東海大学付属病院産婦人科(神奈川県伊勢原市)での出産体験談と口コミ

子宮内膜症の持病を抱えていた私は、個人の産院では出産ができず大学病院である「東海大学付属病院産婦人科」にて出産をしました。総合的な医療レベルは非常に高く、出産時の医師・助産師のサポート体制もしっかりしていました。産婦人科以外の科もあり、またNICUも完備している為母子共に安心して出産ができる病院です。

東海大学付属病院産婦人科で出産しました!

私は、神奈川県伊勢原市にある東海大学付属病院の産婦人科で出産をしました。

こちらの病院は大学病院ということもあり、医療体制や医療設備に関しては、この地域ではトップレベルだと思います。リスクのある出産や持病を抱えている人が多くみられますが、そのための設備などもあり安心して出産が出来る環境が整えられています。

医師の人数も多く、健診時の主治医が出産時も担当する事が多いようです。またNICUもあるので赤ちゃんの医療サポート体制も万全であり、院内もきれいで衛生面でも安心できると思います。

出産費用に関しては自然分娩で約65万~70万、帝王切開で約85万~90万との若干他の産院に比べると高めです。

東海大学付属病院の産婦人科のサービスは?

大学病院の産婦人科という事もあり常駐している医師も助産師の人数も多いです。医師・助産師ともにチームを組んでいるため、フォロー体制は万全だと思います。

持病やリスクのある出産の場合、他の科の医師との連携をスムーズに行ってくれる所も安心できます。

出産時には、出産前に提出するバースプランにそって行ってくれるので満足のいく出産ができました。また、陣通時に気分転換をしたい時などは、アロマも用意してくれる配慮も評価が高いです。

出産後は2日目から母子同室になり、退院までの5日間で育児指導や母乳指導をしっかり行ってくれるので、帰宅してからも育児がスムーズに行えました。

東海大学付属病院の産婦人科の総合評価

東海大学付属病院の産婦人科の万全な医療体制は、神奈川県内でもトップレベルといっても過言ではないと思います。また、医師・助産師ともに患者にしっかりと寄り添った医療サービスを行ってくれるのでとても安心できました。

唯一のデメリットはやはり、他の産院に比べると分娩費用が高い事です。しかし、安心を買ったと思えばそう高くは感じませんでした。

「産婦人科」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!