部屋干しなのに臭わない!?気持よく干せる部屋干しのコツとテクニックをご紹介♡

悪天候の日は部屋干しをするしかありません。ジメジメと部屋の中の湿度も上がり、洗濯物の半乾きの、嫌な臭いがしてしまう事もあるかもしれません。そんな時に知っておきたいのが、部屋干しのコツです。これらを実践するのと、しないとのでは仕上がりが違います。覚えておきたい、部屋干しのコツを7つ、ご紹介します。

雨の日の部屋干しは憂鬱‥

雨の日の洗濯は憂鬱になってしまいますよね。部屋干しすると、半乾きの匂いがついたりと、気になる事も多くなってしまいます。

そんな時に、少しコツを覚えるだけで、いつもの部屋干しの洗濯物が、グッと快適な仕上がりになります。

部屋干しをすると漂う臭いの原因は雑菌の繁殖!

部屋干しした洗濯物がなかなか乾かず、半乾きの臭いを発してしまう事がありますよね。臭いの原因は、ご存知、雑菌が繁殖したためです。

外に干せないので、紫外線による殺菌効果は得られず、湿度が高い部屋に干す事で、乾くまでの時間が長くなり、雑菌が繁殖してしまうのです。

コツがわかれば部屋干しでも気持よく干せちゃう!?テクニック7選☆

雨の日に気持よく部屋干しをするためのテクニックを知っていればもう雨の日も憂鬱ではなくなりますよね♡

どれも簡単にできることなので、次の雨の日にはご紹介するテクニックを実践してみてくださいね♪

1.一回の洗濯量を少なめにする

洗濯を1度に大量にしてしまうと、洗濯槽の中でよく回転されずに、汚れが落ちづらくなります。当然、干す量も多くなってしまいます。そうすると、部屋の湿度は一気に上がり、ジメジメした空間になり、乾くのが遅くなってしまいます。

また、量が多いと、ただでさえ干す場所が限られた部屋の中で、洗濯物同士を密着させて干す事にもなりかねません。そうならないためにも、一回に洗濯する量は少なめにしましょう。

2.すすぎにお風呂の残り湯を使わない

お風呂の残り湯を洗濯をする事は、エコの点からはとても良い事です。洗う時は、水よりぬるま湯のほうが、洗剤も溶けやすく洗浄効果も高くなります。

しかし、すすぎの際は、菌の繁殖を防ぎ、汚れをつけないためにも再利用したお湯は使わない様にした方がよいでしょう。

3.洗剤は適量で

洗剤をたくさん入れると、汚れがキレイに落ちると思っている方がいるかもしれませんが、それは間違いです。必要以上に入れると、溶け残ってしまった洗剤が菌やカビの原因になってしまいます。

また、アレルギーを引き起こしてしまう事もあるので、洗剤は必ず用量を守って使用しましょう。溶け残りが気になる方は、液体洗剤などに変えてみると良いかもしれませんね。

4.風通しの良い場所に干す

部屋の中でもなるべく風通しの良い場所を選んで干す様にしましょう。よく、カーテンレールに干す人がいますが、コレはNGです。

風の流れが悪い上に、カーテンは意外と不衛生なのです。毎日カーテンを外して洗濯しているなんて方は、あまりいないと思います。せっかく洗濯をしてキレイにしたのに、カーテンの汚れが移ってしまいます。

換気扇が付いている浴室などの方が、早く乾きます。

5.干し方を工夫する

部屋干しの場合、干し方もかなり重要になってきます。生地が重ならない様に干すのが、鉄則です。タオルなどは、半分に折って干すのではなく、端の方だけ留めて、ダランと伸ばして干し、シーツや大判タオルなどは、ピンチハンガーなどを使って蛇腹に干します。

衣類は、縫い目が乾きづらいので、裏返しにして干します。長袖やフード付きの服は、逆さまに吊るして、生地が重なるのを防ぎましょう。

6.洗濯槽の汚れを落としておく

洗濯をする前に洗濯槽の汚れをきちんと、落としておきましょう。洗濯槽に菌が付いていたのでは、キレイにするはずの洗濯で、雑菌をつける事になってしまいます。

そうなると、当然乾かしても嫌な臭いがする事になります。洗濯槽専用の洗剤などが売られていますから、上手く活用しましょう。

7.早く乾かす

なんといっても早く乾かすのが、雑菌の繁殖を防ぐポイントです。乾燥機能が付いている洗濯機なら、最初だけ少し乾燥させてから干すと乾きが早くなります。

また、扇風機などで風を当てるのも良いでしょう。

雨の日も、嫌な臭い知らずの洗濯に☆

部屋干し

雨の日は、洗濯する気分になれませんが、そんな事も言ってられませんよね。ちょっとしたコツでも、実践するのとしないのとでは大違いです。

部屋干しでも上手く干せば、半乾きの臭いをさせる事なく仕上げる事が可能です。梅雨時や冬など、外でカラッと干せない時には、これらのコツを活かしてみましょう。

また、部屋干しすると、室内の湿度が上がってしまいます。そうすると当然乾くのが遅くなってしまうので、除湿機や、エアコンの除湿機能を使うのも手です。

憂鬱な部屋干しも、上手に乗り切りましょう。

「部屋干し」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!