諫早総合病院の口コミと体験談 長崎県諫早市

諫早総合病院」長崎県諫早市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

諫早総合病院について

総合病院なので緊急帝王切開にも対応しています。また小児科もあるので、こどもに万が一のことがあったときにも対応してもらえるようです。大きな病院なので職員さんの数も充実していますし、施設も立派です。病院食の量も充分で美味しかったです。 産後1日後から母子同室ですが、きついときは預かってもらえるので助かります。

諫早総合病院の基本情報

「諫早総合病院」長崎県諫早市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

長崎県諫早市永昌東町24-1 駅から近く、また中心地でアクセスしやすいです。

出産にかかる費用

約35万円

出産の際の分娩の種類や方法

自然分娩、陣痛促進剤使用

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

担当してくださった先生は30代の男性でした

諫早総合病院の良い点・オススメポイント

個室もありますし、二人部屋もあります。個室には2ランクあるようです。パジャマは有料で貸してもらえます。洗濯機や乾燥機も有料ですが置いてあって、入院患者で交替で使います。シャワーもお風呂も共有ですがあります。これも交替で使います。個室は部屋についているようです。トイレはフロアに二か所あります。産後のセットは悪露パッド、母乳パッド、おしりふき、おへその消毒液が入っていました。おむつを退院時にちょっといただきました。4人部屋には個々にテレビと冷蔵庫がついています(有料)

諫早総合病院を選んだ決め手!

妊娠中は小さな個人病院で出産する予定でしたが、自分の体形や胎児の状態などから出産途中で緊急転院することになりました。それでも対応していただけるほど、大きな病院ですので安心することができました。飛び込みでの出産になりましたが、しっかり検査してもらい説明も受けられたので信頼できる先生でよかったと思いました。

諫早総合病院の改善して欲しいポイント

面会時間が夜の8時までだったため、仕事の都合上夫が面会できませんでした。総合病院なので仕方ないことだとは思いますが、もう少し長くなったらいいなと思いました。スタッフの人数が多いからなのか、伝達事項がちゃんと伝わっていなかったりしました。退院の日が伝わらず、一日早まったことも知らないままでした。入院費用の計算が間違っていたため、後日追加料金を払わなければいけませんでした。

諫早総合病院についてもっと詳しく

以下では、諫早総合病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産婦人科の先生は男性でしたが、検査の時もちゃんと声をかけてくれるなどのフォローもありましたし信頼してお願いすることができました。出産後もほぼ毎日様子を見に来て下さって、検査結果の説明なども丁寧でわかりやすくおしえてくださいました。 看護師さんも何か相談すればちゃんと答えてくれます。ただ人数も多いのですが、人によって言っていることが違うこともあるので自分で判断することも大事だと思いました。事務スタッフさんと病棟スタッフさんの連絡が取れていないのか、退院手続きの日にちが間違ったりもありました。

院内の設備

すごく大きな病院なので何か問題があったときに安心だと思いました。実際自分の子も黄疸がでましたが、すぐに対応していただけたので安心できました。市内の中央部で電車やバスで通うのも可能ですが、広い駐車場もあるので車でも通えます。 入院中は看護師さんや助産師さんがつきっきりで授乳指導もしてくれます。食事も量味ともに満足です。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は他の産院とくらべると、総合病院ですので病院食らしい食事でした。基本和食です。おかずに対して白ご飯の量が多いのでふりかけがあると良かったなと思いました。入院中に一回、お祝い膳がいただけます。えびやちらし寿司、くだものなど豪華な料理ですごくおいしかったです。時間は8時、12時、18時なので夜おなかがすきました。自動販売機が同じフロアにないので、1階の自販機まで買いにいっていました。

私の諫早総合病院での出産体験談を紹介します!

本当は個人の産院で出産予定で、陣痛後そちらに行きましたが出産に時間がかかり母子ともに危険な状態となったため、急きょこちらの病院に搬送されました。いままで見てもらっていなかったのですが、すぐに検査していただき様子を見ることになりました。前の病院ですでに陣痛が始まって24時間経過し、促進剤も滴下されていたかったのできつかったのですが、こちらの先生の指示に従いました。しばらくして再度促進剤を滴下することになり、2度量を増やしたところで分娩室に移動しました。分娩室に移動してからは、一時間もたたないうちに出産しました。会陰切開したため、産後局所麻酔して縫合しました。赤ちゃんはすぐ綺麗にしてもらってから抱かせてもらいました。

諫早総合病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この諫早総合病院の体験談・口コミは、5/11/2015時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(240473)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!