秋のママコーデはワイドパンツで決まり!着こなしハウツー&コーデ♡6選

最近注目のアイテム「ワイドパンツ」!おしゃれママさんの間ではすでに定番アイテムになっています。今年の秋冬はワイドパンツが流行の兆し…。でも、ワイドパンツって何を合わせたらいいのか?どんな着こなしがおしゃれなのか?良く分からないですよね。そんなママのためにおしゃれママさんのコーディネートをご紹介します!

ワイドパンツを着こなしておしゃれママを目指そう♡

おしゃれママさんたちはすでに大注目!70年代ファッションが流行の今、今秋取り入れたいファッションアイテム№1にも選ばれた、次に来るアイテムはワイドパンツです!

ワイドパンツはゆったりとしたビッグシルエットのパンツのことで、裾がくるぶしくらいのものからかかとくらいまで長いものまであります。センタープレスが入ったものなどはカジュアル過ぎないのでオフィスなどにも似合います。様々なブランドがこぞってワイドパンツを発売していますが、特にGUでは1500円以下で購入できると大人気になっています。

でも、ワイドパンツって何に合わせればいいのでしょう?試してみたいけど着こなし方が良くわからないですよね><そんな方必見!ガウチョパンツには少し抵抗があった方にもおすすめ!おしゃれママたちのワイドパンツコーディネートをご紹介します!

ワイドパンツとガウチョパンツの違いって何?

ワイドパンツに似たものに今年大流行したガウチョパンツがありますね。そもそもワイドパンツとガウチョパンツって何が違うのでしょうか?

実はガウチョパンツもワイドパンツの中のひとつなんです。しかし最近はふくらはぎくらいで裾が末広がりに広がるものをガウチョパンツと言い、くるぶしあたりまでの長さがあり、全体的にゆったりと作られたものをワイドパンツと呼ぶようです。

ガウチョパンツはひらひらしてスカートのようなイメージがあり、ちょっとあまめのコーディネートになり、ワイドパンツはすっきりしたシルエットになりますのでメンズライクなコーディネートになります。

おしゃれなワイドパンツのコーディネートをご紹介☆

ワイドパンツはゆったりしたつくりのパンツですので上に着るシャツはウエストあたりでインするか、短めにするとバランスがいいです。秋冬で寒くなってきた場合は短めのジャケットかロング丈のカーディガンまたはコートなどで着こなしましょう。

また、ハイウエストで履き、ハイヒールなどかかとの高い靴を合わせることで足長効果も期待できます!

足元はサンダルならすっきりした印象に、カジュアルなスニーカーもおしゃれでいいですし、パンプスやおじ靴ならカジュアルになりすぎずオフィスにもピッタリですよ。

それではおしゃれママさんたちのお手本コーディネートをご紹介します^^

1.ニットベストがベストマッチ

ところどころに黒が入ることで全体が引き締まり、スッキリとした印象のコ-ディネートです。

ワイドパンツに今流行のニットベストの組み合わせはベストマッチ!!白い襟付きシャツを合わせるのもおしゃれです☆おじ靴もワイドパンツに合いますよね☆

2.デニムワイドパンツ×チェックシャツ

GUのデニムワイドパンツに黒のウィンドウペンのチェックシャツを合わせたマニッシュなコーディネート☆シャツの前側のすそをインすると、ワイドパンツとのバランスがよくなります。

足元をワインレッドのパンプスにすることで女性らしさもプラスです♡

3.ジャケットを合わせればオフィスもOK

ジャケットを合わせることでオフィスでもOKなコーディネートになります♪足元のパンプスもキチンと感アップ!ジャケットはすっきりしたシルエットのものを選びましょう☆

4.黒のワイドパンツでモノトーンコーデ

黒のワイドパンツに白のトップスを合わせたモノトーンコーディネート♡ピアスやリュックに付いているグレーのファーがアクセントです。洗練されたおしゃれな雰囲気がとってもステキですね!

5.ロングシャツがぴったり☆

ワイドパンツにはロング丈のはおりものがよく合いますね☆ロングシャツのほか、ロングカーディガンもおすすめです。縦にラインを作ることで着やせ効果も期待できます♡

今年の秋冬はワイドパンツで決まり☆

いかかでしたか?

ワイドパンツは様々なコーディネートにマッチします。頑張りすぎずにさらっと着こなせばおしゃれママに1歩近づくこと間違いなし!特にニットベストはワイドパンツ初心者にも合わせやすい着こなしです。

冬にはアウターにチェスターコートやロング丈のコートを合わせるといいですよ♪ぜひ今年流行のワイドパンツをチェックしてみてくださいね!

「ワイドパンツ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!