監修:清水なほみ 先生

【医療監修】臨月になるとおなかが下がる?下がり始める時期と体験談

臨月に入ると出産まであともう少しですね。出産が近づくにつれて、少しずつ体に変化が現れ、おなかが下がってきたという方もいるのではないでしょうか?「おなかが下がる」というのは、胃のあたりまで大きくなっていた子宮の最上部(子宮底)の位置が下がるという意味です。おなか全体が垂れ下がるわけではありません。この時期は、赤ちゃんが子宮の出口の方へと下がってきて生まれてくる準備を始めます。周りの人から「おなかが下がってきたね」といわれたことがある方もいるかもしれませんね。もしおなかが下がるという感覚がよくわからないという場合は、妊婦健診の際に医師に確認してみるのもよいでしょう。

PIXTA

臨月に入るとおなかは下がってくるの?

臨月とは妊娠10ヶ月(妊娠36週~39週目)のことをいいます。臨月に入ると赤ちゃんは頭を骨盤の中に頭を入れ、いつ生まれてもいいように準備を始めます。胎動もあまり感じなくなるでしょう。

徐々に赤ちゃんが子宮の出口の方に向かって下がり始めるため、母体の胃の圧迫は解消されますが、恥骨の痛みや頻尿、尿漏れといったトラブルが起こる可能性があります。

出典元:
  • レディスクリニック石黒「出産Q&A」(http://www.ishiguro.or.jp/qa_02a.htm,2018年7月6日最終閲覧)
  • 井上裕美(監)「病気がみえるvol.10 産科」P238(メディックメディア,2015年)
  • 南條達也(編)、荻田和秀(監)「最新版らくらくあんしん 妊娠・出産」P140(学研プラス,2017年)
  • 日本産婦人科学会(監)「Baby+お医者さんがつくった妊娠・出産の本」P24~25(リクルートホールディングス,2015年)
  • 佐藤クリニック「胎児の「すくすく」ストーリー」(http://www.sato-clinic.com/press_past/vol_21.html,2018年7月6日最終閲覧)

おなかが下がり始める時期

妊婦 PIXTA

おなかが下がってくる時期には個人差があります。赤ちゃんが子宮と共におりてくるため、基本的には臨月に入ってから起こりますが、初産婦か経産婦かによっても異なります。初産婦は妊娠36週を過ぎると徐々に下がり始めるのに対して、経産婦は出産直前に下がってくる場合もあります。

出典元:
  • 日本産婦人科学会(監)「Baby+お医者さんがつくった妊娠・出産の本」P24~25(リクルートホールディングス,2015年)
  • 南條達也(編)、荻田和秀(監)「最新版らくらくあんしん 妊娠・出産」P140(学研プラス,2017年)

おなかが下がることで起こる変化

臨月 PIXTA

臨月に入り出産が近づいてくると、おなかが下がってくることでさまざまな変化が現れます。以下のような変化を感じている方はおなかも下がってきているのかもしれません。

いつ出産が始まってもよいように、病院に行ける準備をしておきましょう。

胎動が減る

赤ちゃんが骨盤内に移動し頭が固定されることで、大きく体を動かすことが減るため胎動が少なくなります。赤ちゃんは、狭い産道を通るための体勢を取るようになり、生まれてくる準備をし始めます。

臨月に入ると胎動は減るの?特徴や注意すべきポイント

関連記事:

臨月に入ると胎動は減るの?特徴や注意すべきポイント

臨月に入り出産が近づくと、一般的に胎動は落ち着くと言われていますがそれ…

頻尿になる

下がってきた赤ちゃんの頭で腸やぼうこうが圧迫され、頻繁に尿意を感じるようになります。尿意で何度も目が覚めるようなことも珍しくありません。

何度もトイレにいくことが苦痛に感じることもありますが、我慢をしないようにしましょう。

出典元:
  • いそいち産婦人科医院「母親学級」いそいち産婦人科医院(http://www.isoichi-clinic.jp/hahagakkyuu.html,2018年7月6日最終閲覧)
  • レディスクリニック石黒「出産Q&A」レディスクリニック石黒(http://www.ishiguro.or.jp/qa_02a.htm,2018年7月6日最終閲覧)
  • 井上裕美(監)「病気がみえるvol.10産科」P238(メディックメディア,2015年)
  • 南條達也(編)、荻田和秀(監)「最新版らくらくあんしん妊娠・出産」P140~141(学研プラス,2017年)

臨月におなかが下がってきた方の体験談

臨月 PIXTA

臨月に入ってから出産に向けて少しずつおなかが下がってくるとはいうものの、おなかが下がるという感覚がよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。

臨月でおなかが下がりを感じたというママたちの体験談をご紹介します。

ある日を境におなかが下がった

わたしはある日を境に、お腹が小さくなった様に感じました!そして、今までちょっと食べただけでお腹いっぱいになってたのが、たくさん食べられるようになりました(笑)
鏡で見るとお腹の膨らみがお臍よりも下に下がっていて、こんなに分かるもんなのか!と驚きました🙄🙄
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

妊娠しておなかが大きくなってくると、胃を圧迫されることで食欲がなくなることがあります。しかし、ある日を境に食欲が戻りおなかも小さくなったと感じることもあるようですね。

写真などを撮ってみると変化がわかりやすいかもしれませんね。

生まれる直前に下がったとわかった

生まれる前日に、「下がった!!!」って確信持てました。

(中略)

確信持って下がったと思えた理由は、
・押し上げられてた胃が下に下りてスッキリした感覚
・ついでに呼吸も楽
・若干の腰痛
・明らかに膨らんでた位置が下になった(バストギリギリまであったのが、バスト下に余裕が出来る感覚)
です!その日は朝におしるし、下がったと気付いた夕方にもおしるしがあり(結構大量)、翌日朝には10分間隔→昼に産まれました☺️
下がるとお腹が苦しくなる感覚すら無くなりますよ😙
お腹下がる=赤ちゃんの頭が骨盤にハマった=生まれる準備、って流れだったと思うので…直前まで下がらなくてもおかしくはないかな?と思いますー☺️
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

出産前日になっておなかが下がってくることがあるようです。今までおなかが下がる時期には個人差があることがわかりますが、おなかが下がったと感じた場合は出産も近づいているのかもしれませんね。

1人目ほどおなかが下がらなかった

この間出産したばかりですが、一人目よりもあまり下がらなかったです(^^)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

1人目と2人目の妊娠では、おなかの下がり方に違いがあるようですね。きょうだいでも妊娠の経過は同じというわけではありません。また、おなかが下がらないからいけない訳ではありません。臨月に入ったらゆったりとした気持ちで出産を待ちましょう。

臨月に入ってもおなかが下がらなかった

私は全く下がりませんでした😂
友人が一週間違いで出産しましたが、そんな下がる??!というくらい下がってました!笑
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

おなかが下がるか下がらないかは個人差があるようです。出産が近づくにつれ、徐々に兆候と見られる症状が出てくるかもしれませんが、焦らず出産のときを待つようにしましょう。

臨月なのに陣痛の兆候すらない!どうしたらいい?体験談

関連記事:

臨月なのに陣痛の兆候すらない!どうしたらいい?体験談

臨月だけど陣痛が来ない、陣痛が始まる兆候もない、と不安になっている妊婦…

おなかが下がってきたと感じたらゆっくりと出産を待ちましょう

出産 準備 PIXTA

おなかが下がっているのかどうか感じ方は人それぞれですが、赤ちゃんが生まれる前には体にいろいろな変化が出てきます。おなかが下がってきた場合は、赤ちゃんが骨盤内に入ってきて出産が近づいている証拠です。

臨月に入ってからは、遠出はせずいつ出産が始まってもよいように入院の準備をしておくようにしましょう。もし、気になる症状が出た場合は、病院に連絡をして指示を仰ぐようにしましょう。

記事の監修

ポートサイド女性総合クリニック〜ビバリータ〜 院長

清水なほみ 先生

「臨月」「おなか」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

  • レディスクリニック石黒「出産Q&A」(http://www.ishiguro.or.jp/qa_02a.htm,2018年7月6日最終閲覧)
  • 井上裕美(監)「病気がみえるvol.10 産科」P238(メディックメディア,2015年)
  • 南條達也(編)、荻田和秀(監)「最新版らくらくあんしん 妊娠・出産」P140(学研プラス,2017年)
  • 日本産婦人科学会(監)「Baby+お医者さんがつくった妊娠・出産の本」P24~25(リクルートホールディングス,2015年)
  • 佐藤クリニック「胎児の「すくすく」ストーリー」(http://www.sato-clinic.com/press_past/vol_21.html,2018年7月6日最終閲覧)
  • いそいち産婦人科医院「母親学級」いそいち産婦人科医院(http://www.isoichi-clinic.jp/hahagakkyuu.html,2018年7月6日最終閲覧)
  • レディスクリニック石黒「出産Q&A」レディスクリニック石黒(http://www.ishiguro.or.jp/qa_02a.htm,2018年7月6日最終閲覧)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧