1歳の子供の発達と、きっと好きになるおすすめおもちゃ10選

もうすぐ1歳を迎えるお子さんへのプレゼントに悩まれている方!今回は、以前勤めていた保育園で大人気だったおもちゃや、実際に1歳10ヶ月の娘がよく遊んでいるおもちゃをご紹介します。性別は関係なく、1歳の子供達が夢中になるおもちゃを厳選して紹介します。ぜひ、プレゼント選びなどの参考にしてみてくださいね。

PIXTA

1歳になるとどんなことができるの?

プレゼントを選ぶ前に1歳児はどんな時期なのか分かっておくと、おもちゃを選ぶ時の参考になります。まずは1歳の成長について詳しく見ていきましょう。

1.歩けるようになる

子供 PIXTA

個人差はありますが、1歳を迎える前後に歩けるようになります。そうすると、子供たちの視界は一気に広がります。

そして、見えなかった景色が見えるようになり、「あれはなんだろう?」「これは何をするものだろう?」とあちこちに興味が広がり、動き回るようになって、大人はますます目が離せなくなります。

2.手先が器用になる

おもちゃ PIXTA

指先の使い方が器用になって細かな物を掴んだり出来るようになっていきます。指先のコントロールが上手になってスプーンなどの道具も上手に使えるようになっていきます。

まだまだ食事はこぼしてしまうことも多いのですが、本人のやる気を尊重して見守ってあげるとよいですね。

3.言葉を溜める お話が上手になる

赤ちゃん PIXTA

個人差が大きいですが1歳児は言葉を話せなくても、聞いています。そして、理解しています。たくさんの言葉を自分の中に溜め込んでいる時期です。私の保育士としての経験上、少しずつ言葉を話す子もいれば、ある時期に一気に話しだす子もいます。

その表現の仕方は、それぞれの個性なのではないかと思います。たくさん語りかけて、お子さんにたくさんのことを伝えていきたいですね。

1歳児がハマるおもちゃをご紹介

1才 おもちゃ PIXTA

保育園で取り合いになるほど、人気だった物、娘がお気に入りで楽しんで遊んでいるものを紹介します。

プルトーイ ムカデ

ドイツ ニック社 NIC WALTERむかで

実際に保育園でも子供たちが引きずって歩いて遊んいました。歩ける楽しさを味わえます。まだ、歩行が安定するまでは上手に出来ませんが、段々と上手になっていきます。

やがて、「一緒に散歩に行く」などごっこ遊びにも発展していきます。

HABA ハバ社 木製 おもちゃ 知育玩具 スタッキングトイ ブロック 積み木 Convoi Pull & Stack Toy

こちらは娘が実際に遊んでいるおもちゃです。引きずって遊べるだけでなく、棒にパーツを差し込んで遊ぶこともできます。

さらに引きずって歩くにはバランスも必要です。思いっきり引っ張るとひっくり返ってバラバラになってしまうのです。何度も失敗をしながら、娘も力加減と歩く速度を学んだようでようやく上手に引っ張って歩けるようになりました。

スタッキングトイブロック

よちよちベビーウォーカー

こちらはおでかけ先のキッズスペースにあったものです。押して歩ける、手先の遊びもできる、音もなる、この3点が揃っているので1歳児にはたまらないおもちゃだと思いました。

なんと豪華な、なんと贅沢な!これさえあればいいのでは!と見つけた時は私が興奮してしまいました!娘も全てのパーツで遊んでお気に入りのようでした。

森のパズルバス

こちらもキッズスペースで娘が喜んで遊んだおもちゃです。押せる、乗れる、型はめもできるの豪華版です。型はめは形を覚えることもでき、問題解決遊びとしてゆくゆくはパズルなどの遊びに進んでいく第1歩になるのではないかと思います。

できた時にたくさん褒めるとお子さんの自信にもつながり、さらに意欲が出てくるので、楽しんで一緒に遊びたいものですね。

積み木 日本製ハンドメイド43ピース

保育園でも積み木で初めて遊ぶ子供たちは、積み木を積むよりも、投げたり、打ち付けて音を出すことを楽しんだりしていました。そのうち大人が積み上げて作った物を壊すのが楽しくなり、ようやく自分で積み上げたり、並べたりして遊ぶようになります。

ままごとの食べ物になったり、お金になったりとごっこ遊びにも積み木を使って遊んでいました。子供たちの発想次第でいろいろな遊びが出来るのもシンプルな積み木だからこそだと思います。

デュプロ 基本セットみどりのコンテナデラックス

ブロックも長く遊べるおもちゃです。色や形、動物、車等など遊びながら色々なことを学べます。保育園ではもちろんのこと、小学校の放課後教室でも子供たちが遊んでいました。その頃になると、家や町など色々な物を作ってごっこ遊びをして楽しんでいました。

お子さんの好みに合わせて動物や車など買い足して行けることも良いですよね。娘は動物が好きなので動物を並べて動物園を作って遊んでいます。

ハンマートイ 大工さん

こちらは保育園でも我が家でも大人気です。叩くのも面白いですし、横から出てくるのも楽しいです。娘は思いっきり叩いてペグが勢いよく出てくるのが楽しくて何度も何度もやっています。

勢いよく飛び出て、転がっていく様子がまた面白いようで声を上げて笑っています。飛んだペグがソファーの下や見えないところに行ってそれを探すのも楽しいみたいです。

くいしんぼうルールー

くいしんぼうルールー

ルールーのお腹が絵本になっていて、お話の中にファスナーやめくって遊ぶところ等指先を使って楽しめる仕掛けがあります。

娘は以前は出来なかったのですが、小さなルールーのお腹のファスナーを一人で開けられるようになりました。お出かけにも持って行けるサイズなので長距離の移動の時はルールーに助けられています。

ままごと いっぱい木箱セット

ままごと いっぱい木箱セット

野菜や食品の名前を覚えられますし、段々とままごと遊びに発展していきます。言葉のやり取りも遊びをとして楽しめますね。ままごとは女の子の遊びかと思われがちですが、男の子も好きですよ。保育園では小さいお父さんがよくご飯を作ってくれました。

娘は1歳になってすぐはマジックテープなので手で割っていました。段々と包丁を上手に使えるようになりました。今ではお皿いっぱいに盛り付けて振舞ってくれます。私が手で食べようとすると「スプーンで!と」スプーンを手渡してくれます。いつも、私がやっているからでしょうね。

オーガニックコットンのぬいぐるみ

ORGANIC GARDEN オーガニックコットン ぬいぐるみ リングダックス

段々と子供たちは、ぬいぐるみに自分が大人にしてもらっていることをしてあげるようになります。ご飯を食べさせたり、寝かしつけたり、再現して遊ぶようになります。言葉を話すようになると語りかけたりするようにもなっていきます。時にはその姿に自分の関わりを反省することがあったりもします...。

ぬいぐるみに子供たちにとっては一緒に遊ぶ「友達」です。時には子ども、お客さん、乗客、色々な者になってくれるぬいぐるみはごっこ遊びには欠かせないと思います。

おもちゃ選びはお子さんと一緒に楽しめるものを!

子供 おもちゃ PIXTA

色々なおもちゃを紹介してきましたが、いかがでしたか?1歳の子にとっておもちゃを通して一緒に遊ぶ大人の笑顔が、お子さんがおもちゃを好きになって大事にして遊ぼうと思える一番大切なことだと思うのです。 

ママも一緒に遊んで楽しいおもちゃを見つけてくださいね。

「プレゼント」「おすすめ」「1歳」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!