幼児や子供の夏休みの過ごし方に注意!規則正しい生活を心がけよう!

1年で一番長いお休みの夏休み子供にとっては待ちに待ったお休みですが、親にとってはどう過ごすか悩みのタネでもありますよね。実は夏休みには生活リズムが崩れてしまい体調も悪くしてしまいがちです。では、そうならないためにはどうしたら良いのでしょうか?長い夏休み過ごし方の注意点などについてご紹介します。

夏休みは幼児や子供の生活リズムが崩れやすい?!

幼児や子供にとっては待ちに待った長い夏休み。ですが、夏休みの期間は、朝寝坊をする・テレビをずっとダラダラとみる・夜更かしをする…など、生活リズムが崩れやすい落とし穴があります。

他にも、いつもよりもジュースやお菓子を多く食べてしまい、野菜などの栄養不足になることも。その結果として、体調を崩してしまうことも少なくありません。

一度崩れてしまった生活リズムは、夏休みが終わって学校や幼稚園・保育園が始まってから立て直すことがとても大変です。

夏休みを満喫したい気持ちはわかりますが、それまでに築いた規則正しい生活リズムや健康習慣を崩したり、体調を悪くしてしまうことは避けたいですね。

幼児や子供の夏休みの過ごし方はこんなところに注意しよう!

では、幼児&子供がこうした事態にならずに充実した夏休みを過ごせるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?注意点を5つ、見ていきたいと思います。

注意点①決めたお手伝いを毎日してもらおう!

家の中で、子供ができる仕事を決めて、夏休み中毎日お手伝いしてもらうことがオススメです!たとえば、お風呂掃除、洗濯物をたたむ、ご飯の準備&片づけなどです。他にも、新聞をとってくるなど簡単なものでも。

これは、夏休みを通して毎日続けることが大切です。毎日必ずやる「仕事」を作ることで、ダラダラとなりやすい休みの時間の過ごし方にメリハリがつくため、効果的な方法となります。

その他にも、辛く、面倒なことでもやり続け、自分が頑張ったことで、パパやママが喜んでくれるという普段にはなかなか感じられない達成感のある経験にもつながるメリットも!

子供エプロンでやる気にさせる!お手伝いへの第1歩♡

関連記事:

子供エプロンでやる気にさせる!お手伝いへの第1歩♡

ママがキッチンでいつも着ているエプロン。子供の専用のエプロンがあったら…

注意点②テレビやゲームは時間制限を!

長いお休みは、たっぷりの時間があります。子供にとってゲームやテレビはとても楽しいものなので、そのままにしていると、ついつい長時間になってしまうことも。

テレビを子供が長時間見ることは、子供の成長に悪影響があるという研究結果もでているので、注意したいところですね。

夏休み期間中は、テレビは1日○分まで、ゲームは1日○分まで、と、あらかじめ時間制限を決めて守らせるようにしましょう。なお、テレビ・ゲームはトータル1日2時間を越えないように設定してあげてください。

ポイント③毎日決まった時間に食事をする!

学校や幼稚園・保育園がある日は、必ず決まった時間に朝ご飯、お昼ご飯を食べていますが、お休みとなると、朝起きるのが遅くなると同時に朝ご飯の時間が遅くなったり、ひどい時は朝ご飯とお昼ご飯が一緒になってしまうということも!

お休みでも、朝・昼・夜の食事の時間はなるべく決まった時間に摂るようにしましょう。そうすることで、1日の生活リズムが保たれます。

ポイント④早寝早起きを徹底する!

お休みとなると、つい朝起きるのが遅くなり、夜は夜更かしをしてしまいがちです。

時々は羽目をはずすことも許してあげたいところですが、夏休みのような長期のお休みで、毎日朝遅く起き、夜更かしを繰り返すと、学校や幼稚園・保育園が始まってから元の習慣に戻すのがとても大変です。

極力、普段通りの時間に寝て、起きるようにしましょう。ただ怒ったり注意するのではなく、早く起きれば、楽しい夏休みの時間を長く使うことができるということを教えてあげるといいですね。

ポイント⑤ジュース・お菓子は与え過ぎない!

お休み中は、テレビを見ながらスナック菓子をつまんで、ジュースをごくごく…という姿もよく見られますが、ジュースやお菓子を過度に摂取すると、糖分の摂りすぎになったり、食事のときにおなかがいっぱいで食べられなくなって栄養不足になったりしてしまいます。

ジュースやお菓子は、おやつの時間だけにする、夕ご飯のあとは食べない、など、時間や量を決めて、食べさせるようにしましょう。

幼児・子供だけではなく、家族みんなで過ごし方を見直そう!

いかがでしたか?長い休みで、崩れた生活リズムが定着してしまわないように、気を付けていきたいものです。

今回、5つの注意点を挙げましたが、これらを親が子供に言うだけでは説得力もありませんし、子供もなかなか納得できません。

家族みんなが早寝早起きをしたり、テレビを見る時間を決めたり、お菓子やジュースも同じ時に食べたり、と、パパ&ママも含め、家族全体で規則正しい生活をするようにしましょう。その中で、子供が家族団らんの時間を多く過ごし、規則正しく、充実した夏休みを過ごせるようにしたいですね。

「夏休み」「子供」「過ごし方」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!