「子供村」って何?どんなところ?「がんばれ子供村」!施設紹介

経済的に恵まれない子供たち、片親で日中一人で過ごす事の多い子供たち、遊ぶ場所が少なく、友達が少ない子供たち。それが原因で肥満や体力のなさに悩む子供たちや親が増えています。そんな中「がんばれ子供村」なる空間を作り、悩みを抱える子供たちの成長を見守ろうという施設があるのをご存知ですか?がんばれ子供村についてご紹介します。

子供村の代名詞!「がんばれ子供村」について

がんばれ子供村とは、都心近郊にホテルやアミューズメント施設などを運営するグループ企業が、社会貢献の一環として始めた事業です。

がんばれ子供村の基本情報

がんばれ子供村の基本情報をご紹介します。

がんばれ子供村ビル

  • 住所:東京都豊島区雑司ヶ谷3-12-9 
  • TEL:03-5979-9570

がんばれ子供村事務局

  • 住所:東京都新宿区歌舞伎町2-4-10 KDXビル7F
  • TEL: 03-5155-1653
  • FAX:03-5155-1655

がんばれ子供村 お問い合わせフォーム

がんばれ子供村でどんな事ができるの?

子供たち

それでは、具体的に子供村とは、どんな事が出来る施設なのでしょうか。

①施設の無料貸し出し

  • 障害をもった子供
  • いじめなどで不登校状態にある子供
  • ひとり親で経済的に娯楽の少ない環境下にある子供
  • 上記の子供たちを支援しようと考えている大人

上記の方々を対象として、「がんばれ子供ビル」の無料貸し出しを行っています。

シングルマザーの生活を支援してくれる手当てはどんなものがあるの?

関連記事:

シングルマザーの生活を支援してくれる手当てはどんなものがあるの?

子育てには大変なことがたくさんあるのに、一人で仕事も育児も家計のことも…

②ホテル無料招待の抽選

  • ひとり親などによる経済的理由で旅行などが出来ないお子様と家族
  • 障害児とそのご家族(障害児の親と兄弟まで)

上記の方々を対象として、抽選で年間50組に運営母体より無料で伊豆などのホテル宿泊招待があります。

③災害時支援・寄付

東日本大震災後復興支援に5,885,332円を寄贈、またインドネシアに小学校を寄贈するなどの活動も行っています。

がんばれ子供村の利用条件

「がんばれ子供村」を利用するには、いくつかの利用条件があります。

  • 目的以外の利用を避けること
  • 中学生以下の子供だけでの利用はしない
  • ゴミはきちんと持ち帰ること
  • 喫煙・飲酒は禁止

以上の条件を遵守した上で、施設を利用してセッションやミーティングを行うなど、幅広い利用が出来ます。

実際に子供村を利用した方の体験談

ここでは、実際に利用した団体のご紹介をします。

ひきこもりの人や家族をサポートしています

現在ひきこもりの人、ひきこもりの人が家族にある人、を対象にミーティングを行っています。「頑張れ子供村ビル」を利用してのミーティングは、クローズドミーティングです。

実際に引きこもりのある方のみの参加となります。 出典: hikikomorianonymous.org

クローズドミーティングへの参加は、外野との接触が苦手な方にはちょうどよいものだと思います。

病気の子供や子供を亡くした方とのコミュニケーションを

小児がんなど、重篤な子供の病気を抱える家族を支える会をがんばれ子供村で開催しています。

病気の子供をはじめ、子供を亡くした親御さんのグリーフケアも行っています。 出典: www.hospitalasobivol.jp

がんばれ子供村では、様々な催し物などが各団体により開催されています。利用団体の紹介ページから、どのような団体がどのような催し物をしているのかを調べることが出来ます。

ひとり親でも幸せ~アロマケア~

2015年6月から、ワンコイン姿勢リセット講座をがんばれ子供村で開催しています。

8歳のシングルマザーです。ひとり親でも幸せに暮らしています。とにかく前向きに活動しています。フィットネスクラブでのインストラクターやアロマ講座などを開催しています。 出典: ameblo.jp

がんばれ子供村では、リスク無く教室を開いたりすることが出来るのでひとり親の方や経済的にゆとりのない方で、講座などを開きたい方にピッタリの施設なのです。

抱え込まず、子供村を活用しみんなで助け合おう!

笑う子供たち

いかがでしたか?

がんばれ子供村では、ひとり親やひとり親に育てられている子供たち、障害のある子供たちやその両親たちなど、孤立しやすい人たちを集めた様々なイベントを開催したりしています。

特に施設の無料貸し出しについては、普段なかなか同じ悩みを抱えている人たちと会う機会が無かったという方々にも利用しやすいので大変便利です。

がんばれ子供村のHPより、イベント内容を知ることが出来ますので、是非調べてみて下さい。

「子供村」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!