ポートサイド女性総合クリニック〜ビバリータ〜 院長

清水なほみ 先生

プロフィール

平成13年広島大学医学部医学科を卒業し、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科に勤務。その後平成22年9月に「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開設。

URL

http://www.vivalita.com/

監修記事一覧

  • 妊娠中期のおなかの張り。張ったときの対処法と病院の受診目安

    妊娠中期のおなかの張り。張ったときの対処法と病院の受診目安

    妊娠中期になるとつわりも落ち着き、安定期と呼ばれる時期に入るため、経過が順調であれば妊婦生活を楽しむことができるでしょう。このころにはおなかが張ることが出てきますが、少し休んで落ち着くようであれば心配いりません。張りの感じ方には個人差があり、心配ない張りとそうでない張りの判断をするのは難しいでしょう。おなかが張ったときには、まず安静にすることが大切です。安静にしても張りがおさまらないなど、病院を受診する目安をご紹介します。

    ママリ編集部

  • 妊娠初期につわりをほとんど感じないことはある?先輩ママの体験談

    妊娠初期につわりをほとんど感じないことはある?先輩ママの体験談

    妊娠をすると、つわりに苦しむのではないかと恐れている方も多いことでしょう。しかし、つわりには個人差があり、なかにはほとんど感じることがなく過ごしていたという方もいるのです。つわりは生理的な現象で、妊娠している証拠。全く症状が感じられない方は「本当に赤ちゃんがいるのか不安」と感じてしまうかもしれません。実際につわりがあまり感じられなかった方々の体験談をみてみましょう。

    ママリ編集部

  • 妊娠4週目の胎児(胎芽・胎嚢)の様子と妊婦に起こりやすい症状とは?

    妊娠4週目の胎児(胎芽・胎嚢)の様子と妊婦に起こりやすい症状とは?

    妊娠4週目とは、生理予定日~1週間までを指します。生理予定日を過ぎ、妊娠かもしれないと思い始める人が多い時期です。まだ母体に大きな変化はありませんが、妊娠検査薬でも陽性反応が出るようになります。妊婦さんの体も、敏感な方だと下腹部の痛みやおっぱいの張り、眠気が生じることがあります。この記事では、妊娠4週目の妊婦さんにみられる症状と赤ちゃんの変化を説明します。

    ママリ編集部

  • 妊娠8週目の胎児の変化と妊婦に出やすい症状とは?出血と流産する確率

    妊娠8週目の胎児の変化と妊婦に出やすい症状とは?出血と流産する確率

    多くの人が妊娠が確実になり、予定日も確定する妊娠8週目。つわりの症状が強まり、体がデリケートになってさまざまな不調が現れてくる時期でもあります。まだ早期流産の可能性が高い時期でもあるので、日常生活でも無理をしないようにしましょう。妊娠8週の時期は妊婦さんと胎児にはどのような変化があるのでしょうか?出血や腹痛と流産との可能性も解説します。

    ママリ編集部

  • プロゲステロン(黄体ホルモン)とは?正常な数値はどれくらい?

    プロゲステロン(黄体ホルモン)とは?正常な数値はどれくらい?

    妊娠を希望する方であれば、プロゲステロン(黄体ホルモン)という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。プロゲステロンは女性ホルモンの一種で、妊娠に際して非常に重要な役割を担っています。この記事では、プロゲステロンの働きや作用、正常値や、少ない場合に考えられる病気についてご紹介します。

    ママリ編集部

  • 子作りに適した年齢とタイミングは?妊娠しやすい回数と生活改善

    子作りに適した年齢とタイミングは?妊娠しやすい回数と生活改善

    妊娠には、適した年齢とタイミングがあります。女性は、年を重ねるごとに卵子の数や質が低下していくといわれており、男性も同様に精巣機能が低下していきます。つまり、妊娠できる確率は年齢と共にどんどん下がっていくということ。そのため、妊娠を望む場合、適したタイミングで子作りすることが重要です。タイミングを逃さないために、まずは排卵日を特定し、より妊娠しやすい体にするための生活改善を行いましょう。

    ママリ編集部

  • コンドームの避妊率は?ゴムをつけても妊娠する理由とピルなどの避妊法

    コンドームの避妊率は?ゴムをつけても妊娠する理由とピルなどの避妊法

    避妊方法にはたくさんの種類がありますが、どの種類でも避妊率が100%というものはありません。そのなかでも、日本でもっともポピュラーな避妊方法と言えるコンドームですが、その避妊率は約85%と言われています。使用するタイミングや方法によって妊娠する可能性があるため、コンドームだけでは十分に避妊できるとは言えません。では、コンドーム以外の避妊方法にはどのようなものがあるのでしょうか。ピルやIUDなどの方法について説明します。

    ママリ編集部

  • クラミジア感染症とは?妊娠中にかかると赤ちゃんに影響はある?

    クラミジア感染症とは?妊娠中にかかると赤ちゃんに影響はある?

    クラミジア感染症は自覚症状が少ないため、気づかぬ間にパートナーにうつしてしまう可能性があります。妊娠中のクラミジア感染症は胎児に危険を及ぼす可能性があります。そこでクラミジア感染症について詳しく解説します。原因や症状、治療法などの知識をしっかり身に着けておきましょう!

    ママリ編集部

  • 授乳中だけど…乳癌検査はできる?乳腺炎と乳癌のしこりの違いとは

    授乳中だけど…乳癌検査はできる?乳腺炎と乳癌のしこりの違いとは

    女性にみられる癌の一つ、乳癌。乳癌の症状としてしこりがあげられますが、授乳中に胸の張りやしこりのようなものを感じることがあるという方もいますよね。まさか乳癌のしこり?と心配になることもあるかと思います。しかしそもそも授乳中に乳癌検査は受けられるの?と疑問に思っているママもいらっしゃいます。そこで授乳中に乳癌検査は受けられるのか、乳腺炎と乳癌のしこりの違いについて紹介します。

    ママリ編集部

  • つわりが終わる時期は?ピーク時の対策と症状がつらいときの工夫

    つわりが終わる時期は?ピーク時の対策と症状がつらいときの工夫

    つわりは妊娠特有の症状で、吐き気があったり空腹時に気持ち悪くなったり、匂いがつらかったりさまざまな症状が起こります。妊娠5~6週から始まり、12週ごろからおさまっていくと言われています。しかし、なかには症状がぶりかえすという方も。個人差が大きいつわりですが、ピークはいつ頃なのでしょうか。つわりを少しでも楽に過ごすための対処法をご説明します。

    ママリ編集部

  • アフターピル(緊急避妊薬)とは?仕組みや効果、副作用

    アフターピル(緊急避妊薬)とは?仕組みや効果、副作用

    アフターピル(緊急避妊薬)とは、望まない妊娠を避けるための最終手段として使用される薬で、避妊に失敗したり事件に巻き込まれたりした際に服用します。しかし、アフターピルを服用しても100%避妊ができるわけではありません。この記事では、アフターピルを服用するとどうして避妊できるのか、どれくらいの効果があるのか、副作用や費用についてご紹介します。

    ママリ編集部

  • 断乳後のおっぱいケアは必要?乳腺炎を予防するためにできること

    断乳後のおっぱいケアは必要?乳腺炎を予防するためにできること

    断乳を考えているママの中には乳腺炎が心配…という方もいるかもしれません。こちらの記事では断乳と乳腺炎の関係についてと、乳腺炎にならないためのおっぱいケアについて紹介します。また乳腺炎にならないため、卒乳に近い断乳方法についても解説。おっぱいトラブルは授乳中から予防しておくのが断乳時に乳腺炎にならないためにも必要ですよ。

    ママリ編集部

  • おりものの変化と水っぽいときに考えられる病気

    おりものの変化と水っぽいときに考えられる病気

    女性なら経験のあるおりもの。おりものはカラダのリズムや変化を示してくれるとても大切な役割を担っています。自分自身の通常のおりものの状態を把握しておくことで、おりものの異常や体調変化のサインにいち早く気づくことができます。正常なおりものでもホルモンのリズムによって常に変化を繰り返しています。そこで今回はおりものの役割、おりものが水っぽいときに考えられる病気の可能性についてまとめました。

    ママリ編集部

  • おりものが黄緑なのは病気?かゆみや臭いで判断できる?

    おりものが黄緑なのは病気?かゆみや臭いで判断できる?

    おりものは本来無色透明または白っぽい色をしていますが、体調に応じて変化が見られることがあります。黄緑の場合は病気を疑ったほうがいいのでしょうか。また、病気の場合、臭いやかゆみ・形状など色以外にどんな症状があるのでしょうか。妊婦さんが気を付けるべきリスクについても紹介しますので参考にしてみてくださいね。

    ママリ編集部

  • 妊娠中期の腹痛や下腹部痛の原因、危険な痛みとは?

    妊娠中期の腹痛や下腹部痛の原因、危険な痛みとは?

    安定期になりほっと一息…と思ったのもの束の間、妊娠中期にお腹や下腹部に痛みを感じることがあります。妊娠中はどの時期でも絶対に大丈夫という100%の保証はありませんが、妊娠中期は安定期ということもあり、対処が遅くなってしまうこともあるでしょう。妊娠中期の腹痛・下腹部痛の原因と、危険な痛みについてご説明します。

    ママリ編集部

  • 産後の悪露(おろ)はいつまで続く?正常な出血量や、長く続くときの対処法

    産後の悪露(おろ)はいつまで続く?正常な出血量や、長く続くときの対処法

    産後の悪露は出産という大仕事を終えた子宮が、非妊娠時の状態に戻る過程で、子宮内から排出された分泌物や血液のことをいいます。産後は、慣れない育児にバタバタしがちで、悪露がわずらわしく感じることもあるでしょう。悪露は、一ヶ月程度で終わるといわれますが、なかなか終わらないという方がいるのも事実です。正常な悪露の出血量や、長く続く場合の出血量、受診が必要な悪露について説明します。

    ママリ編集部

  • 心拍確認後の流産の確率は?心拍確認時期とその後の流産の可能性

    心拍確認後の流産の確率は?心拍確認時期とその後の流産の可能性

    妊娠して不安を抱きやすいのが流産です。初めての妊娠の時は次の健診日はまだなのか、心拍は確認できたけれど今後も流産の心配はあるのかな…と気になる方がいるのではないでしょうか。それとは逆に、心拍確認を期に、流産の不安がなくなると思う方もいるかもしれません。実際には、心拍確認できたあとに流産してしまったという方がいます。心拍確認後の流産の確率と、心拍確認後に流産をしてしまった方の体験談をご紹介します。

    ママリ編集部

  • 妊娠中のトキソプラズマ感染症、胎児への影響はある?

    妊娠中のトキソプラズマ感染症、胎児への影響はある?

    トキソプラズマ症は猫の糞便や生肉から感染する感染症です。妊娠中のトキソプラズマへの感染は、胎児への感染が心配されています。妊娠初期ほど重症度の高い影響が出やすく、妊娠後期には軽症が多いものの、感染確率が上がります。感染しないためにはどのようなことに注意すべきなのでしょうか。トキソプラズマ症とは何か、妊娠中に感染した場合の影響や治療について説明します。

    ママリ編集部

  • 鉄欠乏性貧血とは?原因や症状、治療法。育児のつらさは貧血のせいかも?

    鉄欠乏性貧血とは?原因や症状、治療法。育児のつらさは貧血のせいかも?

    鉄欠乏性貧血とは、鉄が不足することで起こる貧血です。鉄が不足するとヘモグロビンの合成が滞り、体内のすみずみまで酸素を届けることができなくなります。原因は、月経による出血が多いことや過度なダイエットが考えられます。また妊娠・授乳期には胎児の成長や母乳の分泌に多くの鉄が必要になるため、知らず知らずのうちに鉄不足が起こりやすくなります。他にも、消化器などからの出血が原因になっていることがあるため、鉄欠乏性貧血の症状がある場合には原因の特定と適切な治療が必要です。

    ママリ編集部

  • 妊娠確率が高いのは排卵日?妊娠しやすい時期と、体づくり

    妊娠確率が高いのは排卵日?妊娠しやすい時期と、体づくり

    妊活中の方で、少しでも妊娠の確率が高い日を知りたいという方はいるのではないでしょうか。排卵日当日よりも2日ほど前の方が妊娠の確立が高いと言われていますが、排卵日はどのように計算すればよいのでしょうか。排卵日にタイミングをとるよりも、性行為の回数を増やす方が妊娠の確立は上がります。妊娠しやすい体づくりには、体重のコントロールやアルコールの摂取量に気を配る必要があります。

    ママリ編集部

  • 稽留流産した場合つわりはなくなる?続くことはあるの?

    稽留流産した場合つわりはなくなる?続くことはあるの?

    稽留流産は、妊娠初期に起こる流産のなかでも、自覚症状がないことが多い流産です。知らず知らずのうちに赤ちゃんの心拍が止まっていて、妊婦健診で発覚することも少なくありません。妊娠初期には、つわりの症状に悩まされる方が多く、つわりが続いていることで赤ちゃんが元気に育っていると感じる方がいるかもしれません。この記事では、稽留流産とつわりの関係と、残念ながら稽留流産を経験した方たちの体験談をご紹介します。

    ママリ編集部

  • 臨月のおりものと破水の違いは?尿漏れとの見分け方と注意すべき症状

    臨月のおりものと破水の違いは?尿漏れとの見分け方と注意すべき症状

    臨月に入ると、出産が近づくことで不安なことが増えてくる時期でもあります。おりものが急に増えて心配、おりものと破水、尿漏れの違いがよくわからないなど、気になることがたくさんある方もいるかもしれません。そこで、臨月はどのようなおりものが出るのか、破水、尿漏れのそれぞれの特徴から見分け方についてご説明します。ちょっとした変化も見逃さず、出産のときに慌てず冷静に対応できるとよいですね。

    ママリ編集部

  • 妊娠初期から臨月までの胎児の成長。身長と体重の目安は?

    妊娠初期から臨月までの胎児の成長。身長と体重の目安は?

    妊婦さんにとって、おなかが大きくなっていくことは、妊娠した実感を得るとともに、赤ちゃんの成長を感じられるものではないでしょうか。最近では、この限られた期間の姿を記念に残しておこうと、マタニティフォトを撮る方もいますよね。どんどん大きくなっていくおなかの中で、胎児はどのように成長していくのでしょうか。妊娠初期から臨月までの様子をご紹介します。

    ママリ編集部

  • カンジダ膣炎とは?症状や治療方法、市販薬の使い方について

    カンジダ膣炎とは?症状や治療方法、市販薬の使い方について

    女性であれば性交経験の有無を問わずかかる可能性があるカンジダ膣炎。体力が低下しているときや妊娠中などに症状が出やすいと言われています。再発することがあるためきちんと治療することが必要な感染症ですが、一度医師の診察を受け治療をしていれば、再発した際には市販薬の使用が可能です。デリケートな症状なだけに受診した方が良いのか迷うことがありますが、気になる症状が出た場合は早めの受診をおすすめします。

    ママリ編集部

  • できれば自然分娩したい!赤ちゃんが逆子のときにママができること

    できれば自然分娩したい!赤ちゃんが逆子のときにママができること

    おなかの中で日々成長している赤ちゃん。突然、逆子だということが判明して、大きな不安を抱える妊婦さんも少なくありません。逆子といえば帝王切開というイメージがありますが、できれば自然分娩で産んであげたいと思う方もいるでしょう。ですが、逆子のときの自然分娩による出産は、通常の30倍ほどのリスクをはらんでいると言われています。そのため、自然分娩で出産をしたい場合、逆子をなおすというのが最善の方法だと言えるでしょう。赤ちゃんが逆子だと判明したとき実践できる対処法を、妊娠時期別にわけてご紹介します。

    シンクアフェーズ

  • 妊婦の花粉症対策!薬が赤ちゃんに与える影響と市販薬の服用

    妊婦の花粉症対策!薬が赤ちゃんに与える影響と市販薬の服用

    妊娠中はなるべくおなかの中の赤ちゃんに悪影響のあるものは避けたいですよね。特に薬類は妊娠中には禁忌と言われているものもあるので、気にしている方もいるでしょう。しかし、花粉症は誰にでも起こりうるもの。もともと花粉症の時期になると薬が欠かせないという方であれば、「妊娠中に薬を飲んでも大丈夫?」と不安になってしまいますよね。そこで、妊娠中に花粉症の薬を使うことは危険なのか、ということについてご紹介します。

    シンクアフェーズ

  • 人工授精(AIH)とは?成功率やメリット・デメリットと費用

    人工授精(AIH)とは?成功率やメリット・デメリットと費用

    人工授精は子宮内に精子を注入していく不妊治療のひとつの方法です。不妊治療をしていく中で人工授精へとステップアップする方は多くいらっしゃいます。しかし、人工授精に進むにあたっての不安はつきないと思います。人工授精を検討している方に向けて、成功率やメリット・デメリット、人工授精の方法についてご紹介します。

    ママリ編集部