簡単にできるクリスマスのキャラ弁8選!雪だるまなどのレシピと作り方

意外と簡単にできるキャラ弁を作り方付きで8選ご紹介していきます。キャラ弁は大変そうなイメージがあるし、クリスマス風にするにはサンタクロースや雪だるま、トナカイを作らなければいけなかったり、作る前から本当に私にできるのかしら、と考え込んでしまうママも多いですよね。でも、実は難しそうに見えて意外と簡単に作れてしまうキャラ弁が多いんです。クリスマス風キャラ弁を作って、お子さんを喜ばせてあげましょう。

PIXTA

簡単にできるクリスマスのキャラ弁6選

キャラ弁もそろそろクリスマスの時期です。クリスマス風にするといってもどうやって作るのかは、作ってみないとわからないですよね。

今回はレシピ付きで、クリスマスにぴったりのかわいいキャラ弁をご紹介していきます。

6.ミニハンバーグでトナカイリース弁当

キャラ弁 季節もの 画像:ameblo.jp

かわいらしいトナカイのクリスマス弁当です。こちらのお弁当は、ご飯を敷き詰めて、メインのハンバーグを真ん中にのせるだけと構造が簡単なので初めてキャラ弁を作る方にも簡単でおすすめです。

目や頬などの細かいパーツを作る型抜きなども、100均で買えたりするので利用すると便利ですね。子どもは顔になっていると、うれしくて嫌いな食材も食べてくれることもありますよ。

材料

  • ご飯:茶碗1杯
  • ミニハンバーグ:1個
  • ウインナー:1本
  • 赤ウインナー:1本
  • スライスチーズ:適量
  • 海苔:適量
  • マヨネーズ: 適量
  • サラダスパゲッティ:適量

作り方

1.ご飯は丸く詰めて真ん中を少しくぼませ、ハンバーグを置きます。ご飯の周りをレタスで囲みます。無ければバランを使ってください。あられもあれば色がきれいになります。

2.ウインナーを角の形にカットします。赤ウインナーがない場合はここでカットした端っこの部分を鼻として使ってください。パーツは組み立てたらサラダスパゲッティで固定します。

3.目と頬は、ストローで抜いたチーズと海苔で作り、どちらもマヨネーズでくっつけます。爪楊枝でカットしたベルなども添えると雰囲気が出ます。

ザッキー☆のキャラ弁LIFE

5.トナカイのかわいい顔弁

キャラ弁 季節もの 画像:ameblo.jp

こちらは、普通のお弁当を作る要領でお弁当を作った後に、ご飯部分を使ってトナカイのお顔を作ってあげたかわいい簡単キャラ弁です。

これだったら初心者のママも挑戦しやすいですよね。ご飯部分は、鶏そぼろを使ってあげたりとアレンジしてみても楽しめますよね。

材料

  • ご飯:茶碗1杯
  • 鰹節:適量
  • 皮なしウインナー:1本
  • 赤ウインナー:1本
  • 海苔:適量
  • スライスチーズ:少々
  • マヨネーズ:接着用
  • サラダスパゲッティ:固定用
  • にんじん輪切り:1枚
  • 醤油:ご飯用

作り方

1.お弁当箱にご飯を詰めて醤油を垂らし鰹節をまぶします。

2.ウインナーは茹でてから冷まし、端を切り落として残りは縦半分に。それぞれをツノの形にカットします。赤ウインナーも端をカットします。

3.ご飯にウインナーを並べてサラダスパゲッティをさして固定します。ツノの方は斜めにサラダスパゲッティをさしてご飯にささるようにします。

4.目は海苔で作り、マヨネーズで貼り付けます。瞳の部分はスライスチーズをストローで抜いて作り、同じくマヨネーズで付けます。にんじんは茹でてから型で抜きサラダスパゲッティをさして固定します。

ザッキー☆のキャラ弁LIFE

4.うさぎサンタのおにぎり弁当

うさぎサンタのおにぎり弁当~♪ 画像:ameblo.jp

おにぎりを使って真っ白なうさぎさんサンタを作ってあげた、キャラ弁当です。こちらも真ん丸おにぎりにパーツを取り付けるだけと簡単なのですぐにできますよ。

パーツはパスタなど食べられる素材で作るといいですね。楊枝やピックだと誤飲してしまう心配がありますが、パスタだとそこまで硬くなく、食べられてしまうので安心です。

材料

  • ご飯:100~120g
  • 塩:少々
  • はんぺん:少量
  • ビアハム:少量
  • 海苔:少量
  • パスタ:1/2本
  • おかず:お好みのもの

作り方

1.ご飯をラップで包み塩むすびを作ります。はんぺんを薄く半分に切り、先端をハートの型抜きで丸くします。

2.海苔をパンチで抜いておきます。はんぺんに揚げパスタを刺し、ストローで抜いたビアハムでほっぺを作ります。

3.お弁当箱におかずを詰めます。ボイルしたウインナーに細く薄く切ったはんぺんを巻きつけ、揚げパスタで固定します。作ったパーツをつけてできあがりです。

とまとママのおいしいごはん

3.サンタ帽子のパンダおにぎり弁当

キャラ弁 季節もの 画像:ameblo.jp

和風のお弁当箱が映える、パンダサンタのキャラ弁です。こちらも普通のお弁当を作る要領で、おかずを詰めて、真ん丸おにぎりにパーツを付けるだけの簡単作業でできちゃいますよ。

おにぎりの中身の具は、好きなものにできるのでいいですよね。黒豆のぴかぴか感がなんともかわいらしいお弁当です。赤いウインナーも好きなお子さんは多いですよね。

材料

  • ご飯:茶碗1杯
  • 黒豆:4粒
  • 海苔:適量
  • スライスチーズ:少々
  • サラダスパゲッティ:適量
  • 赤ウインナー:1本
  • 竹輪:1cm
  • ケチャップ:少々

作り方

1.塩を振ってから、おにぎりをラップで握ります。お弁当箱におにぎりから詰めて、おかずをうめてからパーツをつけます。耳は黒豆をサラダスパゲッティでさして固定します。

2.目と鼻はノリで作ります。鼻は海苔パンチです。瞳はスライスチーズをストローで抜き、ストローで抜いたら厚みを半分にして貼ります。

3.帽子は茹でた赤ウインナーに竹輪の輪切りをはめ込んだものです。パンダの頭にサラダスパゲッティで固定し、最後にほっぺにケチャップをつけたらできあがりです。

ザッキー☆のキャラ弁LIFE

2.詰めるだけご飯でクリスマスゆきだるまのキャラ弁当

詰めるだけご飯でクリスマスゆきだるまのキャラ弁当 画像:meloncafe.blog.jp

詰めるだけで雪だるまに変身の簡単キャラ弁です。普通に詰め込んだご飯に、パーツをのせるだけでできちゃいますよ。明けた時に、にっこりお顔がでてきたらうれしいですね。

かにかまの赤やチーズの白が、クリスマス感を出していて素敵ですね。クリスマスの赤、白、緑は、食材に多い色なので彩りもできておいしそうに見えて一石二鳥ですね。

材料

  • ご飯:80~120g
  • 海苔:八つ切り1/4枚
  • スライスチーズ:1/2枚
  • かに風味かまぼこ:1本
  • マヨネーズ(貼り付け用):少量
  • ケチャップ:少量

作り方

1.ご飯をお弁当箱の片方に寄せて詰め、お好みのおかずを残り片方に詰めます。

2.キャラ部分のパーツを作り、貼っていきます。それぞれ、裏にマヨネーズをつけると持ち運び時にもズレにくくなります。スライスチーズは竹串等を使い、すーっと線をひくように切り抜きます。

3.サンタ帽子は、赤い部分をかに風味かまぼこ、白い部分をスライスチーズで作ります。目と口の海苔は、ちいさな海苔切り用のハサミで切るとやりやすいです。ほっぺにケチャップをのせてできあがりです。

めろんカフェ

1.簡単&時短なスノーマン弁当

簡単&時短なスノーマン弁当 画像:ameblo.jp

おしゃれなスノーマンのキャラ弁当です。高校生くらいの女の子に持たせても、おしゃれでかわいいので喜んでくれそうですよね。

おにぎりを3個並べて作るのは、なかなか思いつかないので斬新ですね。おにぎりの具を自由に決められるのも魅力的です。お子さんの食べられる量によって大きさも変えてあげることができますね。

材料

  • ご飯:茶碗1杯
  • にんじん:適量
  • グリーンピース:1つ
  • ハム:適量
  • チーズ:適量
  • 海苔:適量
  • 揚げパスタ:適量

作り方

1.真ん丸おにぎりを3つ作り、画像のようにお弁当箱に詰めます。このとき、おにぎりは大きさ不揃いの方がかわいいです。

2.帽子になる位にカットしたにんじんの皮を剥き、さらに桂剥きして画像の様にパーツを作ったら茹でます。にんじんを茹でている間にパーツを型抜きして準備しておきます。

3.茹で上がったにんじんとグリーンピースを画像の様にパスタで固定し、残りのパーツをマヨネーズで接着して揚げパスタで手を付けたらできあがりです。

*Paradise Kitchen*

意外と簡単にできるクリスマス風のキャラ弁

クリスマス PIXTA

クリスマスに作りたいキャラ弁を8選ご紹介しましたが、どれも意外と簡単で慣れてしまえば、簡単に作れてしまうものもありましたね。少し工夫するだけで、間食してくれる子も多いのでママとしても作り甲斐があると思います。

ママが頑張って作っているキャラ弁は、お弁当の箱を開けた瞬間、子どもたちは絶対に喜んでくれるはずですよ。クリスマスにはクリスマス風のキャラ弁を作ってさらに子どもたちを喜ばせてあげましょう。

おすすめ記事

「クリスマス」「キャラ弁」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧