日帰りで楽しめる関東の紅葉スポットを見ごろと共にご紹介♡

関東紅葉が綺麗に見えるところに行きたい!でも見ごろもわからないし、子供を連れての観光は大変。今日はそんなママ必見の日帰りで行けちゃう紅葉スポットをご紹介します♡見ごろをチェックしていい時期に家族でドライブに出かけましょう♪紅く色付く葉っぱに大人はうっとり。子供は落ち葉でカサカサ遊べてきっと楽しい思い出になりますよ♡

今秋は家族で紅葉ドライブを楽しもう♡紅葉の見ごろをチェック!

家族で紅葉スポットに出かけたい!でも行ってみたらまだ青い葉っぱがちらほら。次に行ってみたら今度は時期が終わって葉っぱが少なくなっていたり。

そんな悲しい思い出にしないためにも紅葉の見ごろをしっかりと調べてからドライブに出かけましょう♡

紅葉の見頃っていつ頃?

関東の紅葉の見頃は、早いところでは10月中旬から始まり12月上旬頃まで続きます。ということは、2ヶ月弱の間、どこかのスポットで紅葉を楽しめちゃうということ!意外と紅葉の見ごろは長期間♡

過ごしやすいこの季節、子供と一緒にたくさんお出掛けしませんか?

関東で紅葉を見に行くならここ!おすすめスポット5選☆

関東には、足を延ばせば日帰り出来る距離に紅葉スポットがたくさんあります♪

四季の移り変わりはあっと言う間なので、是非こちらを参考にしてお出掛けしてみてください♡

1.小金井公園

お花見の名所として有名ですが、紅葉も楽しめます♡

四季を通じてたくさんの野鳥が飛来するこの公園は、バードウォッチングを楽しむ事もできるので、都内にいながら子供と一緒に自然との触れ合いを学べます。

基本情報

  • 住所:小金井市桜町三丁目、関野町一・二丁目、小平市花小金井南町三丁目、西東京市向台六丁目、武蔵野市桜堤三丁目
  • 開園時間:24時間開放※サイクリング場は9:00~16:30(貸出しは16:00まで)
  • 定休日:サイクリング場は月曜日(但し、祝日にあたる場合は翌日)12月29日~12月31日
  • 入園料:無料※有料施設もあり
  • 授乳スペース:なし
  • おむつ替えスペース:あり(トイレ内)
  • アクセス:JR中央線「武蔵小金井」から西武バス「小金井公園西口」下車、関東バス「江戸東京たてもの園前」「小金井公園前」「スポーツセンター前」下車
  • 駐車場料金:普通車:1時間まで300円 以後30分毎に100円
  • お問い合わせ:042-385-5611

日比谷公園の4.8倍、上野公園の1.4倍のとても広大な公園です。

広々とした草地や、雑木林、桜の園、子どもの広場、弓道場、SL(C57)展示、16面のテニスコート、更にサイクリングも楽しめて、自然との触れ合いも豊かな公園なので、是非癒されにお出掛けしてみては♡

小金井公園ホームページ

2.赤塚公園

野球場、テニスコート、要予約ではありますが使用料無料のバーベキュー広場などがあり、昆虫観察も出来ます。都内にいながらにして、自然と触れ合い遊べる公園です。

基本情報

  • 住所:東京都板橋区高島平3丁目1
  • 開園時間:24時間開放公園
  • 定休日:なし
  • 入園料:無料
  • 授乳スペース:あり
  • おむつ替えスペース:あり
  • 駐車場料金:普通車 1時間まで200円 以後30分毎に100円
  • お問い合わせ:03-3938-5715

紅葉を眺めながらバーベキューなんて、とても楽しそうですね!食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋を欲張りに満喫してみては♡

赤塚公園ホームページ

3.国営武蔵丘陵森林公園

家族と、兄弟と、お友達と!小学生未満は無料なのも嬉しい♪「日本一のトランポリン」やアスレチック、チューブスライダーで更に楽しい!

そんな武蔵丘陵森林公園は、季節毎に楽しめるイベントが盛りだくさん!紅葉の見頃は、例年11月上旬~11月下旬となっております。

基本情報

  • 住所:埼玉県比企郡滑川町山田1920
  • 開園時間:3月1日~10月31日…9:30 ~17:00 11月1日~11月30日…9:30~16:30 12月1日~2月末日9:30~16:00
  • 定休日:年末年始(12月31日・1月1日)1月の第3・4月曜日
  • 入園料:大人410円 小人80円 小学生未満無料
  • 授乳スペース:あり
  • おむつ替えスペース:あり
  • アクセス:車の場合:関越自動車道「東松山IC」から熊谷方面へ約10分
  • お問い合わせ:0493-57-2111

季節を通じて様々なイベントを行っているので、何度訪れても楽しめます♪

無料開園日があったり、シルバーウィーク限定ファミリーブッフェ・BBQなどもあるので、予約を入れて楽しんでみてはいかがですか?

ライトアップイベントも様々行われているので、是非行ってみたいですね!

森林公園オフィシャルサイト

4.宮ヶ瀬ダム 

見晴らし最高の宮ヶ瀬ダムは、宮ヶ瀬湖畔エリア・ダムサイトエリア・鳥居原エリアに分かれていて、1日中楽しめる場所です。

例年の色づき始めは11月上旬、例年の見頃は11月中旬~11月下旬となっていて、宮ヶ瀬ダム堤体からの眺めがおすすめ!

基本情報

  • 住所:神奈川県愛甲郡清川村、愛川町、相模原市緑区にまたがる
  • 授乳スペース:あり
  • おむつ替えスペース:あり
  • アクセス:中央道相模湖I.C 国道20号→国道412号「三ヶ木」交差点を厚木方面へ、「関」交差点を宮ヶ瀬方面へ(約40分)東名高速厚木I.C 国道129号(国道246号)→県道60号→県道64号(清川村方面へ)→宮ヶ瀬やまびこ大橋左折(約45分)他
  • お問い合わせ:046-288-3600

宮ヶ瀬ダム公式ホームページ

宮ヶ瀬湖畔エリアはこんなところ☆

エリア内で一番広い「けやき広場」で走り回るのも良し、「ピクニック広場」でバーベキュー(要予約・有料)も良し♡条件次第でカヌーも楽しめます!

クリスマスシーズンには、大噴水のライトアップやもみの木のイルミネーションも行われているので、是非季節毎に訪れてみては!

ダムサイトエリアはこんなところ☆

みんなで楽しめるアスレチック複合施設「冒険の森」や、子供の大好きなトランポリン「ふわふわドーム」、周遊出来るロードトレイン「愛ちゃん号」など、楽しみ方たくさん♪一日中笑顔でお過ごし下さい♡

鳥居原エリアはこんなところ☆

宮ヶ瀬周辺で一番景観の美しいエリア♡親子で癒されに行ってみませんか?四季折々の野菜の販売も行っているので、新鮮な野菜をお土産にしてもいいですね♪

クチコミ☆

無料駐車場とトイレあり。ビジターセンターでは簡単な食事や新鮮な野菜が買えます。ダム近くの山は駐車場の近くに登山口があり、年中さんくらいの子供から手をつなげば登っていけます。
頂上からの景色は絶景。秋はきれいな紅葉やススキが見られます。 出典: www.tripadvisor.jp

各エリア、景色も施設もとても充実した場所となっているので、一日ではとても遊び切れないのではないでしょうか?

お泊りが出来ないなら日帰りで、エリア毎に日を改めて遊びに行くだけの価値がありそうですね♪

5.成田山公園

例年の色づき始めは11月上旬、例年の見頃は11月中旬~12月上旬と、遅い期間まで紅葉を楽しめるスポットです。滝や池もあり鯉が泳いでいるので、子供と一緒に餌をあげるのも楽しいですね。

広大な敷地を歩きながら、紅葉を楽しんでみましょう。

基本情報

  • 住所:千葉県成田市成田1番地
  • 開園時間:終日
  • 定休日:無休
  • 利用料金:無料
  • 授乳スペース:不明
  • おむつ替えスペース:不明
  • アクセス:【電車】JR成田駅・京成本線成田駅から徒歩約15分 【車】東関東道成田ICから国道295号経由約9分、東関東道富里ICから国道51号経由約12分
  • お問い合わせ:0476-20-1540

成田市観光協会オフィシャルサイト

成田山の裏とでも言いますか、近くにあります。ちょっとした池や林などがあり、紅葉の季節にはとてもキレイです。
お参りがてら、お散歩するととても神聖な気持ちになれる気持ちのいい空気が流れています。 出典: www.tripadvisor.jp

「日本」を感じる事の出来る公園で、厳かな気持ちになれる事請け合いです。

楽しく走り回れる場所も勿論楽しいのですが、たまには日本の空気を感じる事も子供にはいい経験になるかも知れません。

紅葉まつりでは特に景観の良い赤松庵の中で、誰でも参加出来るお茶会が無料で開催されているので、是非子供と一緒に参加して日本の文化に触れてみてはいかがでしょうか♡

クチコミ☆

色鮮やかに、思い出も鮮やかに☆

紅葉 子供

春は桜、夏は青々とした新緑、秋は紅葉、冬は雪。空気感や、自然の移り変わりを目に焼き付ける事で季節を楽しむ事の出来る、素敵な国に生まれた私たち。

大人になるにつれ、季節を楽しむ余裕がなくなってしまったりもしますが、たまには立ち止まって子供と一緒に季節を感じてみませんか?

子供の観察眼って素晴らしいので、きっと子供に教えてもらえる事がたくさんあります。
拾ってきた落ち葉で、子供と一緒に作品を作る時間もまた楽しい♡

紅葉スポットへお出掛けして、是非癒しの時間をお子様と過ごしてみてくださいね♡

「紅葉」「関東」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!