出産内祝いとは?相場はどのくらい?知るべきマナーと基礎知識

出産後、出産内祝いでお祝いしてくれた人たちに感謝の気持ちは伝えましたか?赤ちゃんと会える日は最高に楽しみな瞬間です。そしてそれは他の人にとっても喜ばしいことです。その瞬間を祝ってくれた人たちに気持ちをこめて、きちんとそのお返しをしたいですよね。産後行事の一つである出産内祝いを通して、感謝の気持ちを表現しましょう。

PIXTA

そもそも出産内祝いとは?

出産内祝いとは、もともとは出産の報告とあいさつを兼ねて、お世話になっている方やこれからお世話になる方を自宅へ招いてお披露目の宴を行うことをいいます。

出産祝いをいただいた、いただいていないに関わらず、身内で喜びを分かち合うという意図が強く、出産祝いをくれる人以外にもプレゼントを贈るというのが本来の出産内祝いの形です。

しかし現在では、赤ちゃんの出産祝いをいただいた方々に、感謝の気持ちを込めて贈るお返しのことを出産内祝いとするのが一般的です。

どれくらいのものをお返しすれば良いの?

PIXTA

親戚や友人に対しては、通常いただいた物の半分くらいの金額を贈る、「半返し」が主流です。目上の方や、高額なお祝いをいただいた方には1/3程度でも良いとされています。

必ず半分くらいにしなければいけないとか、1/3にしなければいけないというわけではないですから、返す相手の趣味趣向や喜びそうなものを考えて柔軟に対応しましょう。

ただ目安はもらった品物の1/3〜1/2くらいですから、もらったものをインターネットで調べてみて目安の金額を調べてみても良いかもしれません。

赤ちゃんが生まれてからどれくらい経った頃にお返しするの?

お宮参り PIXTA

時期は、お宮参りの頃、赤ちゃんが生まれて1ヶ月前後〜2ヶ月になるぐらいまでがよいでしょう。赤ちゃんが生まれると、ママは何かと忙しくなりますから、ある程度のリストを妊娠中に整理して作成しておくことをおすすめします。

贈ろうと思っていたのにドタバタして忘れてしまったり、忙しくて選ぶ暇なかったりなんてことにならないように。しっかり余裕をもって準備することが大切です。

出産内祝いを贈るときのポイント

ママの感謝の気持ちが伝わることが大切ですが、しっかりマナーなども抑えておきたいものです。出産内祝いを贈るときのポイントをご紹介します。

  • のしは赤白の蝶結びにする
  • 名前は子供の名前を記入する
  • 赤ちゃんの名前はふり仮名つきにする
  • 手渡しする際は一言を添え両手で渡す

出産は、何度繰り返してもよいおめでたい出来事には、のしは赤白の蝶結びの水引を利用します。そして、名前を書く際は赤ちゃんの名前がしっかりわかるように、ふり仮名つきにするとより親切ですね。

また、品物を手渡しする際は、名前を先様に向け「心ばかりの品ですが、どうぞお納め下さい」との一言を添え両手で渡すと、マナーとしては完璧でしょう。

どんなものをあげれば良いの?

PIXTA

では、実際には出産内祝いとしてどんなギフトを贈れば良いでしょうか。具体的な贈り物についてご紹介します。

贈り物の品物に決まりはある?

昔はお赤飯などを内祝いであげていましたが、現在の贈り物は多様化しています。タブーは無いとされていて、自分の個性やオリジナリティを出していくママや相手に合わせて様々なものを選ぶママなど、贈り方は様々です。

日持ちするお菓子や紅茶の詰め合わせなどは、誰宛でも喜ばれる定番アイテムとなっています。

内祝いギフトには、赤ちゃんの写真入りカードをつけたものや、商品パッケージに赤ちゃんの写真を入れたものなど、最近はギフトカタログなどで様々な内祝いギフトが用意されています。自分に合った贈り物、相手に合った贈り物を見つけましょう。

具体的にはどんな出産内祝いが良いの?

プレゼント    PIXTA

具体的なものとしては、タオルは相手を選ばない品物として人気があったり、ティータイムセットは普段は買わないけどもらったら嬉しいものとして人気があったり、ボディケアアイテムは実用性があって人気があったり、と様々な出産内祝いの贈り物があります。

友達への出産内祝いとしては、スイーツは最近特に人気が高いようです。少し意外な気もしますが、それだけ贈り物が多様化しているということでしょう。

グループでいただいた場合

友人グループや会社の方からなど、複数人からまとめてお祝いをもらうことがあります。その場合、一人ひとりに相場の半分~3分の1返しをする必要はありません。

服やベビーグッズなど、物品で受け取った場合は、1人500円程度の焼き菓子やおしゃれなタオルなどお手頃な値段のものを用意してお礼の言葉とともに渡すのがよいでしょう。

会社の方の場合には、少し高級なお菓子を持って行き、出産祝いのお礼である旨を伝えてもよいですね。

出典元:

出産内祝いで一番大事なのは相手への感謝の気持ち

感謝 PIXTA

ここまで出産内祝いを贈るにあたっての色々なマナーや選ぶポイントをご紹介しましたが、最も大事なのはお祝いしていただいた方への感謝の気持ちです。

ママは一番に赤ちゃんのことを考えているはずですから、「赤ちゃんがこれからお世話になるという感謝の気持ち」をそのまま伝えるようにしましょう。

大切な赤ちゃんが、元気に皆に見守られ、すくすく育つ環境を作ってあげるためにも、出産内祝いのマナーはしっかりおさえつつ、感謝の気持ちを伝えるを大事にして、ご近所や親せき、お友達との関係を上手に築いていきましょう。

「出産内祝い」「マナー」「相場」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!