キッチン・クローゼットの収納におすすめの100均便利グッズの活用法 狭いスペースでも有効活用できる!

あなどれない100均の収納グッズ。最近では100円とは思えないほどお洒落な収納グッズも多いですが、上手に収納するのはちょっと難しいという方におすすめ。狭い空間でも、ちょっとの工夫で上手に収納ができちゃうんです。ママさんも、1人暮らしの方にもタメになる収納方法を素敵なブログからご紹介します。

上手に収納するポイントとは?

家の中で一番ゴチャゴチャになりやすいところと言えば、やはりキッチン!中でも、調味料や缶類などの収納に困る方も多いのではないでしょうか?

上手に収納するコツとしては、使う頻度の多い物を手前に、使う頻度の少ない物は見えないところに収納してしまえば、見た目もスッキリとします。

ここで100均のあるグッズをプラスすることで、お洒落に収納できちゃうんです♪

100均アイテムでキッチン収納

ママさんも一人暮らしの方も必見☆100均グッズを使ったキッチンの収納方法!

上手に100均アイテムを活用している方々のブログから、特におすすめの収納法をご紹介します☆

1.冷凍庫の収納方法☆

形が色々ある冷食は、ゴチャっとしやすいですよね!そんな時は、この100均の仕切り板を使います。サイズに合わせて簡単にポキポキ折れる仕切り板なのが嬉しい☆

パッと探せるため、冷凍庫の開閉時間が短く済み、電気代の節約にもなりますよ♪

冷凍庫を上手に収納

2.調味料の収納方法☆

調味料のケースを統一することで、見た目もスッキリ!おしゃれな瓶や調味料ケースの種類が豊富な100均で、一式揃えるのも良いですね♪

調味料を上手に収納

3.フライパンの収納方法☆

100均の書類ケースを使えば、重ねにくいフライパンもこの通り!ちなみにフライパンの蓋は、これまた100均のつっぱり棒を使えばきちんと固定されてスッキリ!

フライパンを上手に収納

4.調理器具の収納方法☆

つっぱり棒とS字フックを合わせて調理器具を吊るせば、外国のキッチンのようなおしゃれな雰囲気に早変わり☆

収納があまりないキッチンにおすすめの収納方法です。

調理器具を上手に収納

収納王子・コジマジック、来年にも2児のパパに!ママ達に人気のコジマジック収納術をご紹介☆

関連記事:

収納王子・コジマジック、来年にも2児のパパに!ママ達に人気のコジマジック収…

フジテレビのお昼の情報番組『ノンストップ!』でもお馴染み「収納王子コジ…

キッチン以外も・・気になるお部屋の収納!

キッチンだけでなく、散らかりやすいクローゼットの中やどんどん増えてく靴で溢れかえる下駄箱、そして何よりおもちゃが多い子供部屋の収納も気になる♪

狭いクローゼット・・でも洋服はたくさん!下駄箱ももっと収納できたら良いのに・・と悩んでいる方必見!100均グッズで今の倍収納できちゃいます♪

1.クローゼットの収納方法☆

これら全て100均で揃っちゃうんです!このアイテムを使えば、なんと今の2倍洋服を収納できちゃう嬉しい収納方法☆

狭いクローゼットでも、この方法さえ使えば上手に収納できます。

クローゼットを上手に収納

2.クローゼットの収納方法その2☆

洋服以外にゴチャゴチャになりやすいものといえば、やはり下着!

こちらは、100均のカゴを使って色や用途に分けて収納すれば、中が見えるクリアケースの中でもスッキリ!

外から見てもきちんと整理されてる感がでますね☆

クローゼットを上手に収納その2

3.下駄箱の収納方法☆

つっぱり棒をプラスするだけで、1段増えちゃうんです。

つっぱり棒も短いものから長いものまでサイズが選べるので、この方法を使えば傘入れの場所も有効活用できそうですね♪

下駄箱を上手に収納

4.子供部屋(おもちゃ)の収納方法☆

100均の書類ケースを使えば、こんな風におもちゃも収納できちゃうんです。書類ケースですと、横幅も取らないので棚にスッポリ入るのも嬉しいですね!

子供部屋(おもちゃ)を上手に収納

5.お風呂(おもちゃ)の収納方法☆

放置しておくとぬるぬるとしてしまう、お風呂のおもちゃの収納って困りますよね。しかし、これも100均の吸盤、S字フック、カゴの3点を使えばスッキリと収納できるんです。

お風呂(おもちゃ)を上手に収納

6.洗面所の収納方法☆

狭い洗面台の下も工夫さえすれば、この通り!

100均でキッチンラックとカゴを購入しただけ♪掃除用スプレーや洗剤をそのまま収納するより、見た目も綺麗ですよね!

洗面台の下を上手に収納

収納も大事!でも、片付けもしっかりと♡

参考にしたブログを見ると、狭いスペースの中で、空いてるスペースをいかに上手く使えるかが大切だと分かります。

しかし、上手に収納しても日ごろの片付けを怠っては意味がありません。

まずは収納を始める前に、部屋を片付けてからどのくらいスペースがあるのかを把握してみましょう!

「クローゼット」「収納」「アイディア」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!