では、生野助産院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

先生に加え、栄養士の方・看護師の方良い意味で「程よい距離感」で丁寧に接してくれます。人数も少人数なのでこちらもゆったりとした気持ちで過ごすことが出来ます。受付というのはなくて料金は最後に先生本人に渡して先生が領収証書いてくれます。 ご主人は寡黙な方ですが、先生のサポートに徹している感じでとても優しそうな雰囲気の方です。

院内の設備

とにかく先生が素敵です、出産前には赤ちゃんがどうやって生まれてくるのか、出産時のこころがけなど人形を使って分かりやすく丁寧に教えて頂きました。入院中の食事は全てご主人が作られているとの事ですがとても美味しいです、大きな産院などでは最近フランス料理を出したりする所があるようですが、派手な料理ではなく普通の家庭料理、でも主菜・副菜・デザートまでついていてしっかり満足できます。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

入院中の食事はご主人の手作りでとても美味しいです、和風の煮物から洋風のグラタンまでとにかく幅広くお上手です。野菜も多く含まれていて、精がつく様にボリュームもたっぷりあります。また、退院時には自分と、もう一人(誰でもOK)分の豪華なお祝い膳を作って頂けます。尾頭付きの鯛にはじまりシメのフルーツ盛り合わせまで全て美味しく、産んだばかりの娘が寝ている横で夫と二人で綺麗に全部頂きました

私の生野助産院での出産体験談を紹介します!

分娩台に上るまで13時間、上ってから出産までさらに7時間、合計20時間の長い出産でした。午前2時から陣痛がはじまり、夜中に母親の車に乗って助産院についてから時間を追うごとに陣痛がひどくなっていきましたが先生は夜中じゅう背中をさすってくれたり傍にいてくれました。昼間に夫と両親が駆けつけてくれてからは陣痛室に移り、ひたすら痛みに耐えながら体制を変えたりさすってもらったり・・その間に昼食を作って頂いたのですが痛みで全く口に入らず、何とかぶどうを2粒流し込みました。分娩台にあがって、「ああ、もうすぐ産まれるんだ」と安堵したのもつかの間、先生の「後3時間はかかるよ?」の一言にガクッ。まだまだ産まれないという事で父は家に帰り、母&夫はコンビニで夕飯を買い夕食。いよいよ5分おき(もっと短く感じましたが)の陣痛がやってきてからは、陣痛が収まっている間は自然に目が閉じてしまい寝ている・・そして陣痛が来ると痛みで目覚めるの繰り返し。 そして産道を通って下に降りてくるわが子、いきまないでといわれてもいきんでしまうのですが・・ここで頭の位置が少しおかしいとの事で先生が直してくれ、もうすぐ、もうすぐと言われて最後は割とあっさりと「え?出た?」という感じで出産。(後で聞きましたが私は人より産道が長いとの事で時間がかかった様です。)その瞬間は、正直涙が出るとか感動とか言うより、「やっと終わった・・・」「ね、寝たい・・」だったのをはっきりと覚えています。

生野助産院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この生野助産院の体験談・口コミは、平成24年6月16日21時00分時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(241880)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!