ポートサイド女性総合クリニック〜ビバリータ〜 院長

清水なほみ 先生

プロフィール

平成13年広島大学医学部医学科を卒業し、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科に勤務。その後平成22年9月に「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開設。

URL

http://www.vivalita.com/

監修記事一覧

  • 妊娠4週目の胎児(胎芽・胎嚢)の様子と妊婦に起こりやすい症状とは?

    妊娠4週目の胎児(胎芽・胎嚢)の様子と妊婦に起こりやすい症状とは?

    妊娠4週目とは、生理予定日~1週間までを指します。生理予定日を過ぎ、妊娠かもしれないと思い始める人が多い時期です。まだ母体に大きな変化はありませんが、妊娠検査薬でも陽性反応が出るようになります。妊婦さんの体も、敏感な方だと下腹部の痛みやおっぱいの張り、眠気が生じることがあります。この記事では、妊娠4週目の妊婦さんにみられる症状と赤ちゃんの変化を説明します。

    ママリ編集部

  • クラミジア感染症とは?妊娠中にかかると赤ちゃんに影響はある?

    クラミジア感染症とは?妊娠中にかかると赤ちゃんに影響はある?

    クラミジア感染症は自覚症状が少ないため、気づかぬ間にパートナーにうつしてしまう可能性があります。妊娠中のクラミジア感染症は胎児に危険を及ぼす可能性があります。そこでクラミジア感染症について詳しく解説します。原因や症状、治療法などの知識をしっかり身に着けておきましょう!

    ママリ編集部

  • 授乳中だけど…乳癌検査はできる?乳腺炎と乳癌のしこりの違いとは

    授乳中だけど…乳癌検査はできる?乳腺炎と乳癌のしこりの違いとは

    女性にみられる癌の一つ、乳癌。乳癌の症状としてしこりがあげられますが、授乳中に胸の張りやしこりのようなものを感じることがあるという方もいますよね。まさか乳癌のしこり?と心配になることもあるかと思います。しかしそもそも授乳中に乳癌検査は受けられるの?と疑問に思っているママもいらっしゃいます。そこで授乳中に乳癌検査は受けられるのか、乳腺炎と乳癌のしこりの違いについて紹介します。

    ママリ編集部

  • おりものの変化と水っぽいときに考えられる病気

    おりものの変化と水っぽいときに考えられる病気

    女性なら経験のあるおりもの。おりものはカラダのリズムや変化を示してくれるとても大切な役割を担っています。自分自身の通常のおりものの状態を把握しておくことで、おりものの異常や体調変化のサインにいち早く気づくことができます。正常なおりものでもホルモンのリズムによって常に変化を繰り返しています。そこで今回はおりものの役割、おりものが水っぽいときに考えられる病気の可能性についてまとめました。

    ママリ編集部

  • おりものが黄緑なのは病気?かゆみや臭いで判断できる?

    おりものが黄緑なのは病気?かゆみや臭いで判断できる?

    おりものは本来無色透明または白っぽい色をしていますが、体調に応じて変化が見られることがあります。黄緑の場合は病気を疑ったほうがいいのでしょうか。また、病気の場合、臭いやかゆみ・形状など色以外にどんな症状があるのでしょうか。妊婦さんが気を付けるべきリスクについても紹介しますので参考にしてみてくださいね。

    ママリ編集部

  • 妊娠中期の腹痛や下腹部痛の原因、危険な痛みとは?

    妊娠中期の腹痛や下腹部痛の原因、危険な痛みとは?

    安定期になりほっと一息…と思ったのもの束の間、妊娠中期にお腹や下腹部に痛みを感じることがあります。妊娠中はどの時期でも絶対に大丈夫という100%の保証はありませんが、妊娠中期は安定期ということもあり、対処が遅くなってしまうこともあるでしょう。妊娠中期の腹痛・下腹部痛の原因と、危険な痛みについてご説明します。

    ママリ編集部

  • 妊娠初期につわりをほとんど感じないことはある?先輩ママの体験談

    妊娠初期につわりをほとんど感じないことはある?先輩ママの体験談

    妊娠をすると、つわりに苦しむのではないかと恐れている方も多いことでしょう。ですがつわりには個人差があり、なかにはほとんど感じることがなく過ごしていたという方もいるのです。つわりは生理的な現象なので妊娠している証拠。それなのに全く症状が感じられない自分は本当に赤ちゃんがいるのか不安になってしまうなんていうこともありますよね。実際につわりがあまり感じられなかった方々の体験談をみてみましょう。

    ママリ編集部

  • 心拍確認後の流産の確率は?心拍確認時期とその後の流産の可能性

    心拍確認後の流産の確率は?心拍確認時期とその後の流産の可能性

    妊娠して不安を抱きやすいのが流産です。初めての妊娠の時は次の健診日はまだなのか、心拍は確認できたけれど今後も流産の心配はあるのかな…と気になる方がいるのではないでしょうか。それとは逆に、心拍確認を期に、流産の不安がなくなると思う方もいるかもしれません。実際には、心拍確認できたあとに流産してしまったという方がいます。心拍確認後の流産の確率と、心拍確認後に流産をしてしまった方の体験談をご紹介します。

    ママリ編集部

  • 妊娠中のトキソプラズマ感染症、胎児への影響はある?

    妊娠中のトキソプラズマ感染症、胎児への影響はある?

    トキソプラズマ症は猫の糞便や生肉から感染する感染症です。妊娠中のトキソプラズマへの感染は、胎児への感染が心配されています。妊娠初期ほど重症度の高い影響が出やすく、妊娠後期には軽症が多いものの、感染確率が上がります。感染しないためにはどのようなことに注意すべきなのでしょうか。トキソプラズマ症とは何か、妊娠中に感染した場合の影響や治療について説明します。

    ママリ編集部