六本木レディースクリニック院長

小山寿美江 先生

プロフィール

平成11年琉球大学医学部医学科を卒業し、東京医科大学病院救急救命センター、昭和大学病院産婦人科、木場公園クリニック分院にて院長として勤務。その後、平成28年より六本木レディースクリニックにて勤務、平成29年1月より院長を務める。

URL

https://www.sbc-ladies.com/

監修記事一覧

  • 【医療監修】卵管造影検査とは?痛みが強いのは本当?検査後の妊娠率

    【医療監修】卵管造影検査とは?痛みが強いのは本当?検査後の妊娠率

    「私って不妊症?」「不妊治療をしたいけれど、何から始めればいいのかな?」このような悩みや不安を抱えている人は数多くいます。不妊症の原因は男女さまざまですが、女性側の原因のうち約25~35%が卵管の病変によるものといわれています。卵管造影検査は、この卵管の病変をはじめ、さまざまなことが分かる検査です。検査の痛みが強いというイメージがあるかもしれませんが、丁寧にゆっくりと検査をすればそれほど痛くないのが通常ですし、どうしても痛みが我慢できない場合は、痛み止めが使用できることもありますので、不安な場合は事前に相談してみましょう。

    シンクアフェーズ

  • 【医療監修】男性不妊の原因とは?自然妊娠は可能?検査内容や治療方法を紹介

    【医療監修】男性不妊の原因とは?自然妊娠は可能?検査内容や治療方法を紹介

    不妊の原因は女性側にあることが多いと思う方は少なくないようですが、不妊の原因の約半数は男性側にあるとされています。不妊治療を考えても、恥ずかしかったり、夫婦生活について話をするのが嫌だったり、病院を受診することに抵抗があるかもしれませんが、検査自体は難しいものではありません。まずは問診だけでも受けてみて、治療が必要であれば早めに行いましょう。

    shiori24

  • 【医療監修】不妊検査ではどのようなことをする?検査内容と費用

    【医療監修】不妊検査ではどのようなことをする?検査内容と費用

    妊娠を希望しているにもかかわらず1年間妊娠しなかった場合は、不妊症である可能性があります。不妊治療はできるだけ早い段階から始めることが望ましく、検査を受けようと思ったら夫婦でできるだけ早く受診するとよいでしょう。ただし、二人のタイミングを合わせるのが難しいという場合は、女性だけでも早めに受診しておくとよいかもしれません。また、不妊検査は基本的に保険適用外となるため、検査内容や費用は事前に確認しておくと安心です。

    shiori24

  • 【医療監修】不妊症の定義とは?気になったらまずはチェック診断を

    【医療監修】不妊症の定義とは?気になったらまずはチェック診断を

    子供を望んでいてもなかなか妊娠できないと、「自分は不妊症なのでは?」と不安になりますよね。避妊をせず夫婦生活を送っていても一定期間妊娠しない場合、不妊症と診断されます。不妊症といってもいきなり病院に行くのはハードルが高い、そう思っている人もいるでしょう。そのような場合は、まず不妊症のセルフチェックをしてみてはいかがでしょうか?気になることや、チェックであてはまる部分があれば病院を受診してみるとよいかもしれません。

    shiori24

  • 【医療監修】タイミング法とは?治療の流れとステップアップの時期

    【医療監修】タイミング法とは?治療の流れとステップアップの時期

    タイミング法は、病院での排卵日特定や医師によるタイミング指導を除いては、自然妊娠とあまり変わらない不妊治療法です。一通りの不妊検査を経て不妊治療を行う際は、女性の年齢や体の状態にもよりますが、タイミング法から行うことが多いでしょう。医師の指導のもとタイミング法を行い妊娠しなかった場合は、不妊治療のステップアップを検討することもあります。

    shiori24

  • 【医療監修】二人目不妊で病院を受診する目安と検査内容や治療法

    【医療監修】二人目不妊で病院を受診する目安と検査内容や治療法

    一人目は自然妊娠できたのに、二人目はなかなか妊娠に至らないという人もいるでしょう。二人目不妊では、「すでに子供がいるのだからぜいたくな悩み」や「一人っ子ではかわいそう」といった二人目の妊活ならではの苦悩もあり、周囲の声にプレッシャーを感じてしまうことも。この記事では、二人目不妊の可能性がある場合、どのタイミングで病院を受診するとよいのか、どのような検査や治療を行うのかについてご説明します。

    shiori24