「食事中、子供を叱ったり急かしてしまう…」福田萌も共感する、ママたちの食事の悩み

タレントの福田萌さんが、大塚食品「ボンカレー」のウェブCM発表会に出席しました。オリエンタルラジオの中田敦彦さんとの間に2歳になる子供がいる福田さん。CMで描かれている、忙しいママたちの食卓に共感する部分が多かったようです。今回は、大塚食品の調査で明らかになった、子供との食事に関するママの悩みや、解決方法を紹介します。

「ママはキッチンで立ち食い」福田萌さんが共感した、食事の悩みとは?

今回発表されたボンカレーのCMには、料理や子供の世話に追われる等身大のママたちが登場します。

福田さんが特に共感したのは、キッチンで立ったまま自分の食事を済ませるシーンだそう。

子供に「ママ、こっち来て」と呼ばれていても食卓につけないママたち。

子供の食事やお風呂を次々とこなしていかなければならない中、ママがゆっくり食事をする時間はなかなかありませんよね。

オリラジあっちゃん、アンガールズ山根さん。芸能人パパの親子関係にほっこり!素敵エピソード集♪

関連記事:

オリラジあっちゃん、アンガールズ山根さん。芸能人パパの親子関係にほっこり…

ママタレントと言われる芸能人ママ達が、ブログやインスタグラムなどで子育…

ママたちの「夕食の悩み」から、親子の食事の現状が見える…?

大塚食品が独自に取ったアンケートによると、「平日の夕食時の悩み」として以下のようなものがあげられています。

1位 献立を考えるのが大変

2位 調理が疲れる

3位 作るのに時間がかかる

4位 後片付けが大変

5位 子どもをついつい叱ってしまう

6位 子どもをつい急かしてしまう

この結果を見ると、「子供に栄養のあるおいしい食事を作らなくては」と思うあまり、気持ちに余裕がなくなり、子供を叱ってしまったり急かしてしまうママたちの現状が垣間見えます。

親子で楽しく食事をするのが理想だけど…

同じく大塚食品が行なったアンケートによると、多くのママが食事中は「子供とコミュニケーションを取りたい」と思っているようです。

けれど実際には、料理に時間や労力がかかってしまい、「早くお風呂に入れなきゃ」「疲れた…」などの気持ちから、食卓での会話やコミュニケーションはおろそかになりがちな家庭も。

「手抜きごはん」も時には大切♡

そんな、食卓でのコミュニケーション不足の解決策として、時には、レトルト食品やレトルト離乳食を使った「手抜きごはん」を実践してみましょう。

料理にかける時間を短くすることで、その分、食卓で子供とコミュニケーションをとる余裕ができるのではないでしょうか。

時短料理で人気の平野レミ!育児中に身についた「手抜きの哲学」…その心は?

関連記事:

時短料理で人気の平野レミ!育児中に身についた「手抜きの哲学」…その心は?

料理愛好家・平野レミさん。テレビ朝日で放送されている「しくじり先生SP」…

食卓では「心の満足」も意識したい

子供のために、栄養バランスがとれた手の込んだ料理を作ることももちろん大切です。

けれど意識的に料理を「手抜き」して楽しい食卓を作り出すことも、子供にとっては重要なはず。

大好きな人とコミュニケーションを取りながら食事をすることで、おなかだけでなく心も満たされるのではないでしょうか。

「子供」「食事」「福田萌」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!