理解不能!トイレットペーパーを補充しない夫にママ達の怒りが止まらない!解決策はあるの?

本日のフジテレビ系情報番組・ノンストップで熱闘議論になったテーマがママ・主婦達から共感を呼び、話題になっています…。議論のテーマは「トイレットペーパー補充しない夫」…!理解できない、うちの夫だけじゃなかったんだ…!などなど、賛同の声もさまざま。世の男性陣にぜひ知ってほしい。怒りをお届けします…

全く理解不能…トイレットペーパーを替えない夫に妻の怒り・呆れも頂点に

トイレに入って、ペーパーホルダーにトイレットペーパーが入ってなかった、芯だけ残っていたそんな経験ありませんか。

どうやらこの犯行(?)、男性に多くみられるようで、全国の主婦・ママ達から怒りの声が。

「なぜ使いきった人が取り替えないのか」「何度言っても替えてくれない」など、疑問や怒り・憤りの声で充満する様子をまずはご覧ください。

たった1秒で終わる作業…なぜしない!?

こんな簡単なことをしてくれない夫はうちだけかと思っていました。 出典: twitter.com

使いきった!→取り替える(1~5秒)で終わる作業、なぜしないとの声に賛同多数。

自分さえ良ければいいの?!

自分が良ければいいの?次の人の為にトイレットペーパーを補充する人の方がよっぽどカッコいいよ! 出典: twitter.com

人の為に、って行動出来る人はかっこいいですよね。

新書でも出してあげましょうか?

『自分が使い切ったトイレットペーパーを補充しないやつは野犬に食われてドブで死ぬ』という新書を出してひと財産築きたいわ 出典: twitter.com

これだけ困っている女性が多いのであれば新書としての売れ行きも約束されたも同然?

大御所コワモテ俳優のこの方もこの問題、子供にも厳しく言っている?

主婦ではないですが、俳優・哀川翔さんも以前「子育て」について

「自分さえ良ければいい」という大人になってほしくないので、トイレット・ペーパーが取り替えられていなかった場合はきつ~~い制裁をする、と話していました。

小さいうちからのしつけが肝心なのかもしれませんね。

哀川翔の子育て術!5人のベテランパパが語る俺流子育ての極意とは…?!☆

関連記事:

哀川翔の子育て術!5人のベテランパパが語る俺流子育ての極意とは…?!☆

マルチに活躍するタレント、俳優哀川翔さんが、2015年5月23日(土)放送の「ブ…

この問題への対策は…?

救いの手

もう怒るだけムダ、何度も言う方が疲れちゃう…そんな声も。

ではそんなママ達へこの問題の対策をいくつかご紹介します。

目立つところに芯を置く

「トイレットペーパー補充忘れ防止」を忘れないように、トイレに入る前or入ってすぐにわかる場所に「芯」を置いておく作戦。

この方法で、旦那さんへ補充忘れ防止を促すこともそうですが、自分もトイレに入ってペーパーがあるかを確認するようになったという声も。

「危なかったわ、ありがとう?」万が一のことを話す

万が一補充されてなかったら今頃、

「紙ーーー!紙を私に!!紙を!!!」なんてことになるところだったわ?補充しておいてくれてありがとう。


…なんて、オーバーにでも万が一のことを伝えてみるのも1つの手かもしれません。男性は感謝されたり頼られたりすると気をつけてくれたり頑張ってくれるといいますもんね。。

取り替えたくなる仕組みに変える

それでもダメなら取り替えたくなる仕組みに変えるという手も。

オシャレでアートなトイレの木のホルダーにしたり、思わず積みたくなるホルダーなども。

YAMASAKI DESIGN WORKS トイレットペーパートレイ ステンレス ダブル
YAMASAKI DESIGN WORKS トイレットペーパートレイ ステンレス ダブル

¥3,240

固定概念に捉われがちな日用品のイメージを覆すアイテムを提案する、 YAMASAKI DESIGN WORKS(ヤマサキデザインワークス)より、トイレットペーパーをスタイリッシュにストックできる「toilet paper tray(トイレットペーパートレイ)」が登場...
販売サイトへ

小さいことでも積もり積もると…?男性陣の行動1つで家庭が平和に♪

割り切る、気にしないなど対処はさまざま。気にする時間があるなら自分でやればいい、そうかもしれません^^;

とても細かいことかもしれませんが、どんなことでもチリも積もれば山となるように…解決できるなら解決したいことではありますよね。

男性陣の少しの歩み寄りが、家庭を平和にするのかもしれません。

「怒り」「妻」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!