ママ、わたしママのおかげで2さいになれたよ

何もかも「イヤっ!」の一言でママのことを突っぱねてしまう2歳児の子供の気持ちを私なりに考えてみました。私もまさに今ぶつかっている壁です。先日は、保育園にお迎えに行ったら「イヤっ!」の一点張りで30分も保育園の前で駄々をこねられ…あの手この手を使って帰宅しました。まさに「腫れ物に触るよう」ということわざがピッタリな2歳児達は一体どんなことを考えているのでしょうか。

amana images

ママ、わたし2さいになったよ!

ママ、この前は私の2歳のお誕生日一緒にお祝いしてくれて本当にありがとう。パパも一緒に行ったお出かけとっても楽しかったね!

ママは楽しかったかな?パパは車の運転でへとへとになってたみたいだけど、たまにしかいないし、ヤキモチ妬きだし、ママは毎日私の面倒を見てくれて疲れてるかもしれないなーと思って、パパにいっぱい遊んでもらっちゃった!本当はもっとママと遊びたかったんだけどね。また、保育園から帰って来たら一緒に遊ぼうね!

それから、いつもとってもおいしいけど、誕生日の日ご飯は一段とおいしかったよ!後、おいしいおいしいケーキもありがとう!今年も甘さ控えめだったねーママ。私のことにいつも気にしてくれて本当にありがとう!

反抗期じゃないんだよ、ママ

泣く PIXTA

ママあのね、2歳はイヤイヤ期・第一次反抗期って言われてるけど、反抗期じゃないんだよ、違うの。ほら、私ってまだ少ししか言葉知らないからさ、ママが私にたくさんお話ししてくれていることと、ママが私に読んでくれる絵本と、ママとパパがお話しているの一生懸命聞いて覚えようとしている途中なんだ。

頑張って言葉覚えようとしているんだけど「イヤっ!」ってしか言えなくてごめんね。本当はイヤじゃないんだよ。だってママね私が「イヤっ!」って言ったらこっち向いてくれるんだもん。

分かっているんだ、私がおなかすく前にご飯の準備をしようとしていること、私を楽しいところに連れて行くために準備してくれていること、私が風邪引いちゃうから早くお洋服着せようとしていること、私の身体のことを気にしてお菓子を選んでくれていること、ママを困らせているのは分かっているんだ。

分かっているんだけど、困っていても怒っていてもいいんだ(ちょっと恐いけど)、ママにこっちを向いて欲しいんだ。

ママ、いつも一人でできる気分で失敗しちゃってごめんね

笑う PIXTA

いつも失敗ばっかりでごめんね。

車がいっぱいいるときはママと手を繋がないといけないよね、ご飯を食べるときはちゃんと左手で器を支えなきゃいけないよね、コップも両手で持たなきゃね、手を洗うときはお洋服濡らさないように気を付けなきゃね・・・。お仕事行く前って分かっているんだ、ママが疲れていることも分かっているんだ。

でもね、ママに自慢したいんだ!こんなにできることが増えたよ!って、ママに褒めてもらいたいんだ!

1歳のころより一人前に歩けるんだもん、走ることだってできるんだよ!ご飯も一人で食べられるようになったよ!コップだって片手で持てちゃう(パパの真似してみたんだ!ほら、パパって片手でビール飲むじゃん、あれかっこいいなーと思って)、お着替えも自分でできるんだ、手も顔も洗える!他にもいっぱいできるようになったことがあるんだよ!ってママに見せたいんだ!

ほら、パパはさ私がお箸使いこなしてても、自分でお洋服着ててもスマホ片手に「すごいなー」って気持ちが入ってないんだよなー本当に思っているのか?って思っちゃう。

でもさ、ママは自分のことのように喜んでくれるじゃん!「すごいね!さすがだよー!えーママにも教えて!どうやったの?」っていっぱいいっぱい褒めてくれるでしょ?あれがとっても嬉しいんだ!だからもっともっと自分でできること増やしてママにいっぱいいっぱい褒めてもらおうと思っているんだ!

でも、ママに比べるととっても遅いし、いっつも失敗しちゃうし、本当にごめんね。

ママ、わたしねママのことが世界で1番好きなんだ

抱っこ PIXTA

いつも困らせちゃうし、疲れさせちゃうし、たまに泣かせちゃうよね。私の面倒見るのにうんざりしちゃっているかな?私のこと嫌いになっちゃうかな?

私、ママとおんなじことできるようになりたいんだ。そしたらママといっぱいお話出来る気がするんだ、そしたらママと一緒に歩いてお出かけできる気がするんだ。

私が全部一人でできるようになったら、そしたら、ママの笑顔をもっと見られる気がするんだ。

だからそれまでは、ママのこといっぱい怒らせちゃうし困らせちゃうと思うけど、私のこと嫌いにならないで欲しいな。私頑張るからね。

私の2歳のお誕生日お祝いしてくれてありがとう。いつもいつもいっぱいありがとう。

ママ、わたしねママのことが世界で1番好きなんだ。

「2歳児」「イヤイヤ期」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧