武蔵野赤十字病院の口コミと体験談 東京都武蔵野市

武蔵野赤十字病院」東京都武蔵野市 について、実際に診察・出産をした人の体験談と口コミを紹介します。妊娠していることが分かり、最初に考えるのは「どこの産婦人科で診てもらうべきか?」というところだと思います。この記事では、女医さんの有無や、先生の印象、また設備や駅からのアクセス、実際の方がこの産婦人科を選んだ決めてなどを紹介しています。

武蔵野赤十字病院について

総合病院でNICUもあり、ハイリスク出産でも安心できました。但し、NICUは28週以降の乳児で無いと受け入れできないので、それ以前で産まれてしまった場合は、転院になります。助産師さんの数は多く、妊娠中期以降から助産師外来が増えます。 母乳育児を推奨しているので、出産後、スパルタ教育始まります。辛いけど、退院後母乳であまり苦労しませんでした。

武蔵野赤十字病院の基本情報

「武蔵野赤十字病院」東京都武蔵野市 について、アクセスや基本的な情報についてご紹介します。

病院へのアクセス

東京都武蔵野市境南町1-26-1 武蔵境駅からムーバスで5分。駅から徒歩で10分程です。

出産にかかる費用

約60万円

出産の際の分娩の種類や方法

帝王切開

女医さんの有無、お医者さんの雰囲気など

産科は女医さんが6割位。年齢は30?40代で、皆さん明るくハキハキしています。

武蔵野赤十字病院の良い点・オススメポイント

個室はあります。トイレつき。シャワーは共同です。2つシャワー室があり、ドアの前に時間と名前を書いて予約します。 ドライアーは貸してくれます。シャンプー等は、1階にあるローソンで購入出来ます。タオルもあるので、急な入院でも大丈夫です。 洗濯機、乾燥機もあります。洗剤はローソンで買えます。もし、洗濯してくれる人いなければ、1週間に1回ボランティアさんにお願いできます。

武蔵野赤十字病院を選んだ決め手!

私は地元の多摩医療センターか、武蔵野赤十字病院かで迷いましたが、元々武蔵野赤十字病院の乳腺科にかかっていたことと、婦人科にもお世話になっていたので、武蔵野赤十字病院に決めました。 助産師さんが多かったことと、女医さんが多いのも決め手です。 多摩医療センターは実家から近く、料金も安いと聞いていたのですが、家から近いので検診に行きやすいので決めました。

武蔵野赤十字病院の改善して欲しいポイント

外来とても混みます。外来で あっている間に、お腹が張ってしまう時がありました。助産師外来はそれほど混みませんが、医者の外来は1時間以上待つことを覚悟した方が良く、辛いときにもう少し気軽に休める所があればと思いました。 実際は助産師さんに言えば、空いてるベットを使って休ませてくれますが、張り紙などでそういったことも書いてくれると有りがたいです。

武蔵野赤十字病院についてもっと詳しく

以下では、武蔵野赤十字病院について、スタッフの対応や院内の設備についてももう少し詳しくについてなど詳しくご紹介します。

スタッフの対応

産科医の先生は忙しい事もあり、とても事務的です。助産師外来で細かい所でも話を聞いてくれるので話すと 内容によって医師の診断が必要だと判断されると、医師の診察になります。助産師さんが分からないと判断してくれるので、気持ち楽でした。 事務の方はとても親切で、保険の手続きも丁寧に教えて頂き、待ち時間に辛くなったとき、助産師さんの代わりに対応してくれました。

院内の設備

助産師さんに気軽に相談できます。母乳育児を目指しているのなら、是非お勧めです。少しスパルタに感じますが、ちゃんとやっていれば、退院後ちゃんと母乳育児できます。ただ、子供と母乳の出具合によっては無理せず、ミルク混合でも大丈夫と相談できます。 退院後も電話で相談に乗ってくれたり、大変なときは母乳外来で対応してくれました。 出産前に、バースプランの書き方、出産時に流してほしい音楽など出来る限り希望に沿って、安心できるように対応してくれました。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は普通の病院食です。妊婦さんや出産後は量が多めです。出産後は、おやつが出ます。でも母乳の出を良くするものなので お芋だったりします。 出産後にお祝い膳が出ます。これは病院にしてはかなり立派でした。 出産後に浮腫みが酷かったりすると、助産師さんに相談してください。マッサージをしてくれます。また精神的に不安定なときも個別に対応してくれます。

私の武蔵野赤十字病院での出産体験談を紹介します!

私は28週で切迫早産で入院しました。定期検診で子宮経管の長さが18mmと急に短くなり外来からそのまま車イスに乗せられ、病室に連行されました。そのまま出産まで入院していました。途中2回ほど陣痛が来てその度に張り止めの薬の濃度が上がり、何とかもたせました。 入院中は24時間点滴、ナースステーションより遠くは、車イス移動。基本的に寝たきりでした。 子供は逆子でしたが、逆子体操など出来ず帝王切開での出産になりました。 入院中は朝夕に助産師さんがお腹の張りと心音のチェックをしに来てくれて、この時に色んな相談もしてくれましたのでとても心強かったです。 帝王切開の手術では手術室まで徒歩移動でした。麻酔して30分後に子供が出てきました。産んだ実感はあまりなかったですが、ほっとしたのが一番です。

武蔵野赤十字病院の紹介は以上になります。参考になりましたでしょうか?

妊娠すると病院探しなど、疑問が尽きないものです。
そんな時には、このサイトを運営する「ママリ」が提供する、無料・匿名で先輩ママからアドバイスが貰える「ママリQ」のアプリも是非ご活用ください!

無料で使える女性限定Q&Aアプリ「ママリQ」はこちらから!

※この武蔵野赤十字病院の体験談・口コミは、11/15/2013時点における、実際にママさんの体験した情報に基づいて作成されています。(237744)

「武蔵野赤十字病院」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!