出産後の後陣痛はいつまで続くの?

辛い陣痛を経てやっと出産した後にくる後陣痛はほんとに辛いですよね。人によっても痛みに違いはあるようですが、私の後陣痛は陣痛よりずっと軽いものでした。でもいつまでこの痛みが続くのかと不安にもなりました。その体験と共に後陣痛いつまで続くのかをまとめました。

画像:news.ameba.jp

初めての「後陣痛」

ライターの後陣痛体験談

苦しい陣痛を経験して、赤ちゃんが子宮をするっと出てくる瞬間の喜びといったら、あれほど素敵な瞬間はありません。

しかしそんな喜びも束の間、お産が終わってベッドに運ばれてほっと寝ようとしたら、陣痛に似た激痛を感じました。後から聞けばそれがはじめて「後陣痛」を体験した瞬間でした。

私の後陣痛はこんな痛みでした

あれ?出産が終わったのにどうして?まるでお産が終わっていないかのようにぎゅーっと痛みがきました。
ゆっくり深呼吸をして耐えているとすーっとひいていきます。ひいた後はしばらく何もなかったようなほっとした時間がありました。

「伸びきった子宮が戻ろうとする力なので、あったほうが安心」だと後で聞きました。中には痛みが軽い人もいるそうですが、私の場合は結構痛かったな、と今でも覚えています。

後陣痛の中で一番辛かったのは、赤ちゃんを抱っこしている時に痛みがきたときです。座る体勢に座イスや円座を使うなど、工夫してやり過ごしました。

いつまで続く!?一般的な後陣痛

後陣痛の痛みや間隔は(20分くらい~1時間くらい)と人によってまちまちです。

また、入院中に子宮の回復が早い人は、収縮剤の投与を中止してもらいます。抗生剤を投与して後陣痛を緩和することができます。

後陣痛が起こっている間は話すこともできない程痛みがあるのですが、1日、2日と日数が経過すると、どんどん間隔も痛みも緩和され、1週間くらい経つと消えていました。
通常のお産であれば、一週間から一カ月ほどで後陣痛はまったく気にならなくなります。

授乳の際の、乳頭への刺激によって子宮収縮が促されるため、後陣痛が起きることがあるので注意して下さい。

まれに引き起こされる病気

激痛が頻繁に続く、痛みに我慢できない時は、まれに別の病気を引き起こしている場合もあるようです。

  • 産褥子宮付属器炎
  • 虫垂炎
  • 子宮筋腫の変性壊死
  • 卵巣嚢腫の茎捻転

詳しくはわからない!という方がほとんどだと思いますので、あまりに痛みがひどい場合は早めに医師に相談して診察を受けてください。

気を付けよう!後陣痛中のケア

画像:p.twipple.jp

体が元に戻ろうとしている大事な時期です。後陣痛があるということは、まだ完全に子宮が戻っていない証拠です。

できるだけ安静を心がけ、家事なども家族や家事代行サービスに頼むなどしましょう。

後陣痛の際には、お腹が陣痛の時のようにつっぱるので優しくマッサージすると緩和する場合もあります。代謝が上がると後陣痛も起きやすいため、入浴は湯船に長時間入らないようにしてください。

私が気を付けたこと

私が退院後気を付けたのは、体を元に戻すことを一番に考えるようにすることです。具体的には、後陣痛のある間はあまり日常生活を普段通りにこなそうとしないこと。

会陰の抜糸した後でも、後陣痛がひどいときは、入浴は湯船に長時間入らないようにしました。ただ、湯船に入っている最中に起きる後陣痛は和らぐので、そこはほっとしました。

二人目の時は後陣痛がなかったのか、年子の子育てに忙しくてわからなかったのか、気になりませんでした。

出産に伴う陣痛や後陣痛は母になった証♪

陣痛も後陣痛も経験しているときは、どうして自分ばかりが辛い思いをしてるんだろう、とついつい思ってしまうもの。

しかし母親になって、子育ての喜びを得るためには誰しも皆が経験しなくてはならないものです。赤ちゃんのために頑張ろう、という思い出乗り切りましょう!

「後陣痛」「いつまで」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!