怒りの尾木ママ「戦争に行くのが嫌、なんて当たり前!」学生の安保反対デモに自民党議員が驚愕の苦言?

2015年7月16日、衆院本会議で可決された安全保障関連法案について、東京都渋谷区で高校生以上の学生達5000人が集まり、反対デモを行いました。ところが、この学生デモを受け、自民党の衆議院議員が自身のTwitterで発言した痛烈な苦言が問題になっています。これには教育評論家の尾木ママも怒りを隠しきれませんでした。

安保反対の学生デモ活動に議員が苦言!それに対して尾木ママの怒りが頂点に…。

2015年8月2日、安全保障関連法案に反対する学生グループ約5千人がが東京・渋谷でデモを行いました。

この活動は新聞・ニュースでも大きく取り上げられ、尾木ママも自身のブログで

自分の頭で考え自分らしく表現する、守りの活動に5千人も集まるなんて素晴らしいですね!

18歳選挙大丈夫!安心して任せられますね! 出典: ameblo.jp

と絶賛していました。

安保法案、衆院本会議で可決。ママたちは何を思う?

関連記事:

安保法案、衆院本会議で可決。ママたちは何を思う?

本日2015年7月16日、衆議院本会議で「安全保障関連法案」が可決されました。…

現衆議院議員から学生デモに痛烈な苦言

ところが、その高校生デモを受け自民党の武藤貴也衆院議員(36)が学生集団に対し

と、自身のTwitterでコメント。

武藤議員のこのツイートには、ユーザーから「戦争に行きたくないからデモをする」というのは、自分中心・極端な利己的考えなの?といった疑問が殺到。

さらに武藤議員は「安保法案に反対するなら、国会前ではなく朝鮮総連前で行なうべき」と持論を展開しています。

武藤議員の言い分は「自衛隊を戦場に送り込むわけでない」という自民の国会答弁とも矛盾するのでは?と批判が相次ぎました。

このコメントには尾木ママの怒りも炸裂

「戦争にいくのは嫌だ」という若者の声は「ワガママ」なんかじゃない!!

素朴で実に「人間らしい」感性です!自分の命を大切にして他国の人々の命も大切にしようとする気持ちは人間としてごく自然。

戦争反対!戦争に行くのは嫌だは当たり前!!

それを批判する議員がいるというニュースにびっくり!戦前と間違えているのでしょうか!? 出典: ameblo.jp

さらに尾木ママのブログは

「教育の根本を否定されたような気持ちになります」と締めくくり、1970年代から教育に携わり続けている1人の教育者として

「恥ずかしい。(武藤議員には)議員もやめて欲しいですね。」と議員辞職をうながすほど。

戦争に行くのがイヤ、言えない社会にならないように

今後日本がどのように進んでいくのかについては、学生はもちろん大人も子供も全員が関わることになる重要な問題です。不安に思うことが多いのは当たり前だと思います。

そんな中での武藤議員の発言に関しては今後の不安を覚えずにはいられませんでした。

戦争に行くのがイヤだという、人間として当たり前の声を「わがまま」と言うのはまるで戦前の日本そのもの。

戦争に行くのも子供を行かせるのも絶対に嫌です。これはわがままなのでしょうか。

揺れる安保法案…将来ほんとうに「徴兵制」になるの?

関連記事:

揺れる安保法案…将来ほんとうに「徴兵制」になるの?

現在は国会で「安保法案」の審議が行われていて、ママの中には「将来子供が…

「尾木ママ」「戦争」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!