ポートサイド女性総合クリニック〜ビバリータ〜 院長

清水なほみ 先生

プロフィール

平成13年広島大学医学部医学科を卒業し、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科に勤務。その後平成22年9月に「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開設。

URL

http://www.vivalita.com/

監修記事一覧

  • 【医療監修】前駆陣痛と本格的な陣痛の違いは?出産までの流れと体験談

    【医療監修】前駆陣痛と本格的な陣痛の違いは?出産までの流れと体験談

    出産が近づいてくると「おなかの張りや痛みが陣痛なのではないか」と思うことがあるでしょう。前駆陣痛は分娩の準備段階で起こる不規則なおなかの張りや痛みで、出産が近づいていることを示しますが、前駆陣痛はすべての妊婦に起こるわけではありません。また、前駆陣痛が起こる時期や期間についても個人差があるため、おなかの張りや痛みを感じた場合は、いつでも病院に行けるよう準備をしておきましょう。

    なおちゃん

  • 【医療監修】妊娠初期から注意したい7つのこと。車や自転車の運転はできる?

    【医療監修】妊娠初期から注意したい7つのこと。車や自転車の運転はできる?

    妊娠が分かっての喜びもつかの間、つわりなどさまざまな悩みに苦しむ方も多いことでしょう。妊娠中の体はいつもとは全く違うもの。おなかが大きくないからといって妊娠前と同じように過ごす事はできませんよね。妊娠初期は、大切な赤ちゃんのために生活習慣の見直しや体のメンテナンスをする時期。この時期から注意すべきことを紹介します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】妊娠するために基礎体温を測ろう!測定のポイントや手順、婦人体温計をご紹介

    【医療監修】妊娠するために基礎体温を測ろう!測定のポイントや手順、婦人体温計をご紹介

    基礎体温は女性の体の状態を把握する上で重要な役割を持っています。毎日測定することで、月経周期や排卵の有無を確認することが可能です。妊娠を希望する場合はまず基礎体温を測定し、基礎体温表を作成してグラフにすることで自分の体の状態を確認することができます。基礎体温を測るときは通常の体温計でなく、婦人体温計を使うことがポイントです。基礎体温の測り方やさまざまな種類の婦人体温計をご紹介します。

    りん

  • 【医療監修】妊娠中毒症とは?原因や注意すべき合併症の特徴、治療法

    【医療監修】妊娠中毒症とは?原因や注意すべき合併症の特徴、治療法

    「妊娠中毒症」は以前用いられていた病名で、現在は「妊娠高血圧症候群」という名称で呼ばれています。妊婦の血圧が高く、尿タンパクが通常よりも多くなることが特徴です。自覚症状がない場合がありますが、吐き気や目のちらつきが出てきた場合、HELLP症候群(ヘルプ症候群)や子癇(しかん)といった合併症を起こしている可能性があるため、医師の診断を受けるようにしましょう。妊娠中毒症は放っておくと赤ちゃんの発育不全やママの脳出血などのリスクがあり、早期発見と治療が大切です。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】胸の張りはホルモンバランスの乱れが原因?生理前や妊娠、病気の可能性

    【医療監修】胸の張りはホルモンバランスの乱れが原因?生理前や妊娠、病気の可能性

    胸の張りを感じたことがあるという方はいるかと思います。胸の張りはホルモンバランスの乱れが関係していますが、生理前や妊娠初期症状だけでなく、乳腺症など乳腺組織の病気が原因であることも。生理前に現れる胸の張りと、妊娠初期の胸の張りに違いはあるのでしょうか。また、病気が原因で起こる胸の張りとはどのようなものかを詳しくご紹介します。

    小花

  • 【医療監修】人工妊娠中絶が可能な期間はいつまで?母体への影響や手術の方法と費用

    【医療監修】人工妊娠中絶が可能な期間はいつまで?母体への影響や手術の方法と費用

    人工妊娠中絶をするかどうかは簡単に決められることではないでしょう。中絶を考える理由や事情はさまざまかと思います。しかし、中絶は手術可能な期間に限りがあり、行う時期によって手術の方法が異なります。中絶は胎児の成長とともに母体への負担が大きくなることがあるため、できるだけ早めに病院に相談しその後の対応について決める必要があります。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠中期のおなかの張り。張ったときの対処法と病院の受診目安

    【医療監修】妊娠中期のおなかの張り。張ったときの対処法と病院の受診目安

    妊娠中期になるとつわりも落ち着き、安定期と呼ばれる時期に入るため、経過が順調であれば妊婦生活を楽しむことができるでしょう。このころにはおなかが張ることが出てきますが、少し休んで落ち着くようであれば心配いりません。張りの感じ方には個人差があり、心配ない張りとそうでない張りの判断をするのは難しいでしょう。おなかが張ったときには、まず安静にすることが大切です。安静にしても張りがおさまらないなど、病院を受診する目安をご紹介します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】「妊娠したい」と思ったら確認すべき、健康や生活のチェックポイント

    【医療監修】「妊娠したい」と思ったら確認すべき、健康や生活のチェックポイント

    赤ちゃんが欲しいと思うときには、まず自分自身の体を知り、より良い状態に保っておくことが大切です。赤ちゃんが育つ場所となる子宮にトラブルはないか、生理はきちんときているかといった健康上のことや、生活習慣や夫婦関係に問題はないかといった生活面のことも、より妊娠しやすい状況にするために確認しておきましょう。心身ともに元気な状態でいることは、妊娠するまでだけではなく、妊娠中や産後のことを考えてもとても重要です。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】妊娠初期につわりをほとんど感じないことはある?先輩ママの体験談

    【医療監修】妊娠初期につわりをほとんど感じないことはある?先輩ママの体験談

    妊娠をすると、つわりに苦しむのではないかと恐れている方も多いことでしょう。しかし、つわりには個人差があり、なかにはほとんど感じることがなく過ごしていたという方もいるのです。つわりは生理的な現象で、妊娠している証拠。全く症状が感じられない方は「本当に赤ちゃんがいるのか不安」と感じてしまうかもしれません。実際につわりがあまり感じられなかった方々の体験談をみてみましょう。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】妊娠36週目から臨月!胎児は成熟し胎動が減少、妊婦健診は週1回に

    【医療監修】妊娠36週目から臨月!胎児は成熟し胎動が減少、妊婦健診は週1回に

    妊娠36週目となると、10ヶ月目に突入し「臨月」となります。出産予定日まで残り1ヶ月になりましたね。おなかもずいぶんと大きくなって、何をするにも体が重いと感じる妊婦さんも多いでしょう。この時期には、赤ちゃんが骨盤内にはまるようにだんだんと下がってくるため、人によっては子宮による圧迫感から解放されてくるでしょう。妊娠36週目の妊婦さんと赤ちゃんの成長の様子や出やすい症状、この時期に早産した場合のリスクについてご紹介します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】妊娠21週目は妊娠期間の折り返し地点。妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    【医療監修】妊娠21週目は妊娠期間の折り返し地点。妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    妊娠21週目は出産予定日までちょうど半分、妊娠期間の折り返し地点です。この時期は、安定期に入って比較的体調は落ち着く時期ですが、貧血や立ちくらみ、便秘など妊娠特有のトラブルに悩まされることもあります。不調を感じたら無理をせず十分に休息を取るようにしましょう。胎児はますます動きが活発になり、脳神経も発達します。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠22週目、名前を考え始めてみては?妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    【医療監修】妊娠22週目、名前を考え始めてみては?妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    妊娠22週目は、母体、胎児共に大きく変化をしていく時期です。母体はおなかが大きくなることで、下腹部や足の付け根に痛みが出たり、おなか周りの皮膚が伸びることでかゆみが生じたり、妊婦特有のマイナートラブルが出てくる人もいるでしょう。胎児はさらに聴覚が発達し、徐々に子宮外の音も聞こえるようになってきます。胎動を感じたら、おなかに向かって積極的に話しかけてみてはいかがでしょうか?

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠23週目は胎児の外見が新生児に近づく!妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    【医療監修】妊娠23週目は胎児の外見が新生児に近づく!妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    妊娠23週目は妊娠6ヶ月の最終週にあたります。胎児の動きもさらに力強くなってきて、多くの人が胎動を感じるようになる時期です。日に日に大きくなるおなかの重みで背中や腰の痛みを感じることもあるかもしれません。胎児は体に脂肪を蓄え新生児とほぼ同じ体型になります。音を聞き分けられるようになるため、胎動を感じたらおなかに向かって話しかけてみるとよいでしょう。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠24週目の胎児の様子と妊婦に起こりやすいトラブルとは?

    【医療監修】妊娠24週目の胎児の様子と妊婦に起こりやすいトラブルとは?

    妊娠24週目になると、子宮が大きくなるにつれて胃がむかむかしたり、トイレが近くなったりする妊婦が増える時期です。おなかにガスがたまる、便秘といった引き続き症状も出やすくなります。今回は、妊娠24週目の赤ちゃんの大きさや体重、切迫早産の兆候についてご紹介します。おすすめの過ごし方と注意点もぜひ参考にしてみてくださいね。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠25週目の妊婦さんに起こりやすい症状と、胎児の様子

    【医療監修】妊娠25週目の妊婦さんに起こりやすい症状と、胎児の様子

    妊娠25週目は、個人差はありますが、比較的体調が安定している時期です。そろそろ出産に向けてベビーグッズの用意を始めたり、やっておきたいことを済ませたりする人もいるかもしれませんね。とはいえ無理は禁物。切迫早産の原因にもなりますので注意してくださいね。この時期の過ごし方や気になる症状、胎児の成長や特徴についてご紹介します。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠26週目の胎児の様子と妊婦に起こりやすいトラブルとは?

    【医療監修】妊娠26週目の胎児の様子と妊婦に起こりやすいトラブルとは?

    妊娠26週目は、妊娠7ヶ月の3週目にあたる時期です。胎児が成長してキック力が強くなるため、これまでより胎動を感じるようになります。おなかが張ることが増えたと感じる人もいるかもしれません。血糖値が上がりやすくなる時期なので、カロリーのとりすぎに気をつけ、バランスのとれた食事を心がけましょう。妊娠26週目の妊婦の様子や気をつけたいこと、胎児の成長についてご紹介します。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠27週目は胎児にまつげが生える!妊婦の体に起こる変化と胎児の様子

    【医療監修】妊娠27週目は胎児にまつげが生える!妊婦の体に起こる変化と胎児の様子

    妊娠27週目は、妊娠中期の最後の週。妊娠28週からは妊娠後期に入ります。おなかが大きくなるにつれて胃が圧迫されたり、静脈瘤(じょうみゃくりゅう)ができやすくなったりといったマイナートラブルが出てきます。この時期になると胎児の体の機能も完成に近づいてきます。妊娠27週の妊婦の体や気をつけたいこと、胎児の成長の様子をみていきましょう。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠28週目の胎児の様子と妊婦に起こりやすい症状とは?

    【医療監修】妊娠28週目の胎児の様子と妊婦に起こりやすい症状とは?

    妊娠28週目(妊娠8ヶ月)からいよいよ妊娠後期に入り、おなかが大きくなってくるため、腰に負担がかかってきます。できるだけ背筋をのばし、階段を上り下りするときは手すりをつかんでゆっくり動くことを心がけましょう。胎児は光や音、味やにおいがわかるようになり、脂肪がついてふっくらしてきます。呼吸の練習も始まり、着々と外の世界で生きていくための準備をしています。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠29週目の胎児の様子と妊婦にみられる症状とは?

    【医療監修】妊娠29週目の胎児の様子と妊婦にみられる症状とは?

    妊娠29週目。おなかや胸が大きくなるに従って妊娠線ができる人が増えてきます。妊娠線はおなかだけでなく、太ももやお尻にもあらわれます。保湿用のオイルやクリームでケアしましょう。胎児は自分で赤血球をつくることができるようになったり、脳にしわができ始めたりとぐんぐん発達していきます。妊娠29週目は妊婦と胎児にとってどのような時期なのかご紹介します。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠30週目の妊婦は貧血に注意。胎児は脳が急成長しています

    【医療監修】妊娠30週目の妊婦は貧血に注意。胎児は脳が急成長しています

    妊娠30週目は、妊娠8ヶ月の3週目です。おなかも大きくなり、妊娠線が目立ってくる時期で、おなかの皮が張った部分などがかゆくなることがあります。オイルやクリームを使った保湿ケアを意識したいですね。貧血になりやすい時期なので、鉄分を積極的にとりましょう。胎児は脳が急成長して、指を1本だけ吸うなどの細かい動きができるようになりました。妊娠30週目の母体の変化や胎児の成長について紹介します。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠検査薬で陰性でも妊娠の可能性はあるの?妊娠していた人の体験談

    【医療監修】妊娠検査薬で陰性でも妊娠の可能性はあるの?妊娠していた人の体験談

    妊娠を期待して妊娠検査薬を使ったにも関わらず陰性の判定が出るとがっかりしてしまいますよね。しかし、検査できる期間を守らずに検査をしたり(フライング検査)、誤った使い方をしたりした場合には、妊娠検査薬が陰性でも妊娠している可能性があります。そこで、今回は妊娠検査薬が陰性判定でも妊娠している場合について説明します。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠4週目の胎児(胎芽・胎嚢)の様子と妊婦に起こりやすい症状とは?

    【医療監修】妊娠4週目の胎児(胎芽・胎嚢)の様子と妊婦に起こりやすい症状とは?

    妊娠4週目とは、生理予定日~1週間までを指します。生理予定日を過ぎ、妊娠かもしれないと思い始める人が多い時期です。まだ母体に大きな変化はありませんが、妊娠検査薬でも陽性反応が出るようになります。妊婦さんの体も、敏感な方だと下腹部の痛みやおっぱいの張り、眠気が生じることがあります。この記事では、妊娠4週目の妊婦さんにみられる症状と赤ちゃんの変化を説明します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】妊娠5週目は胎嚢確認ができるようになる時期。妊婦に出やすい症状と胎嚢の様子

    【医療監修】妊娠5週目は胎嚢確認ができるようになる時期。妊婦に出やすい症状と胎嚢の様子

    妊娠5週目に入ると生理が遅れ妊娠に気づく方が出てくる時期です。早ければ妊娠初期症状が現れ、つわりや眠気、食べ物の好みの変化など、少しずつ体調が変化しているのを感じる方もいるかもしれません。妊娠検査薬で陽性反応が出たら一度産婦人科を受診しましょう。妊娠5週目で産婦人科を受診すると、多くの場合胎嚢を確認できます。妊娠5週目の胎児の様子や妊婦に現れる症状、注意点をご紹介します。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠6週目の妊婦に起こりやすい症状とは?胎嚢や胎芽の様子と注意点

    【医療監修】妊娠6週目の妊婦に起こりやすい症状とは?胎嚢や胎芽の様子と注意点

    妊娠6週は、妊娠2ヶ月の第3週目にあたります。超音波検査で胎児の芽である胎芽(たいが)を確認することができるようになります。また、早ければ心拍確認できる人も出てきます。妊娠6週は、赤ちゃんの成長が著しく、母体も大きく変化する時期です。妊娠6週で母体に出やすい症状や胎芽の様子、この時期の過ごし方や注意点についてご紹介します。つわりがひどくなる時期でもあるため、無理なく安静にして過ごしてくださいね。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠7週目は心拍確認ができる時期!胎児の様子と妊婦に出やすい症状とは

    【医療監修】妊娠7週目は心拍確認ができる時期!胎児の様子と妊婦に出やすい症状とは

    妊娠7週目になるとほとんどの人が胎児(胎芽)の心拍確認ができるようになります。胎芽、母体ともに変化が大きい時期ですが、胎芽は二頭身になり、脳や心臓、肝臓など体の重要な組織が次々と形成されていきます。母体もつわりなどの妊娠初期症状に悩まされる人が多いでしょう。妊娠7週の胎嚢や胎芽の大きさと妊婦の様子についてご紹介します。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠8週目の胎児の変化と妊婦に出やすい症状とは?出血と流産する確率

    【医療監修】妊娠8週目の胎児の変化と妊婦に出やすい症状とは?出血と流産する確率

    多くの人が妊娠が確実になり、予定日も確定する妊娠8週目。つわりの症状が強まり、体がデリケートになってさまざまな不調が現れてくる時期でもあります。まだ早期流産の可能性が高い時期でもあるので、日常生活でも無理をしないようにしましょう。妊娠8週の時期は妊婦さんと胎児にはどのような変化があるのでしょうか?出血や腹痛と流産との可能性も解説します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】胎児心拍数が速くなる妊娠9週目。妊婦に起こりやすい症状と胎児の様子

    【医療監修】胎児心拍数が速くなる妊娠9週目。妊婦に起こりやすい症状と胎児の様子

    妊娠9週目は、おなかの赤ちゃんが胎芽から胎児へと変わりさらに成長していきます。胎児心拍が最も速くなる時期で、胎児の成長とともに母体にもさまざまな変化が現れます。徐々に子宮が大きくなることで感じるおなかの違和感や、ホルモン分泌の影響によって肌の色素沈着が起こることがあります。もし仕事をしている場合は、体調不良による業務調整が必要となったときのことを考えて、上司への妊娠の報告をしておくようにしましょう。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠10週目の胎児の様子と妊婦に起こりやすい症状とは?

    【医療監修】妊娠10週目の胎児の様子と妊婦に起こりやすい症状とは?

    妊娠10週は、つわりや体のだるさなど妊娠初期の症状に悩まされる時期です。胎児はだんだん人間らしい形になってきており、母体の血液を子宮に優先的に送り込むため、立ちくらみなどの症状が出るすることがあります。この時期は母体、胎児ともに大きな変化が出るため、不調を感じたら無理をせずに休むようにしましょう。妊娠10週目の胎児の大きさや様子、母体に起こりやすい症状についてご紹介します。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠15週目は胎児の主要な器官が完成する時期。妊婦と胎児の様子や過ごし方と注意点

    【医療監修】妊娠15週目は胎児の主要な器官が完成する時期。妊婦と胎児の様子や過ごし方と注意点

    妊娠15週目は妊娠4ヶ月の最終週です。胎児は、妊娠初期から始まった脳や心臓といった主要な器官形成が完了し、ますます人間らしいからだつきへと変化していきます。母体は個人差があるものの、つわりが落ち着いてきて体調がよくなってくる頃。胎盤が完成し、胎盤を通して胎児に栄養を送るようになります。体調がよくなることで気にしたいのが体重の増加です。急な体重増加は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を引き起こすことがあるため、体重管理をしていくことが大切です。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠16週目はいよいよ安定期!妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    【医療監修】妊娠16週目はいよいよ安定期!妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    妊娠16週になると、妊娠5ヶ月に入り安定期を迎えます。ほとんどの妊婦がつわりの症状から解放され、体調がよくなってきたと思う人が増えてくる時期でしょう。妊娠16週は、さらにおなかが大きくなり体全体がふっくらとしてきます。体調に問題がなければ、無理のない範囲で運動や散歩をしてみてもよいでしょう。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠17週目は胎児に脂肪がつき始める頃。妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    【医療監修】妊娠17週目は胎児に脂肪がつき始める頃。妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    妊娠17週目は妊娠5ヶ月の2週目にあたる時期です。安定期に入り、胎児の成長とともに子宮が大きくなることで、母体にかかる負担が大きくなってくるでしょう。胎児は体に胎脂がつき始め、よりふっくらとした顔つきになってきます。また、この時期は自治体や産婦人科主催の母親学級に参加してみるとよいでしょう。出産の流れや準備しておくものなど、医師や助産師による指導を受けることができます。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠18週目は性別の確認ができることも!妊婦と胎児の様子、この時期の過ごし方

    【医療監修】妊娠18週目は性別の確認ができることも!妊婦と胎児の様子、この時期の過ごし方

    妊娠18週は、妊娠5ヶ月の第3週目です。胎児の向きや位置によっては性別の確認ができたり、胎動を感じ始めたりする人も出てくるでしょう。母体は胎児の成長とともにさらにおなかが出てきて、腰痛や痔などのトラブルに悩まされることもあるため、無理せず規則正しい生活を心がけましょう。この時期の胎児は五感の発達が進み、聴覚や触覚がほぼ完成します。産毛が生え、体は二頭身から三頭身へと変化していく時期です。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠19週目は胎動を感じる人も。妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    【医療監修】妊娠19週目は胎動を感じる人も。妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    妊娠19週目になると、出産に向けて骨盤がゆるんでくることや、おなかが大きくなってきたことで腰痛が起こりやすくなります。症状を悪化させないためにも十分に休息を取り、無理をしないように過ごすことが大切です。この時期の胎児は、産毛だけでなく髪の毛や眉毛が生えてきて動きもさらに活発になってくるでしょう。胎動を感じる人も増えてくる時期です。

    マムマム

  • 【医療監修】妊娠20週目は胎児の睡眠リズムが整う頃。妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    【医療監修】妊娠20週目は胎児の睡眠リズムが整う頃。妊婦、胎児の様子とこの時期の過ごし方

    妊娠20週は妊娠6ヶ月の第1週目にあたります。体調が落ち着き、心身ともに楽になってきたという人もいるのではないでしょうか?しかし、おなかが大きくなってくることで、腰痛や胃の圧迫感などのトラブルに悩まされることもあります。安定期であっても無理せずゆったりと過ごすようにしましょう。胎児は、徐々に睡眠のリズムが整ってくる時期です。積極的に話しかけて胎児とのふれあいを楽しみましょう。

    マムマム

  • 【医療監修】切迫流産や切迫早産の治療薬ウテメリンとは?副作用と費用

    【医療監修】切迫流産や切迫早産の治療薬ウテメリンとは?副作用と費用

    切迫流産や切迫早産と診断された際に使うウテメリン。状態によって服用するタイプの錠剤を処方されるか、絶対安静となり入院して点滴による治療を受けるかが異なります。流産や早産の進行を抑制する効果がある一方で、母体や胎児に副作用が現れる可能性もあるため、使用する前にはしっかり薬について理解する必要があります。ウテメリンの効果や副作用、治療における費用についてご紹介します。

    あさこっち

  • 【医療監修】妊娠12週目はつわりが治まってくる時期。妊婦、胎児の様子と、知っておきたいこと

    【医療監修】妊娠12週目はつわりが治まってくる時期。妊婦、胎児の様子と、知っておきたいこと

    妊娠12週目は、人によってはつわりが徐々に落ち着いてくるため、食欲が増してくることがあるかもしれません。つわりの反動で食べ過ぎてしまうことがないように体重管理をし始めるとよいでしょう。胎児は顔や体に胎毛が生えてきて、体つきもより人間らしくなってきます。妊婦健診の超音波検査は、経膣エコーから経腹エコーへと変わり、おなかの上から胎児の様子をみることができます。この時期に妊婦に出やすい症状や胎児の様子についてご紹介します。

    スマイル!

  • 【医療監修】妊娠13週目は胎児が活発になる時期。妊婦、胎児の様子と知っておきたいこと

    【医療監修】妊娠13週目は胎児が活発になる時期。妊婦、胎児の様子と知っておきたいこと

    妊娠13週目、徐々につわりも落ち着いてきたという人がいるのではないでしょうか?この時期になると、おなかが大きくなり始めて今まで着ていた洋服が窮屈に感じるようになるかもしれません。そのため、ゆったりした服やマタニティ用の服を準備しておくとよいでしょう。また、おなかが大きくなることで便秘にもなりやすい時期です。胎児は形成中の器官が完成に近づき、手足を活発に動かすようになります。

    スマイル!

  • 【医療監修】妊娠14週目は胎児が活発に動き出す時期。妊婦、胎児の様子と過ごし方

    【医療監修】妊娠14週目は胎児が活発に動き出す時期。妊婦、胎児の様子と過ごし方

    妊娠14週目は、妊娠4ヶ月の3週目にあたり安定期までもう少しです。つわりがおさまってきて体調が落ち着いてくる人もいるでしょう。個人差はありますが、少しずつおなかが大きくなってくる時期でもあります。おなかが大きくなると、皮膚が引っ張られることによってかゆみが出たり、もう少し週数が進むと妊娠線ができたりする場合もあるため、今から保湿などのケアをするとよいでしょう。

    スマイル!

  • 【医療監修】稽留流産とは?診断された場合の対応と、その後の妊娠率

    【医療監修】稽留流産とは?診断された場合の対応と、その後の妊娠率

    妊娠が分かって喜びや不安が入り混じる気持ちもつかの間、健診で「稽留(けいりゅう)流産」と告げられた場合、どうしたらよいのでしょうか。突然の宣告である場合が多く、妊婦健診で胎児との対面を楽しみにしていた方にとってショックは図り知れません。しかし、稽留流産をしてしまった場合、手術を受けるか、待機するかの選択をする必要があります。手術や待機に関する考え方は医師によって異なりますが、どのような選択肢があるのか知っておきましょう。

    コロ

  • 【医療監修】子宮頸管ポリープとは?症状や治療法、妊娠中に見つかった場合は?

    【医療監修】子宮頸管ポリープとは?症状や治療法、妊娠中に見つかった場合は?

    子宮頸管ポリープという病気を耳にしたことがあるでしょうか?ポリープは、きのこのような形のできもので、良性のものと悪性のものがありますが、子宮頸管ポリープのほとんどは良性です。症状によって、経過観察をする場合もあれば、切除する場合もありますが、妊娠中に見つかった場合にはどのような対応をするのでしょうか。妊娠中に子宮頸管ポリープが見つかった方の経験談もご紹介します。

    yukinon

  • 【医療監修】妊娠後期に起こるむくみの原因とは?症状がやわらぐ対処法と体験談

    【医療監修】妊娠後期に起こるむくみの原因とは?症状がやわらぐ対処法と体験談

    むくみは妊娠中に起こりやすい症状の一つです。特に足に症状が出やすく、出産するまで症状が続く場合もあります。妊娠中はホルモンバランスの影響や、おなかが出てくることによってむくみが起こりやすい時期ですが、妊娠後期に起こるむくみにはいくつかの原因があります。食生活の見直しや足を温めるなど、日常生活の中で取り入れることができる対処法をご紹介します。

    ゆーこりん

  • 【医療監修】着床出血とは?出血量や基礎体温など生理との違いや体験談

    【医療監修】着床出血とは?出血量や基礎体温など生理との違いや体験談

    医学的には「着床出血」というものは存在しませんが、受精卵が子宮に着床する時期に少量の出血が見られることがあり、一般的にはこれを「着床出血」と呼んでいるケースが多いようです。生理の出血との違いは出血量と基礎体温です。高温期に入って1~2週間後に少量の出血がみられ、その後高温期が続いた場合は着床出血である可能性があります。妊娠するすべての人に着床出血が起こるわけではないため、妊娠を希望している場合は、基礎体温をしっかりと計測しておくようにしましょう。着床出血と生理の違いや体験談をご紹介します。

    ゆーこりん

  • 【医療監修】排卵痛と排卵日、妊娠は関係がある?痛みが起こる原因と期間

    【医療監修】排卵痛と排卵日、妊娠は関係がある?痛みが起こる原因と期間

    排卵日が近くなると下腹部が痛くなったり、張りを感じたりする排卵痛がある方もいるのではないでしょうか。妊娠を希望している場合は自分の排卵日がいつなのかしっかりと把握しておきたいですよね。排卵痛が起こることで、排卵日が近いことを推測できるため、妊娠を考えている場合はタイミングをとる指標にもなります。しかし、排卵時の痛みは病気によって引き起こされる可能性もあるため、痛みの継続期間や体の不調がある場合は、病院で医師に相談するようにしましょう。

    ゆーこりん

  • 【医療監修】妊娠中はカンジダ膣炎になりやすい?赤ちゃんへの影響と治療中の注意事項

    【医療監修】妊娠中はカンジダ膣炎になりやすい?赤ちゃんへの影響と治療中の注意事項

    女性であれば誰もがかかる可能性があるといわれている「カンジダ膣炎」ですが、妊娠中は膣内環境が変わることで、いつも以上に症状が出る可能性が高くなるといわれています。症状が出ている場合は治療する必要がありますが、妊娠中にかかった場合は、産道感染を防ぐためにも出産までに治しておくようにしましょう。カンジダ膣炎の症状や、赤ちゃんへの影響について説明していきます。

    ゆーこりん

  • 【医療監修】つわりとケトン体の関係とは?妊娠悪阻の影響と治療方法

    【医療監修】つわりとケトン体の関係とは?妊娠悪阻の影響と治療方法

    ケトン体という言葉をご存知ですか?ケトン体は体内の脂肪をエネルギーに変える際にできる物質のことを指します。つわりの症状がひどく水分や食事がとれなくなると、体内の脂肪をエネルギーに変えようとしてケトン体が過剰に生成されるため、ケトン体が出ていることがつわりの重症度をはかる目安となります。ケトン体が出ている場合は、点滴をするなどの治療が必要になることがあります。

    ゆーこりん

  • 【医療監修】副乳とは?どのような場所にできる?原因や治療法、体験談

    【医療監修】副乳とは?どのような場所にできる?原因や治療法、体験談

    「副乳」という言葉をご存知でしょうか?副乳は、通常の乳房のほかに乳房や乳頭などがある状態のことを差しますが、決して珍しいものではありません。妊娠をきっかけに副乳の存在に気がつくことがあります。副乳はどのような場所にできるのか、また、出産や授乳に影響があるのか、トラブルがあった場合はどのように対処すればよいかについてみていきます。

    yukinon

  • 【医療監修】プロゲステロン(黄体ホルモン)とは?正常な数値はどれくらい?

    【医療監修】プロゲステロン(黄体ホルモン)とは?正常な数値はどれくらい?

    妊娠を希望する方であれば、プロゲステロン(黄体ホルモン)という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。プロゲステロンは女性ホルモンの一種で、妊娠に際して非常に重要な役割を担っています。この記事では、プロゲステロンの働きや作用、正常値や、少ない場合に考えられる病気についてご紹介します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】尖圭コンジローマとは?症状と治療法、妊娠中にかかった場合のリスク

    【医療監修】尖圭コンジローマとは?症状と治療法、妊娠中にかかった場合のリスク

    尖圭(せんけい)コンジローマは性感染症の一つで、主に性行為によって感染します。一度感染すると治療後再発することもあるため、自分自身だけでなくパートナーの診察や治療も大切です。また、妊娠中に発症、再発すると出産時に母子感染する可能性があるため出産までに治療をしておくようにしましょう。症状の進行を防ぐためにも早めの治療が肝心です。

    yukinon

  • 【医療監修】陣痛促進剤を使うと自然な陣痛より痛みが増すって本当?先輩ママの体験談

    【医療監修】陣痛促進剤を使うと自然な陣痛より痛みが増すって本当?先輩ママの体験談

    出産時なかなか陣痛が起こらなかったり、遠のいてしまったりしたときに使用される陣痛促進剤。陣痛促進剤にはいくつかの種類があり、必要であれば医師の判断により使用されます。効き方には個人差があるといわれており、投与後すぐにお産が進む人がいれば、なかには効かないという人も。陣痛促進剤を使うと本当に痛みが増すのか、実際に陣痛促進剤を経験した方の体験談をご紹介します。

    田楽

  • 【医療監修】羊水検査でわかる胎児異常の可能性と疾患の種類

    【医療監修】羊水検査でわかる胎児異常の可能性と疾患の種類

    出生前診断や新型出生前診断で陽性が出た場合、診断の確定検査として行われるのが羊水検査です。検査を受けるか否かは自己判断となりますが、高い精度で胎児の染色体異常や遺伝子異常の診断が出るため、検査を受ける選択をする人も増えています。羊水検査を受けることでわかる胎児疾患の可能性や疾患の種類についてご紹介します。

    マリー

  • 【医療監修】「臨月に入ると胎動が減る」って本当?特徴や注意すべきポイント

    【医療監修】「臨月に入ると胎動が減る」って本当?特徴や注意すべきポイント

    「臨月には胎動が減る」ということを耳にしたことがある方がいると思いますが、それは本当なのでしょうか。赤ちゃんは、20分〜30分ごとに寝たり起きたりを繰り返していますが、大人のように、人によって睡眠時間が異なるということはありません。寝ている時間以外であれば、少なからず胎動を感じるのが通常です。臨月の胎動について、先輩ママの体験談も交えて紹介します。

    ゆっぽん

  • 【医療監修】妊娠中は口唇ヘルペスになりやすい?症状や治療の方法と体験談

    【医療監修】妊娠中は口唇ヘルペスになりやすい?症状や治療の方法と体験談

    妊娠中に口唇ヘルペスができてしまったという経験をお持ちの方はいらっしゃるかと思います。口唇ヘルペスは、体調がよくないときや、免疫力が落ちているときに発症しやすく、初回の感染後に症状が落ち着いても、体内にウイルスは残るため再発する可能性があります。妊娠中は、さまざまな不調が起こりやすい時期のため、それに伴い口唇ヘルペスができてしまうことも。口唇ヘルペスの症状と治療方法、妊娠中に口唇ヘルペスを体験したママたちの体験談をご紹介します。

    kirakira_mama

  • 【医療監修】妊娠中の子宮筋腫のリスク。分娩方法や産後の注意点

    【医療監修】妊娠中の子宮筋腫のリスク。分娩方法や産後の注意点

    婦人科系の疾患としてよく知られている子宮筋腫。妊娠が判明してから妊婦健診で子宮筋腫が見つかるということがあります。もし子宮筋腫が見つかった場合、妊娠中に治療はできるのか、出産には影響がないのかなど気になりますよね。妊娠中の子宮筋腫は経過観察していくことが基本とされていますが、下腹部痛などが生じている場合や、子宮以外の臓器を圧迫しているような状況であれば手術が検討されることもあります。

    m-taka10969

  • 【医療監修】妊娠初期の中絶はいつまで?週数によって異なる手術の方法とリスク

    【医療監修】妊娠初期の中絶はいつまで?週数によって異なる手術の方法とリスク

    妊娠は多くの女性にとって喜ばしいことでしょう。しかし望まない妊娠で苦しむ女性もいます。もし中絶手術を受けることになった場合は、体への負担を考えできるだけ早めに手術を受ける必要があります。妊娠初期の中絶手術の方法や費用は手術を受ける時期によって異なるため、不安なことがある場合は医師に相談するようにしましょう。

    ゆなまま

  • 【医療監修】産後のセックスは痛い?再開可能な時期と痛みの理由

    【医療監修】産後のセックスは痛い?再開可能な時期と痛みの理由

    産後1ヶ月の健診で問題がなければ出産前の生活に戻ることができます。しかし出産の痛みを経験すると、セックスを再開するのが怖くなってしまうという方はいるはずです。また、産後は慣れない育児に困惑したり、ホルモンバランスの影響で体調が安定しなかったりとママにとっては心身共に疲れがたまる時期です。産後のセックス再開は、無理なく夫婦でコミュニケーションを取りながら少しずつ行っていきたいものですね。

    makikoak①

  • 【医療監修】授乳時に乳首が痛くなる原因とは?痛みを感じたときの対処法

    【医療監修】授乳時に乳首が痛くなる原因とは?痛みを感じたときの対処法

    赤ちゃんが生まれてうれしい反面、授乳時の痛みに耐えられずつらさを感じているママはいらっしゃるのではないでしょうか。授乳の時間はママと赤ちゃんのスキンシップの時間ともいわれていますが、おっぱいのトラブルを抱えてしまうことも少なくありません。おっぱいの張りや乳首の痛みなどがつらくて、もう授乳をやめたいと思ったことはありませんか?特に初めての出産の場合、慣れない授乳で痛みが続いてつらいという方もいるでしょう。痛みの原因や対処法をご紹介します。

    m-taka10969

  • 【医療監修】人工授精の年齢別妊娠率は?ステップアップするタイミングや見直したい生活習慣とは

    【医療監修】人工授精の年齢別妊娠率は?ステップアップするタイミングや見直したい生活習慣とは

    人工授精は不妊治療の中でもより自然妊娠に近い方法とされています。通常タイミング法の次に行われる不妊治療ですが、妊娠率は年齢によって異なります。人工授精をして妊娠に至らなかった場合、どのタイミングで体外受精や顕微授精にステップアップしたらよいか気になりますよね。人工授精の実施回数や妊娠率、妊娠率に関係のある生活習慣についてご紹介します。

    ぽち

  • 【医療監修】基礎体温グラフで分かること、波形ごとのタイプ別に解説

    【医療監修】基礎体温グラフで分かること、波形ごとのタイプ別に解説

    基礎体温はつけていますか?基礎体温グラフをつけると月経周期だけでなく、排卵の有無やホルモンの状態などさまざまな事が分かります。こちらの記事では基礎体温のグラフから分かることをグラフのパターン別に紹介します。理想の基礎体温グラフも紹介しますので、自分の基礎体温グラフと比べてみてくださいね。

    モジャミーヌ

  • 【医療監修】内診グリグリとは?出産までの時間や痛みの強さの体験談

    【医療監修】内診グリグリとは?出産までの時間や痛みの強さの体験談

    妊婦さんの間で「内診グリグリ」と呼ばれる、出産予定日が近くに行われる医療行為があります。正式には卵膜剥離(らんまくはくり)と呼ばれる処置ですが、「とても痛いらしい」「すぐに陣痛がくるらしい」などと、さまざまな声が聞かれますね。この記事では、内診グリグリがどのような処置なのか、そして実際に経験した方の体験談をご紹介します。

    perimama

  • 【医療監修】妊婦健診で経腹エコーをするのはいつから?経膣エコーとの違い

    【医療監修】妊婦健診で経腹エコーをするのはいつから?経膣エコーとの違い

    妊娠すると、数週間に一度通うことになる妊婦健診。健診ではさまざまな検査しますが、エコーもその一つです。妊婦健診で行うエコーには、経膣エコーと経腹エコーの2種類があり、妊娠初期は経膣エコーを毎回行うのが一般的ですが、週数によっては初診から経腹エコーを行う場合もあります。この記事では、経膣エコーと経腹エコーの違いと、実際に経腹エコーを経験した方の体験談をご紹介します。

    miuriko3

  • 【医療監修】エコー写真を妊娠の経過別に紹介!写真の見方や性別の見分け方

    【医療監修】エコー写真を妊娠の経過別に紹介!写真の見方や性別の見分け方

    妊娠中の超音波検査でエコー写真をもらうことがあるでしょう。エコー写真は赤ちゃんの様子を確認することができますし、いつまでも保管していきたいものですよね。妊娠20週以降になると、場合によっては赤ちゃんの性別を確認することができるようになります。妊娠の経過ごとにエコー写真を詳しくみてみましょう。自分が当てはまる妊娠週数のエコー写真をチェックしてみるのもよいかもしれません。

    panda01238

  • 【医療監修】微弱陣痛になりやすい体質がある?微弱陣痛の種類と分娩中のリスク

    【医療監修】微弱陣痛になりやすい体質がある?微弱陣痛の種類と分娩中のリスク

    微弱陣痛という言葉を聞いたことがあるかと思います。微弱陣痛は、分娩開始当初から起こる場合と、分娩途中で起こる場合がありますが、微弱陣痛になると、思うようにお産が進まなくなるため、状況によっては吸引分娩や帝王切開にて出産を行う必要が出てきます。分娩中に、どのタイミングで微弱陣痛が起こるかによってリスクや出産方法も異なります。微弱陣痛の種類や分娩時の対応についてご紹介します。

    SKY_R_81

  • 【医療監修】胎児ドックとは?検査でわかる胎児の異常と検査内容について

    【医療監修】胎児ドックとは?検査でわかる胎児の異常と検査内容について

    胎児ドックは、胎児の染色体異常や遺伝子異常の可能性について調べるための検査です。胎児超音波検査や血清マーカー検査などで陽性反応が出た場合は、絨毛検査や羊水検査によって確定診断を受けることになります。検査結果によってはその後の治療などについて検討する必要があるため、検査を受ける前にはまずカウンセリングを受けるとよいでしょう。

    AAA

  • 【医療監修】hCG注射とは?知っておきたい効果と副作用

    【医療監修】hCG注射とは?知っておきたい効果と副作用

    hCG注射(絨毛性性腺刺激ホルモン)は、不妊治療で使われるもので、目的は大きく分けて「排卵させること」と「黄体ホルモンの補充」の2つが挙げられます。排卵を促すことでタイミングを取りやすくなりますが、副作用もあるため、使用する際には注意が必要です。そこで、hCG注射の目的や効果、副作用をご紹介します。hCG注射を打つ前に確認しておくようにするとよいでしょう。

    olivemama

  • 【医療監修】自然流産とは?原因や不育症との関係、流産後の妊娠について

    【医療監修】自然流産とは?原因や不育症との関係、流産後の妊娠について

    妊娠してうれしい反面、誰もが少なからず流産の心配をしてしまいますよね。特に妊娠初期は流産をしやすい時期のため、心身共に不安定になってしまう場合もあるでしょう。流産といってもさまざまな種類があり、流産を繰り返してしまう状態は不育症と呼ばれます。自然流産はどのようなことが原因で起こるのか、体のケアや流産後の妊娠について解説します。

    banff

  • 【医療監修】お迎え棒とは?妊娠中の性行為はしても大丈夫?注意点や体験談をご紹介

    【医療監修】お迎え棒とは?妊娠中の性行為はしても大丈夫?注意点や体験談をご紹介

    妊娠中はおなかの張りや赤ちゃんのことが気になってあまり積極的にスキンシップを取れないと思う方がいるかと思います。しかし妊娠の経過が良好であれば、必要以上にスキンシップを避ける必要はありません。しかし、出産予定日が近づいてくると、体も出産に備えて準備を始めるため、慎重になる必要があります。お迎え棒とはどのようなものなのか、注意点と体験談をご紹介します。

    kaede

  • 【医療監修】アンタゴニスト法とは?採卵方法とメリット、デメリット

    【医療監修】アンタゴニスト法とは?採卵方法とメリット、デメリット

    アンタゴニスト法は顕微授精や体外受精にステップアップして、採卵を試みる際に行う卵巣刺激法の一つです。採卵する上で多くの成熟卵を育てるのに有効な方法ですが、メリットやデメリットがあります。アンタゴニスト法の特性を理解した上で治療を進めていきましょう。顕微授精や体外受精を検討中の方は参考にしてみてください。

    モモママ

  • 【医療監修】不正出血とは?月経以外で起こる出血の原因や考えられる病気について

    【医療監修】不正出血とは?月経以外で起こる出血の原因や考えられる病気について

    毎月の月経以外で出血が起こったという経験がある方はいるかと思います。通常出血しないはずの時期に少量でも出血が起こるということに不安を感じることもあるでしょう。不正出血にはいくつかの原因がありますが、排卵期に起こる排卵出血や、妊娠に伴う出血も不正出血の一つです。月経以外で起こる出血の原因や不正出血によって考えられる病気について詳しくご説明します。

    もも桜

  • 【医療監修】子作りに適した年齢とタイミングは?妊娠しやすい回数と生活改善

    【医療監修】子作りに適した年齢とタイミングは?妊娠しやすい回数と生活改善

    妊娠には、適した年齢とタイミングがあります。女性は、年を重ねるごとに卵子の数や質が低下していくといわれており、男性も同様に精巣機能が低下していきます。つまり、妊娠できる確率は年齢と共にどんどん下がっていくということ。そのため、妊娠を望む場合、適したタイミングで子作りすることが重要です。タイミングを逃さないために、まずは排卵日を特定し、より妊娠しやすい体にするための生活改善を行いましょう。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】胎嚢(たいのう)とは?確認方法や確認できる時期を知ろう

    【医療監修】胎嚢(たいのう)とは?確認方法や確認できる時期を知ろう

    妊娠検査薬で陽性反応が出ると、わくわくしながら病院を受診しますね。産婦人科を受診すると、超音波検査で胎嚢(たいのう)の確認が行われますが、この「胎嚢」という言葉を妊娠して初めて知ったという方がいるかもしれません。この記事では、胎嚢を確認する方法、胎嚢の役割や胎嚢が確認できる時期についてご紹介します。初診の際に胎嚢が確認できず、再診の指示が出る場合もありますが、その原因についてもご説明します。

    kaede

  • 【医療監修】経産婦の子宮口は開きやすい?出産の所要時間と実際の体験談

    【医療監修】経産婦の子宮口は開きやすい?出産の所要時間と実際の体験談

    経産婦は子宮口が開きやすいということを聞いたことがあるかもしれません。初産のときに、子宮口がなかなか開かず出産までに時間がかかったという方もいるのではないでしょうか。一度出産を経験すると、産道が柔らかくなり次の出産のときに子宮口の開きが早まる可能性があります。2人目以降の出産で、子宮口の開きが早かったというママたちの体験談をご紹介します。

    ヤマダ

  • 【医療監修】コンドームの避妊率は?ゴムをつけても妊娠する理由とピルなどの避妊法

    【医療監修】コンドームの避妊率は?ゴムをつけても妊娠する理由とピルなどの避妊法

    避妊方法にはたくさんの種類がありますが、どの種類でも避妊率が100%というものはありません。そのなかでも、日本でもっともポピュラーな避妊方法と言えるコンドームですが、その避妊率は約85%と言われています。使用するタイミングや方法によって妊娠する可能性があるため、コンドームだけでは十分に避妊できるとは言えません。では、コンドーム以外の避妊方法にはどのようなものがあるのでしょうか。ピルやIUDなどの方法について説明します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】ノンストレステスト(NST)とは?目的や方法、グラフの見方を紹介

    【医療監修】ノンストレステスト(NST)とは?目的や方法、グラフの見方を紹介

    妊娠後期に入ると、分娩監視装置をつけてノンストレステスト(NST)を行うことがあります。ストレスの無い状態で胎児の様子を確認し、母体が出産を迎える準備ができているかどうかを見極める検査です。検査を行う時期は病院によって異なりますが、妊娠36週以降に行われる場合が多いでしょう。テストの方法やグラフの見方をご紹介します。

    sndmii

  • 【医療監修】羊水が少なくなる「羊水過少症」とは?治療法や胎児への影響

    【医療監修】羊水が少なくなる「羊水過少症」とは?治療法や胎児への影響

    妊娠中、子宮内の羊水が少なくなってしまうことを羊水過少と呼びますが、子宮内の羊水が100ml未満になると「羊水過少症」と診断されます。羊水過少症の約半数は破水が原因とされていますが、その他にも母体側と胎児側のさまざまな原因で起こる可能性があります。羊水が少なくなると胎児にも影響が出ることがあるため、人工羊水を注入するなどの治療が必要です。羊水過少症の原因や治療法、気になる胎児への影響について詳しくご紹介します。

    nofcat2

  • 【医療監修】クラミジア感染症とは?妊娠中にかかると赤ちゃんに影響はある?

    【医療監修】クラミジア感染症とは?妊娠中にかかると赤ちゃんに影響はある?

    クラミジア感染症は自覚症状が少ないため、気づかぬ間にパートナーにうつしてしまう可能性があります。妊娠中のクラミジア感染症は胎児に危険を及ぼす可能性があります。そこでクラミジア感染症について詳しく解説します。原因や症状、治療法などの知識をしっかり身に着けておきましょう!

    ママリ編集部

  • 【医療監修】横位は出産までに直る?治療方法と出産方法、体験談をご紹介

    【医療監修】横位は出産までに直る?治療方法と出産方法、体験談をご紹介

    横位(おうい)という言葉をご存知ですか?骨盤位(逆子)はよく聞くかもしれませんが、横位はあまり聞いたことがないという方もいるのではないでしょうか。横位は骨盤位と同じように胎児の体の向きを表す言葉で、胎児の頭が下を向く「頭位」の状態が正常です。妊娠の経過で横位になってしまっても、出産までの間に頭位に戻ることがあるため、あまり心配する必要はありません。胎位の中でも珍しい横位とはどのような状態なのか、妊娠中に行う治療方法や体験談をご紹介します。

    mari0708

  • 【医療監修】排卵誘発剤とは?セキソビットやクロミッドなどの種類と体験談

    【医療監修】排卵誘発剤とは?セキソビットやクロミッドなどの種類と体験談

    不妊治療の手段として使用される排卵誘発剤。排卵誘発剤といってもその種類はさまざまです。その中でも、よく使用される経口薬として「セキソビット」や「クロミッド」があります。使用すると自然の周期に近い排卵を促すといわれていますが、効果や使用時のメリット、デメリットについて詳しく知っておく必要があります。排卵誘発剤の特徴をよく理解した上で、自分にあった薬を選びたいですね。

    kaigara

  • 【医療監修】子宮内膜ポリープとは?不妊との関係や治療方法、体験談をご紹介

    【医療監修】子宮内膜ポリープとは?不妊との関係や治療方法、体験談をご紹介

    子宮内膜ポリープは、不妊に関係しているということをご存知ですか?子宮内膜ポリープがあると、受精卵の着床を妨げてしまう可能性があるといわれています。治療法は、手術でポリープを取り除くのが一般的で、日帰りで受けることができますが、症状によっては入院が必要なこともあります。治療することで妊娠しやすくなる可能性があるため、これから子供を授かりたいという方は頭の片隅においておくとよいかもしれませんね。

    rina13

  • 【医療監修】臨月になるとおなかが下がる?下がり始める時期と体験談

    【医療監修】臨月になるとおなかが下がる?下がり始める時期と体験談

    臨月に入ると出産まであともう少しですね。出産が近づくにつれて、少しずつ体に変化が現れ、おなかが下がってきたという方もいるのではないでしょうか?「おなかが下がる」というのは、胃のあたりまで大きくなっていた子宮の最上部(子宮底)の位置が下がるという意味です。おなか全体が垂れ下がるわけではありません。この時期は、赤ちゃんが子宮の出口の方へと下がってきて生まれてくる準備を始めます。周りの人から「おなかが下がってきたね」といわれたことがある方もいるかもしれませんね。もしおなかが下がるという感覚がよくわからないという場合は、妊婦健診の際に医師に確認してみるのもよいでしょう。

    陽気なママ

  • 【医療監修】プレマリンとは?不妊治療での効果や服用の方法、副作用

    【医療監修】プレマリンとは?不妊治療での効果や服用の方法、副作用

    不妊治療で使われることがあるプレマリンという薬をご存知ですか?卵胞が育ちにくい方や、排卵しにくい方の治療に使用する薬です。状況によってはクロミッドやルトラールといった薬との併用をする場合がありますが、服用の際にはさまざまな副作用もあります。プレマリンの効果と服用方法、副作用についてご紹介します。

    shima

  • 【医療監修】授乳中だけど…乳癌検査はできる?乳腺炎と乳癌のしこりの違いとは

    【医療監修】授乳中だけど…乳癌検査はできる?乳腺炎と乳癌のしこりの違いとは

    女性にみられる癌の一つ、乳癌。乳癌の症状としてしこりがあげられますが、授乳中に胸の張りやしこりのようなものを感じることがあるという方もいますよね。まさか乳癌のしこり?と心配になることもあるかと思います。しかしそもそも授乳中に乳癌検査は受けられるの?と疑問に思っているママもいらっしゃいます。そこで授乳中に乳癌検査は受けられるのか、乳腺炎と乳癌のしこりの違いについて紹介します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】つわりの終わりはいつ?先輩ママの体験談

    【医療監修】つわりの終わりはいつ?先輩ママの体験談

    妊娠5週目ごろから始まるつわり。人によって症状の出方に差があり、妊娠前と同じような生活ができる人もいれば、くり返し嘔吐してしまうなど日常生活に支障が出てしまい病院での治療が必要な人もいます。妊婦の半数以上が経験するといわれているつわりは、いつ終わりを迎えるのか気になるところ。この記事では、つわりの終わる時期、また、人によって異なるつわりの終わり方についてご紹介します。

    mieye30

  • 【医療監修】子宮筋腫の手術方法と術後の過ごし方。手術を受けても妊娠できる?

    【医療監修】子宮筋腫の手術方法と術後の過ごし方。手術を受けても妊娠できる?

    子宮筋腫は良性の腫瘍です。筋腫が小さく個数も少ない場合はそのまま様子をみますが、次第に大きくなってきたり筋腫が多発していたりする場合は手術をすすめられる場合もあります。子宮筋腫の手術を受けることになった場合は、将来的に妊娠を希望するのかなど、どの手術方法が自分自身にあっているのかを医師と相談して決める必要があります。子宮筋腫の手術方法や費用、手術を受けたあと妊娠できるのかご紹介します。

    mieye30

  • 【医療監修】つわりが終わる時期は?ピーク時の対策と症状がつらいときの工夫

    【医療監修】つわりが終わる時期は?ピーク時の対策と症状がつらいときの工夫

    つわりは妊娠特有の症状で、吐き気があったり空腹時に気持ち悪くなったり、匂いがつらかったりさまざまな症状が起こります。妊娠5~6週から始まり、12週ごろからおさまっていくと言われています。しかし、なかには症状がぶりかえすという方も。個人差が大きいつわりですが、ピークはいつ頃なのでしょうか。つわりを少しでも楽に過ごすための対処法をご説明します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】アフターピル(緊急避妊薬)とは?仕組みや効果、副作用

    【医療監修】アフターピル(緊急避妊薬)とは?仕組みや効果、副作用

    アフターピル(緊急避妊薬)とは、望まない妊娠を避けるための最終手段として使用される薬で、避妊に失敗したり事件に巻き込まれたりした際に服用します。しかし、アフターピルを服用しても100%避妊ができるわけではありません。この記事では、アフターピルを服用するとどうして避妊できるのか、どれくらいの効果があるのか、副作用や費用についてご紹介します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】断乳後のおっぱいケアは必要?乳腺炎を予防するためにできること

    【医療監修】断乳後のおっぱいケアは必要?乳腺炎を予防するためにできること

    断乳を考えているママの中には乳腺炎が心配…という方もいるかもしれません。こちらの記事では断乳と乳腺炎の関係についてと、乳腺炎にならないためのおっぱいケアについて紹介します。また乳腺炎にならないため、卒乳に近い断乳方法についても解説。おっぱいトラブルは授乳中から予防しておくのが断乳時に乳腺炎にならないためにも必要ですよ。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】妊娠初期に感じる胸の張りの原因。突然なくなることはあるの?

    【医療監修】妊娠初期に感じる胸の張りの原因。突然なくなることはあるの?

    妊娠初期にはさまざまな症状が起こり、吐き気や胃の不快感、食欲不振などのつわり症状のほかに、乳房の張りも挙げられます。妊娠が判明し、初期症状として胸の張りを感じていたのに、妊娠経過のうちに急に張りが治まってしまった場合「もしかしておなかの赤ちゃんに何かあったのでは」と心配になることがあるかもしれません。妊娠中の胸の張りの原因と、症状が途中でなくなった場合に考えられることについてお伝えします。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】生理中に出る血の塊の原因は?対処法や不妊との関係、体験談をご紹介

    【医療監修】生理中に出る血の塊の原因は?対処法や不妊との関係、体験談をご紹介

    生理のときに血の塊が出てびっくりした、という経験のある方がいるのではないでしょうか?体に異常がなくても生理中に血の塊が出ることはありますが、場合によっては婦人科系の病気が隠れていることも。生理中に何度も血の塊が出るといった症状がみられる場合は、早めに病院を受診しましょう。生理のときにみられる血の塊の原因や対処法、不妊との関係や実際の体験談について詳しくご紹介します。

    pooho0624

  • 【医療監修】生理周期が40日以上は長い?周期が乱れる原因と妊娠の可能性

    【医療監修】生理周期が40日以上は長い?周期が乱れる原因と妊娠の可能性

    女性が思春期の頃に初潮を迎えてから、数十年の間ずっと付き合う「生理」。その生理周期は人によってさまざまですが、生理から次の生理までの期間が40日以上という人もいるようです。生理周期にはおおよその目安があり、長すぎても短すぎてもよくないとされています。生理周期が40日以上である場合、考えられる原因や病気の可能性などを解説します。しかし、生理周期は体調や年齢によって変化します。自分の体について知る一つの目安として参考にしてくださいね。

    nofcat2

  • 【医療監修】おりものの変化と水っぽいときに考えられる病気

    【医療監修】おりものの変化と水っぽいときに考えられる病気

    女性なら経験のあるおりもの。おりものはカラダのリズムや変化を示してくれるとても大切な役割を担っています。自分自身の通常のおりものの状態を把握しておくことで、おりものの異常や体調変化のサインにいち早く気づくことができます。正常なおりものでもホルモンのリズムによって常に変化を繰り返しています。そこで今回はおりものの役割、おりものが水っぽいときに考えられる病気の可能性についてまとめました。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】生理後はおりものが多い?色や量によっては病気の可能性も

    【医療監修】生理後はおりものが多い?色や量によっては病気の可能性も

    生理周期にかかわらず分泌されるおりもの。女性の体の状態を知る上でとても重要なものです。生理後におりものが多かったり、茶色かったり、においがいつもと違うということありませんか?生理周期があるように、おりものにもサイクルがあり、生理前、生理後、排卵期とさまざまに変化していきます。生理後のおりものの特徴や病気の可能性についてご説明します。

    tsururun

  • 【医療監修】胎児の心拍数はどうやって測る?NSTなどの検査でわかること

    【医療監修】胎児の心拍数はどうやって測る?NSTなどの検査でわかること

    妊娠初期、超音波画像のモニターで、胎児の心拍を確認したときの感動が忘れられない、というママがいるかもしれません。心拍確認後も、医師が妊婦健診のときに胎児の心拍数を確認します。また、妊娠後期になると、心拍数の変化をモニタリングして胎児の状態をチェックすることがあります。胎児の心拍数の正常値や、心拍数からわかることをご紹介します。

    shima

  • 【医療監修】胎児心音はいつから確認できる?音の聞き方や心音と心拍の違い

    【医療監修】胎児心音はいつから確認できる?音の聞き方や心音と心拍の違い

    妊娠中、おなかの赤ちゃんの存在を実感できると安心するものです。胎児心音は、赤ちゃんの存在を身近に感じることができる「音」で、妊娠12週前後でドップラー心音計を使用することで聞くことができます。妊婦健診の超音波検査で胎児心音の確認ができますが、妊婦健診の間隔は長いため、おなかの赤ちゃんが元気かどうか気になることもあるでしょう。そんなときは、自宅でドップラー心音計を試してみるのもよいかもしれません。

    kurumi_mochi_mana

  • 【医療監修】凍結胚移植とは?妊娠成功率と費用、妊娠判定日までのスケジュール

    【医療監修】凍結胚移植とは?妊娠成功率と費用、妊娠判定日までのスケジュール

    高度生殖医療の一つに、体外受精でできた受精卵を凍結胚移植する方法があるのをご存知でしょうか?凍結胚移植のメリットやデメリット、かかる費用、妊娠成功率や妊娠判定日までのスケジュールについてご紹介します。より質の高い凍結胚移植を実施するための過ごし方や体験談も併せてぜひ参考にしてみてくださいね。

    shima

  • 【医療監修】卵管閉塞でも妊娠はできる?原因や症状、治療方法をご紹介

    【医療監修】卵管閉塞でも妊娠はできる?原因や症状、治療方法をご紹介

    卵管閉塞は不妊の原因の一つで、不妊治療の検査として行う子宮卵管造影検査などで初めて見つかることがあります。卵管閉塞は自覚症状がないため、発症していても気づかないことがほとんどです。検査をして卵管閉塞が見つかった場合、片側だけの閉塞であれば自然妊娠が可能な場合もあります。また、両側の卵管閉塞を起こしていても、体外受精を行うことによって妊娠することが可能とされています。

    makikoak①

  • 【医療監修】外陰炎とは?かゆみを引き起こす原因と予防法、体験談もご紹介

    【医療監修】外陰炎とは?かゆみを引き起こす原因と予防法、体験談もご紹介

    外陰炎は女性に多い病気とされていますが、発症する原因はさまざまです。今回は誰にでも起こりうる外陰炎の症状や原因、治療法についてご紹介します。気になる症状があっても恥ずかしくて受診できないという方がいるかもしれませんが、悪化させないためにも早めの対応が重要です。実際に外陰炎を発症した経験がある方の体験談もご紹介します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】おりものが黄緑なのは病気?かゆみや臭いで判断できる?

    【医療監修】おりものが黄緑なのは病気?かゆみや臭いで判断できる?

    おりものは本来無色透明または白っぽい色をしていますが、体調に応じて変化が見られることがあります。黄緑の場合は病気を疑ったほうがいいのでしょうか。また、病気の場合、臭いやかゆみ・形状など色以外にどんな症状があるのでしょうか。妊婦さんが気を付けるべきリスクについても紹介しますので参考にしてみてくださいね。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】妊娠中期の腹痛や下腹部痛の原因、危険な痛みとは?

    【医療監修】妊娠中期の腹痛や下腹部痛の原因、危険な痛みとは?

    安定期になりほっと一息…と思ったのもの束の間、妊娠中期にお腹や下腹部に痛みを感じることがあります。妊娠中はどの時期でも絶対に大丈夫という100%の保証はありませんが、妊娠中期は安定期ということもあり、対処が遅くなってしまうこともあるでしょう。妊娠中期の腹痛・下腹部痛の原因と、危険な痛みについてご説明します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】産後の悪露(おろ)はいつまで続く?正常な出血量や、長く続くときの対処法

    【医療監修】産後の悪露(おろ)はいつまで続く?正常な出血量や、長く続くときの対処法

    産後の悪露は出産という大仕事を終えた子宮が、非妊娠時の状態に戻る過程で、子宮内から排出された分泌物や血液のことをいいます。産後は、慣れない育児にバタバタしがちで、悪露がわずらわしく感じることもあるでしょう。悪露は、一ヶ月程度で終わるといわれますが、なかなか終わらないという方がいるのも事実です。正常な悪露の出血量や、長く続く場合の出血量、受診が必要な悪露について説明します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】心拍確認後の流産の確率は?心拍確認時期とその後の流産の可能性

    【医療監修】心拍確認後の流産の確率は?心拍確認時期とその後の流産の可能性

    妊娠して不安を抱きやすいのが流産です。初めての妊娠の時は次の健診日はまだなのか、心拍は確認できたけれど今後も流産の心配はあるのかな…と気になる方がいるのではないでしょうか。それとは逆に、心拍確認を期に、流産の不安がなくなると思う方もいるかもしれません。実際には、心拍確認できたあとに流産してしまったという方がいます。心拍確認後の流産の確率と、心拍確認後に流産をしてしまった方の体験談をご紹介します。

    ママリ編集部

  • 妊娠中のトキソプラズマ感染症、胎児への影響はある?

    妊娠中のトキソプラズマ感染症、胎児への影響はある?

    トキソプラズマ症は猫の糞便や生肉から感染する感染症です。妊娠中のトキソプラズマへの感染は、胎児への感染が心配されています。妊娠初期ほど重症度の高い影響が出やすく、妊娠後期には軽症が多いものの、感染確率が上がります。感染しないためにはどのようなことに注意すべきなのでしょうか。トキソプラズマ症とは何か、妊娠中に感染した場合の影響や治療について説明します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】鉄欠乏性貧血とは?原因や症状、治療法。育児のつらさは貧血のせいかも?

    【医療監修】鉄欠乏性貧血とは?原因や症状、治療法。育児のつらさは貧血のせいかも?

    鉄欠乏性貧血とは、鉄が不足することで起こる貧血です。鉄が不足するとヘモグロビンの合成が滞り、体内のすみずみまで酸素を届けることができなくなります。原因は、月経による出血が多いことや過度なダイエットが考えられます。また妊娠・授乳期には胎児の成長や母乳の分泌に多くの鉄が必要になるため、知らず知らずのうちに鉄不足が起こりやすくなります。他にも、消化器などからの出血が原因になっていることがあるため、鉄欠乏性貧血の症状がある場合には原因の特定と適切な治療が必要です。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】妊娠確率が高いのは排卵日?妊娠しやすい時期と、体づくり

    【医療監修】妊娠確率が高いのは排卵日?妊娠しやすい時期と、体づくり

    妊活中の方で、少しでも妊娠の確率が高い日を知りたいという方はいるのではないでしょうか。排卵日当日よりも2日ほど前の方が妊娠の確率が高いと言われていますが、排卵日はどのように計算すればよいのでしょうか。排卵日にタイミングをとるよりも、性行為の回数を増やす方が妊娠の確率は上がります。妊娠しやすい体づくりには、体重のコントロールやアルコールの摂取量に気を配る必要があります。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】稽留流産した場合つわりはなくなる?続くことはあるの?

    【医療監修】稽留流産した場合つわりはなくなる?続くことはあるの?

    稽留流産は、妊娠初期に起こる流産のなかでも、自覚症状がないことが多い流産です。知らず知らずのうちに赤ちゃんの心拍が止まっていて、妊婦健診で発覚することも少なくありません。妊娠初期には、つわりの症状に悩まされる方が多く、つわりが続いていることで赤ちゃんが元気に育っていると感じる方がいるかもしれません。この記事では、稽留流産とつわりの関係と、残念ながら稽留流産を経験した方たちの体験談をご紹介します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】臨月のおりものと破水の違いは?尿漏れとの見分け方と注意すべき症状

    【医療監修】臨月のおりものと破水の違いは?尿漏れとの見分け方と注意すべき症状

    臨月に入ると、出産が近づくことで不安なことが増えてくる時期でもあります。おりものが急に増えて心配、おりものと破水、尿漏れの違いがよくわからないなど、気になることがたくさんある方もいるかもしれません。そこで、臨月はどのようなおりものが出るのか、破水、尿漏れのそれぞれの特徴から見分け方についてご説明します。ちょっとした変化も見逃さず、出産のときに慌てず冷静に対応できるとよいですね。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】妊娠初期から臨月までの胎児の成長。身長と体重の目安は?

    【医療監修】妊娠初期から臨月までの胎児の成長。身長と体重の目安は?

    妊婦さんにとって、おなかが大きくなっていくことは、妊娠した実感を得るとともに、赤ちゃんの成長を感じられるものではないでしょうか。最近では、この限られた期間の姿を記念に残しておこうと、マタニティフォトを撮る方もいますよね。どんどん大きくなっていくおなかの中で、胎児はどのように成長していくのでしょうか。妊娠初期から臨月までの様子をご紹介します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】カンジダ膣炎とは?症状や治療方法、市販薬の使い方について

    【医療監修】カンジダ膣炎とは?症状や治療方法、市販薬の使い方について

    女性であれば性交経験の有無を問わずかかる可能性があるカンジダ膣炎。体力が低下しているときや妊娠中などに症状が出やすいと言われています。再発することがあるためきちんと治療することが必要な感染症ですが、一度医師の診察を受け治療をしていれば、再発した際には市販薬の使用が可能です。デリケートな症状なだけに受診した方が良いのか迷うことがありますが、気になる症状が出た場合は早めの受診をおすすめします。

    ママリ編集部

  • できれば自然分娩したい!赤ちゃんが逆子のときにママができること

    できれば自然分娩したい!赤ちゃんが逆子のときにママができること

    おなかの中で日々成長している赤ちゃん。突然、逆子だということが判明して、大きな不安を抱える妊婦さんも少なくありません。逆子といえば帝王切開というイメージがありますが、できれば自然分娩で産んであげたいと思う方もいるでしょう。ですが、逆子のときの自然分娩による出産は、通常の30倍ほどのリスクをはらんでいると言われています。そのため、自然分娩で出産をしたい場合、逆子をなおすというのが最善の方法だと言えるでしょう。赤ちゃんが逆子だと判明したとき実践できる対処法を、妊娠時期別にわけてご紹介します。

    シンクアフェーズ

  • 【医療監修】人工授精(AIH)とは?成功率やメリット・デメリットと費用

    【医療監修】人工授精(AIH)とは?成功率やメリット・デメリットと費用

    人工授精は子宮内に精子を注入していく不妊治療のひとつの方法です。不妊治療をしていく中で人工授精へとステップアップする方は多くいらっしゃいます。しかし、人工授精に進むにあたっての不安はつきないと思います。人工授精を検討している方に向けて、成功率やメリット・デメリット、人工授精の方法についてご紹介します。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】妊娠11週目の妊婦と胎児の様子。エコー写真の見方も解説

    【医療監修】妊娠11週目の妊婦と胎児の様子。エコー写真の見方も解説

    妊娠11週目は妊娠3ヶ月目にあたります。おなかの赤ちゃんはどんどん成長しており、子宮は握りこぶしより一回り大きくなってきます。人によってはおなかがふっくらしてくることもあるでしょう。つわりがピークの妊婦さんもいれば、症状が落ち着いて食欲が増進した妊婦さんもいる時期。しかし、妊婦の症状や胎児の成長には個人差がありますので、医師から何か指摘されていなければ心配はいりませんよ。

    ママリ編集部

  • 【医療監修】バルトリン腺嚢胞とは?原因と治療法。手術をすることもある?

    【医療監修】バルトリン腺嚢胞とは?原因と治療法。手術をすることもある?

    バルトリン腺を知っていますか?性交時に潤滑液を分泌し、痛みのないセックスのために大切な役割を担っているのがバルトリン腺です。このバルトリン腺に炎症を起こすことにより嚢胞が作られます。これをバルトリン腺嚢胞といい、この状態を放置して二次感染してしまうと嚢胞が大きくなり、皮膚が腫れ上がったり、膿が溜まったりします。そこで今回は、バルトリン腺嚢胞とは何か、その症状や治療法についてまとめました。

    ママリ編集部

  • 無痛分娩のメリットは?ママと赤ちゃん両方にあります

    無痛分娩のメリットは?ママと赤ちゃん両方にあります

    陣痛の痛みをおさえながら出産をする無痛分娩。芸能人も無痛分娩を選択するなど話題になることも多いですよね。実際、無痛分娩にはどのようなメリットがあるのでしょうか。陣痛の痛みがやわらぐことで出産時のストレスが軽減され、ママが赤ちゃんに送ってあげられる血流が増えるなど、赤ちゃんにとってもメリットがあります。詳しくみていきましょう。

    シンクアフェーズ

  • 無痛分娩のリスクはどんなものがある?正しく知っておきましょう

    無痛分娩のリスクはどんなものがある?正しく知っておきましょう

    陣痛をやわらげ、ママと赤ちゃん双方にさまざまなメリットがある無痛分娩ですが、麻酔を使うことに伴うリスクがあります。重大な事故につながることはごくまれですが、無痛分娩を選択したとき起こり得る分娩中や産後のトラブルについて、きちんと理解しておきましょう。

    シンクアフェーズ

  • リスクを極力押さえたい!無痛分娩の産院選び

    リスクを極力押さえたい!無痛分娩の産院選び

    無痛分娩には母子ともにさまざまなメリットがありますが、同時にデメリットやリスクもあります。できるかぎり安全にお産をしたいですね。無痛分娩を選択する上で、どんなことに気を付けたらよいのでしょうか。無痛分娩の知識をきちんと持つことと、リスクを減らすために最大限の対応を行う産院を選ぶことが大切です。こちらでは無痛分娩に関する情報をはじめ、産院選びのポイントなどを中心に解説します。

    シンクアフェーズ

  • 【医療監修】双子の妊娠はいつわかる?双胎妊娠の分類とリスク、分娩方法

    【医療監修】双子の妊娠はいつわかる?双胎妊娠の分類とリスク、分娩方法

    厚生労働省が公表する人口動態調査によると、2016年の分娩のうち、双子の割合は約1%。双子を出産する割合は、不妊治療における排卵誘発剤の使用などが影響して一時は増加傾向にありましたが、2006年以降は減少傾向にあります。この記事では、双子の妊娠を希望している方に向けて、双子の種類やリスク、分娩方法をご紹介します。

    シンクアフェーズ

  • 上の子を育てながら仕事と2人目妊活できるか不安…どう進めたらよい?

    上の子を育てながら仕事と2人目妊活できるか不安…どう進めたらよい?

    育休から職場復帰を果たし、保育園生活に慣れたわが子の様子にひと安心。生活に慣れてくると、「2人目どうしよう…」と考え始めるママもいるでしょう。ママの体力や年齢、子供の学年差を考えると、いつ出産するべきか迷うものです。また、1人目で不妊治療をした、2人目不妊が気になるなど、人それぞれに心配があると思います。今回は、すでに子供をもつワーママに向けて、上の子を育てながら仕事と2人目妊活を進めるにはどうしたらよいか、ポイントをお伝えします。

    教育コンサルタント 佐藤理香

  • 吐きづわりならベッドサイドに食べ物を。気分が悪い時間を短くする方法

    吐きづわりならベッドサイドに食べ物を。気分が悪い時間を短くする方法

    妊娠中の不快な症状として知られているつわり。その中でも、食事がとりにくくなるのが「吐きづわり」です。食べても吐き戻してしまうため、精神的にも肉体的にもつらい思いをするでしょう。症状が強い場合は妊娠悪阻(にんしんおそ)で入院となる可能性もあります。そんな吐きづわりを少しでも楽にするために、生活の中でできるヒントをご紹介します。

    教育コンサルタント 佐藤理香

  • 食べづわりで我慢はしないで。耐えずに乗り切るためのヒント

    食べづわりで我慢はしないで。耐えずに乗り切るためのヒント

    妊娠初期に起こりやすいつわり。その中でも空腹になると気分が悪くなり、満腹になりすぎても気持ちが悪くなる「食べづわり」はやっかいな症状の一つです。「気分が悪くならないように、ずっと食べているため体重が増加してしまう」「仕事中には食べられない」など、不安は尽きません。つわりは一時的なものとわかっていても、少しでも楽に乗り切りたいですね。この記事では、食べづわりの対処方法をお伝えします。

    教育コンサルタント 佐藤理香

  • 妊娠初期のイライラを楽に。心の負担を軽くするほんの少しの工夫

    妊娠初期のイライラを楽に。心の負担を軽くするほんの少しの工夫

    妊娠初期には、気持ちが不安定になったり、イライラしたりすることがあります。体調が安定しにくく、妊娠経過について不安になりやすい時期だからこそ、精神的につらくなりやすいのかもしれません。体の変化だけでも大変なときに、心までコントロールできなくなると、目の前が真っ暗に感じてしまうでしょう。この記事では、妊娠初期に情緒が不安定になりやすい理由とその対処法をお伝えします。

    教育コンサルタント 佐藤理香

  • 妊娠したとたんに便秘、苦しくなる前に試したい対応策とは

    妊娠したとたんに便秘、苦しくなる前に試したい対応策とは

    妊娠してからお通じが少ないと感じていませんか?妊娠中は、ホルモンの影響で腸の動きがにぶくなり、便秘になりやすくなります。妊娠前は快便だったのに、何日も出ない、あるいはおなかが張っているといった状況は、改善したいですね。しかし、妊婦にとっては、薬を飲むことや、トイレで思いきりいきむことには抵抗があるかもしれません。こうした不安が多い妊娠中の便秘を、少しでも楽にする方法についてお伝えします。

    教育コンサルタント 佐藤理香

  • 妊娠初期にフラッ…立ちくらみやめまいなど貧血症状への対処法

    妊娠初期にフラッ…立ちくらみやめまいなど貧血症状への対処法

    妊娠中は血液量が増えるため、血液成分が薄まった状態になり、貧血になりやすいと言われています。貧血は、赤ちゃんが大きく成長する妊娠24~32週ごろに特に出やすいですが、妊娠初期から悩まされる人もいます。立ちくらみやめまいだけでなく、動悸(どうき)や息切れも症状の一つです。この記事では、妊娠初期の貧血への対処方法をお伝えします。

    教育コンサルタント 佐藤理香

  • 足がパンパンでつらい…妊娠初期の「むくみ」の原因と対処法

    足がパンパンでつらい…妊娠初期の「むくみ」の原因と対処法

    妊娠中はホルモンなどの影響で体がむくみやすくなります。むくみは不快なだけでなく、妊娠高血圧症候群のサインでもあるため、症状が続く場合は注意が必要です。この記事では、特に妊娠初期のむくみについて対処法を挙げました。先輩ママたちが実践した方法もあわせてご紹介しますので、参考にしてください。

    教育コンサルタント 佐藤理香