東尾理子が不妊治療「卒業」!それでも不妊に悩む人をサポートし続ける

不妊治療の結果、2015年のお盆中に第2子を妊娠したタレントの東尾理子さん。8月31日に更新したブログで、不妊治療の病院を「卒業」することを報告しました。自身の不妊治療は卒業しましたが、妊娠確定後のブログには「私にできることはないか」と、不妊に悩む人をサポートし続ける姿勢も示しています。

PIXTA

1年間の不妊治療の結果、2人目を妊娠♡

2人目妊娠に向けて不妊治療を行なっていた東尾理子さん(39)。

8月31日更新のブログで、受精卵が無事育ち心拍も安定したため、不妊治療専門の病院を卒業したことをブログであかしました。

検診で、2.7㎝に育ち、心拍もしっかりしているとの事で、
「おめでとうございます。卒業です。」
TGP病院を卒業することが出来ました。

二人目を希望して治療再開から約1年。
まだまだ先は不安ですが、なんとかここまでたどり着いた感じです。

お世話になった先生、看護師さん達に感謝して、次からは産科の病院へ通います。 出典: ameblo.jp

理子さんはブログでこう語り、病院関係者への感謝のメッセージを送りました。

※ブログ中に出てくる「TGP」とは、Trying to Get Pregnant(妊娠しようとがんばっている)の略で、「不妊治療」に代わる言葉として理子さんが新しく作った言葉です。

東尾理子ついに妊娠!つわり始まり、心拍も確認♡

関連記事:

東尾理子ついに妊娠!つわり始まり、心拍も確認♡

第2子妊娠のために不妊治療を行なっていたプロゴルファーの東尾理子さん。20…

スタジオに入るとさりげなくクッションが…♥

理子さんの妊娠が確定した後、仕事でスタジオに入ると椅子にクッションが置いてあったことも!

お腹、大きくはないのですが…

皆様のお心遣いに感謝しますm(._.)m♥ 出典: ameblo.jp

妊娠初期の理子さんを気遣う周りのやさしさに、思わずほっこりするエピソードです♡

「妊娠しやすい年齢のピークは22歳」?波紋をよぶ高校の副教材

関連記事:

「妊娠しやすい年齢のピークは22歳」?波紋をよぶ高校の副教材

今、文部科学省が作った「健康な生活を送るために」という高校生向けの副教…

治療は卒業…でも、不妊に悩む人をサポートしたい

肉体的、精神的、経済的に大変な事が多いTGP生活を通じて考える事、たくさん。

私に何か出来る事はないかと考え、精神面だったら少しはお手伝い出来るかもと、ピアカウンセラーの資格を取りました。

そんな中で良く耳にするのが、
「妊娠に適齢期があるなんて、知らなかった。」
そう、私もその一人。

だから、妊娠適齢期前の人に、知って欲しい。
頭の片隅で良いから。
男性にも、女性にも適齢期があるって事を。 出典: ameblo.jp

心拍が確認でき「妊娠」が判明した翌日、理子さんはブログにこう綴っています。

「ピアカウンセラー」とは、相談者と同じ悩みがわかる経験者(当事者)として話を聞き、相手の心の支えになろうとする人たちのこと。

理子さんはこのピアカウンセラーの資格を取得し、同じ悩みをもつ人と対話を続けているそうです。

自身は不妊治療を卒業しても、自分と同じように不妊に悩む人の力になりたい…という、理子さんの気持ちが伝わってきます。

自分の経験を人の役に立てたいという心意気に、ただただ頭がさがる思いです。

「東尾理子」「不妊治療」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!