季語を使った秋生まれの名前のつけ方 9月・10月・11月生まれの男の子と女の子にぴったりの名付けをしよう!

妊娠がわかった日から、パパやママが抱える幸せな悩みの1つ。それは「子供の名前をどうするか」ですよね。性別がわかったらすぐ画数や姓名判断の本を買いに行った、ネットで「子供 名前」で検索する日々…なんてママも多いはずです。今回は、秋生まれの赤ちゃんに多く用いられる漢字や名前をいくつかご紹介します♪

9~11月・秋に生まれる赤ちゃんにぴったりの漢字・名前をご紹介♪

秋は「中秋の名月」「収穫の秋」など様々な呼ばれ方があるように1年の中でも「実りの季節」と呼ばれる季節です。

そんな秋に生まれる赤ちゃんに多く選ばれる漢字・その漢字を使った名前をいくつかご紹介します♪

名付けのヒントとして参考にしてみてください^^

1:「実りの秋」から…「実」

秋

秋は1年のなかでも果物や果実の収穫が盛んな季節♪

そんな季節に生まれる我が子にも「実り多き人生になりますように」と願いを込めて、『実』という漢字を使うパパママが多いようです^^

『実』という漢字は、中身の詰まった「木の実」を指します。他にも「満ちる」「実る」といった意味もあります。

『実』を使った名前・男の子

  • たくみ:拓実
  • みのる:実
  • まさみ:真実

『実』を使った名前・女の子

  • あさみ:麻実、亜沙実
  • あいみ:愛実
  • みのり:実乃里、実乃梨

2:「澄んだ気候」にちなんで…「澄」・「清」

秋といえば、空や空気が澄んでいて過ごしやすい行楽の季節としてもお馴染み。

清らかな水の流れや澄んだ空気を連想することから、『澄』や『清』などは秋生まれの赤ちゃんにぴったりと言われています♪

『澄』や『清』の漢字は曇りや濁りがなく、透きとおるという意味があります。澄み渡った青空のように、おおらかで心のひろい子に育って欲しいと使われることが多いようです。

『澄』『清』を使った名前・男の子

  • たくと:拓澄
  • はると:陽澄
  • ますみ:真澄
  • きよはる:清春

『澄』『清』を使った名前・女の子

  • あかり:澄空
  • すみか:澄花
  • さやか:清楓
  • せいら:清良

3:秋の風物詩・稲穂から…『穂』

稲穂

言わずと知れた秋の風物詩・黄金の稲穂の収穫期から季語の代表格として秋生まれの名前で使われることの多い『穂』という漢字。

『穂』には「実」と同様に「穀物の恵み」や「実りの多さ」の意味があります。

稲穂のように多くの実りをつけた豊かな人生を、と願って使われることが多いようです^^

『穂』を使った名前・男の子

  • ほだか:穂貴、穂高
  • ほまれ:穂希
  • ひでき:穂輝

『穂』を使った名前・女の子

  • ほのか:穂乃香、穂乃果
  • ほなみ:穂波、穂菜実
  • りほ:梨穂

4:中秋の名月ということで…「月」

『穂』に並ぶ秋の季語として多くの句に登場する秋ならではの漢字と言えばやはり『月』。

時間とともに形を変えていく月。そんな『月』という漢字には、
どのような場面においても臨機応変に対応ができる、周りの人を照らすことのできる存在、といった意味合いがあるとされています。

何よりも、美しく神秘的な印象から名付けに使われることが多いようです^^

『月』を使った名前・男の子

  • つきと:月人、月斗
  • ゆづき:悠月
  • つきひこ:月彦

『月』を使った名前・女の子

  • みづき:美月、実月
  • なつき:菜月
  • つきの:月乃

5:やっぱり外せない…「秋」

四季の1つである『秋』はやっぱり外せない。というパパママが多いようです。

作物が実って収穫できる季節そのものを表す『秋』という漢字には、「満ち足りている」といった意味があります。

また、男の子の読み方には訓読みの「あき」だけでなく、音読みの「しゅう」も人気なようです^^

『秋』を使った名前・男の子

  • あきと:秋都、秋人、秋音
  • あきひろ:秋寛 
  • しゅうへい:秋平

『秋』を使った名前・女の子

  • あきほ:秋穂
  • ちあき:千秋
  • あきは:秋葉

名前は生まれてくる赤ちゃんへの最初のプレゼント♪

秋生まれの赤ちゃんに多く用いられる漢字の数々、候補に入っているもの・これから入りそうなものはありましたか?♪

読み方や合わせる字によって名前の幅は本当に無限大…。その分悩んでしまいますが、生まれてくる我が子のことを考えて頭をひねる、とっても幸せな待ち遠しい時間ですよね^^

生まれてくる季節の漢字。名付けで悩まれている方は、是非ヒントにしてみてくださいね♪

「秋生まれ」「名前」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!