懐かしの番組「にこにこぷん」の意外な雑学。ぴっころにお母さんがいないのはなぜ?

懐かしい「にこにこぷん」のぴっころ、じゃじゃまる、ぽろりの意外な設定と豆知識をまとめました。

PIXTA

ママ&パパが子供時代に夢中になった「にこにこぷん」、覚えていますか?

1982年4月5日から1992年10月3日まで放送された、NHK「おかあさんといっしょ」の中の人形劇、「にこにこぷん」。

そこで今回は、懐かしアニメ「にこにこぷん」の、知られていなかった意外な豆知識をまとめてみました!

「にこにこぷん」って何?

ブラウン管 テレビ PIXTA

宇宙のかなたの星、「にこにこ島」を舞台に、じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりの3人が、時には笑い、時には泣き、またある時には冒険をしたりする、勇気と友情あふれる物語です。

3人のメインキャラクターを紹介していきます。

ぴっころ

本名:ふぉるてしも・ぴっころ

ふんボルトペンギンの女の子。3歳。

バスト230cm、ウエスト288cm、ヒップ270cmのダイナマイトボディの持ち主で、強め女子の代表です。じゃんけんはパーしか出せないんだとか。

じゃじゃまる

ふくろこうじ・じゃじゃまる

本名:ふくろこうじ・じゃじゃまる

うらおもて山猫の男の子で5歳。

赤いチョッキにしましまのシャツを合わせ、首にはバンダナを巻いている。シャツからはみ出した出べそがキャームポイント?

「ゴロニャーゴ」が口癖。『にこにこぷん』のリーダー的存在

ぽろり

本名:ぽろり・カジリアッチIII世

ネズミの男の子。4歳。

語尾に「なのだ」とつけて喋るのが特徴です。

祖先が海賊だから、いつも頭にバンダナを巻いているそう。気が弱くて、「ヨヨヨヨ」と泣くシーンがよく見られます。頑張れ海賊。

意外と知らない!?話題の「にこにこぷん」豆知識10選

テレビ 子供 日本人 PIXTA

「おかあさんといっしょ」の人形劇放送期間ランキングで堂々の1位!

実は、「にこにこぷん」の放送期間は10年以上。歴代で最長の期間を誇っています。

ちなみに次の「ドレミファ・どーなっつ!」は7年半、その次の「ぐ〜チョコランタン」は9年なので、群を抜いていますね。

また、「にこにこぷん」放送中に、元号が昭和から平成に代わったので、「昭和最後の人形劇作品」であり「平成最初の人形劇作品」ということになります。貴重ですね!

舞台である「にこにこ島」の謎

南の島 PIXTA

主人公の3人は、宇宙のかなたの地球によく似た星・にこにこ島を舞台に活躍します。

実はこのにこにこ島、詳細な設定がなされていること、ご存知でしたか?

にこにこ島は大宇宙のかなた、時間と空間を超えた地球にそっくりな星にある。気候は温帯と亜熱帯の中間で、果物や木の実、魚や貝などの食べ物が豊富にある。昔は大陸の一部だったらしく、北と南の動植物が一緒に暮らしている。 出典: www.nhk.or.jp

具体的な所在地は明らかにされていませんが、これについて様々な憶測が飛び交っているようです。

海上にある島であることは前述の番組内でも明らかにされているが、具体的な所在地についてはまったく公開されていない。これは、国が島の環境保護と文化保護のため立ち入りを禁止しているためとNHKは説明している。しかし、立ち入りを禁じる必要があるというだけでは所在地を非公開にする理由として不自然である。日本政府も同様にこの島の所在地を非公開としており、このことからこの島には国家的な機密が存在すると考える人も多い。NHKの生物兵器の実験場が存在したと主張する人もいる。また、この島は実は日本の領海内には無いと言う説もある。なお、この島は実は地球外の惑星にあるという噂も流れたが、さすがのNHKも地球外に取材に行けるとは考えられない。これは政府のカバーストーリーの一つと考えられている。 出典: ja.uncyclopedia.info

にこにこ島についてここまで深く考察されるとは、さすがのNHKもびっくりでしょう。

引き続き調査を続けていただきたいものです。

主人公の3人にはお母さんがいない?!

主人公のぴっころ、じゃじゃまる、ぽろりの3人には、お母さんがいません。

ぴっころは家族がいるかどうか不明。じゃじゃまるは母親がどこにいるのか知らない。ぽろりは家族と離れて一人旅の真っ最中です。

これは、脚本家の井出隆夫さんが、母親と一緒にテレビを見ることができない子供への配慮として意図的に設定したものであると言われています。

テレビを見ている子供達の、さまざまな家庭環境に気を配った作品だったのですね。

主人公の1人・ぽろりの人生の奥深さ

海賊 船 PIXTA

ピンク色のバンダナが特徴のぽろり。

アニメの中では謙虚で優しい泣き虫さんとして描かれていますが、実は彼、壮絶な経験をしているようです。

有名な海賊「ねこいらず・カジリアッチ」の子孫だそうです。

カジリアッチ家のならわしとして幼稚園の卒業後に船を与えられ、祖先の隠した財宝を探す旅に出たところ、にこにこ島に漂着しました。

まさか航海の途中だったなんて!

ちなみに嫌いな食べ物はピーマンで、見たり名前を聞いたりしただけで寒気がすると同時に気を失うほど嫌っているみたいです。頑張れ海賊。

今でもグッズが大人気!

現在のママ世代が子供の頃見ていたキャラクターなので、今でもグッズは大人気です。

あのソラマチにグッズが並んだり、

ヤマザキパンとコラボした商品が出たりしています。

懐かしくて、ついつい買ってしまう!というママも多いのではないでしょうか。

「にこにこぷん」のゲームが発売されていた

ゲーム コントローラー PIXTA

キャラクターグッズの他に、なんと以前、「にこにこぷん」のゲームが発売されていたようです。

その名も、『にこにこ、ぷん』。

タイトルはそのまんまですね。1991年、NHKエンタープライズよりPCエンジンとしてゲーム化されたようです。

アニメ「サザエさん」に出演したことがある

ちゃぶ台 PIXTA

「にこにこぷん」のキャラクターは、他作品にゲスト出演している回数が最多と言われています。

1992年、「サザエさん」で、磯野家が見ていたテレビの中にぴっころ、じゃじゃまる、ぽろりの3人が登場したり、

フジテレビの「ひらけ!ポンキッキ」内で、ガチャピン&ムックと夢の共演が果たされたりしました。

「ポンキッキ」放送5000回記念のサプライズゲストだったそうです。人気者は忙しいですね!

紅白歌合戦に登場?!

1987年の「第38回NHK紅白歌合戦」にて、応援ゲストとしてじゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりが出場しています。

1999年の「第50回NHK紅白歌合戦」では、「だんご3兄弟」のバックキャラクターとして登場。

また、2006年には「みんなのうた45年!キッズショー」のバックキャラクターとして出場し、BSのイメージキャラクターであるななみちゃんと共演も果たしています。

NHKも「にこにこぷん」のキャラクターを大切にしているのですね。

ぽろりとフリーザ様とばいきんまんの声は…一緒?!

声優 PIXTA

泣き虫海賊・ぽろりの声。

実は、『ドラゴンボール』のフリーザ、『アンパンマン』のばいきんまんも担当した声優さんなんです。

中尾隆聖さんという方で、ぽろりを演じた後、初めてばいきんまんの絵を見て、「また、ねずみかと思った」と語ったそうですよ。

ぴっころの声は宮崎アニメのあの子と一緒!

さて、ブランド立ち上げで話題になっているぴっころですが、彼女を担当した声優さん、実は「バルス!」で話題沸騰中の、あの宮崎アニメのメインキャラクターの声も担当したようです。

それが…

そう、

「天空の城ラピュタ」のシータです!

また、「ドラえもん」の初代ドラミちゃんも同じ声のようです。

意外すぎる組み合わせですね…!

「にこにこぷん」フィーバーはまだまだ続く

リアルタイムで「にこにこぷん」を見ていた子供時代には気づかなかったけれど、おもしろい雑学がこんなにあったとは驚きですね。

子供を持つママにとって、再び身近な存在になったEテレ「おかあさんといっしょ」。

時代によって変わっていく人形劇シリーズにもさまざまな設定が隠されているのですね。現在放送されている人形劇も、注意深く見てみると新たな発見があるかもしれません。

「NHK」「アニメ」「懐かし」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!