東京リバーサイド病院の口コミと体験談 東京都荒川区

東京リバーサイド病院」東京都荒川区 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

東京リバーサイド病院について

外来診察の際は2?3人の先生がおり、どの先生にあたるかは診察の時にならないとわかりません。(担当制なし。) しかし、どの先生もとても親切な先生です。

また、入院の際は完全個室でとてもキレイです。テレビもトイレも付いていて、Aタイプの部屋だとシャワー室まで完備しています。

私は二度ほどこの病院で出産したのですが、二度目は無料アップグレードでAタイプのお部屋を選ばせてもらえました。 ただ、Bタイプのシャワーなしの部屋でも、きれいなパウダールームを使用することが出来るので、不自由は全くないです。

更に、病院でアメニティやショーツ、パジャマ、スリッパ等揃えてもらえてるので、出産時に慌てることなく病院に向かうこともできます。

ママたちの食事時間は、同じ入院中のママたちと一緒に食べるので、交流を持つことが出来、様々な相談をし合える貴重な時間となります。

お祝い御膳も美味しかったです。 何より嬉しいのは、エステサービス。疲れた体をほぐしてもらえる至福の時です。

東京リバーサイド病院の基本情報

新生児

「東京リバーサイド病院」東京都荒川区 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

住所:東京都荒川区南千住8-4-4 アクセス方法: ■南千住駅(日比谷線、JR常磐線、つくばエキスプレス)ご利用の場合 徒歩(約1.2km 約15分)

南千住駅東口バスターミナル(短い地下通路を通る)から、LaLaテラス南千住、ファミリーマート(コンビニ)を左手に、リバーハープ公園を左手に交差点を渡って左折、2つ目の交差点(信号無)を右折すると間もなく病院。

■牛田駅(東武伊勢崎線)京成関屋駅(京成本線)ご利用の場合 徒歩(約1.2km 約15分) 墨堤通りを、鐘ヶ淵方向へ千住曙町交差点を右折し、千住汐入大橋を渡り信号を右折胡録神社の交差点を左折で病院へ。

■バスの場合  荒川区コミュニティーバス「汐入さくら」(約3分)  都バス(南千住汐入停留所下車)・上46・南千48 また、送迎巡回バスも出ております。

出産にかかる費用

Aタイプ(シャワー・トイレ付)58万円 Bタイプ(トイレ付)53万円

出産の際の分娩の種類や方法

普通分娩

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

女医さんは3名いらっしゃいますが、出産時に必ず担当してくれるとは限りません

東京リバーサイド病院の良い点・オススメポイント

新生児

完全個室制で、Aタイプ(シャワー・トイレ付)とBタイプ(トイレ付)の部屋があります。 また、ラウンジもあり、自由にお茶をしたり、雑誌を読んだりもできますし、食事の際はママたちが全員集合してお喋りしながらお食べることが出来ます。

出産の際は、本格的な陣痛が始まるまでにLDRに移動し、Labor(陣痛)からDelivery(分娩)、産後のRecovery(回復)を同じ部屋で過ごすことが出来ます。

多彩照明システムにより、お部屋をお好みの色照明に調節でき、好きな音楽CDを持ち込みも可能です。希望によりアロマテラピー芳香も用意してくれます。

東京リバーサイド病院を選んだ決め手!

決め手としては、施設が新しくきれいで、完全個室であるという点と、セキュリティも万全だったという点、そして出産後のエステサービスやお祝い御膳等魅力的なコンテンツがあったという点です。

また、毎回の食事も美味しいという口コミがあったのも決め手の一つでしたが、本当に美味しくて毎回お腹いっぱいになるまで完食していました。

東京リバーサイド病院の改善して欲しいポイント

新生児

外来診察時に、先生が担当制ではなく毎回どの先生にあたるかわからないので、色んな先生に診てもらえて、違った視点で話をしてくれるといういい点もありますが、担当制の方が個人的には良いかなと感じました。

それと、待ち時間は予約制ではあるものの少々長めで、待合室も混んでいることがしばしばあったので、もうちょっと緩和されると妊婦の体的にもありがたいと感じました。

東京リバーサイド病院についてもっと詳しく

新生児

以下では、東京リバーサイド病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産婦人科の先生方はとてもフレンドリーな方々ばかりで、ちょっとした質問もしやすいです。 最初は男性医師に少し抵抗もありましたが、優しく丁寧な先生ばかりなので、次第に抵抗はなくなりました。

看護師や助産師さんたちはとにかく頼り甲斐があり、優しく入院の際は何度も助けられ、今でも忘れられない存在です。 事務スタッフの方々も、丁寧な対応をなさってくれる方ばかりでとくに不満を感じたことはありませんでした。

院内の設備

とにかく、施設全体が清潔できれいですし、セキュリティーも個人個人の部屋にカードキーが付いており、安心です 完全個室の部屋はホテルのようにゆったりと過ごせて、快適です。

そして、この病院を選んで一番良かったと思ったことは、助産師さん方の人柄の良さです。 とにかく頼り甲斐があり、優しく何度も助けられました。

初めての授乳の仕方から沐浴指導、様々な相談に乗って頂けますし、母子同室を推奨はしていますが、夜中辛い時は赤ちゃんを預かって寝かせてくれたりもしました。

子育て初心者のママたちにとってはかなりの頼りになる存在になること間違いなしだと思います。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

病院専属の管理栄養士による、季節の食材を取り入れた美味しく栄養バランスの整ったお食事です。どれもとても美味しかったです。

また、お祝い膳もあり、ビーフステーキが出たりもします。 エステサービスもあり、産後の疲れを癒し、至福の時を過ごすことが出来ます。アロマオイルトリートメントやヘアケアサービスの中から希望のものを施術していただけます。

私の東京リバーサイド病院での出産体験談を紹介します!

新生児

私は、ちょうど正期産に入ったその日の夜中に突然破水してしまいました。最初は尿漏れかとも思ったのですが、不安に思い病院に電話し状況を伝えると、おそらく破水だろうとのことで、なるべく安静にして迅速に落ち着いて病院にくるようにとのことでした。

病院に着いたのは真夜中でしたが、入口では警備員さんが担当してくださり、破水していることもありすぐに車いすで迎えに来てくださいました。 助産師さんと共に診察室へ向かい、すぐに破水チェッカーをするとばっちり反応が出たので即入院することに。

手早く部屋の準備をして頂いている間にこちらもNSTをし、微弱陣痛しかきていないという事で、とりあえず主人はいったん家へ帰り、私はベッドで眠ることにしました。

微弱陣痛とはいえ、徐々に痛みが増していたのであまりゆっくり眠れず朝を迎えましたが、助産師さんが気を遣って何度も部屋に足を運んでくれて、次いつ食事をとれるかもわからないので朝食をとるように勧められました。 そのころには本格的な陣痛が始まり、LDRへ移動させてもらいました。

好きなアロマや音楽をかけてもらい準備は万全。どんどんくる痛みに苦しんでいましたが、とても優しく的確に指示してくれた助産師さんには感謝しています。 いざ出産という時に呼吸の仕方がわからなくなり、酸素マスクをつけられますますパニックになりかけましたが、助産師さんに助けられなんとか出産しました。

休日出産だったので、普段診て頂いていた先生はいらっしゃらなかったのですが、臨時の先生もとても頼りになる先生でとても安心して臨めました。 カンガルーケアも無事させていただき、その後はのんびりLDRで過ごさせてもらいました。

東京リバーサイド病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。

そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この東京リバーサイド病院の体験談・口コミは、11/1/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(239131)

「東京リバーサイド病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!