産後太りの原因は実は骨盤にある?骨盤の引き締めや骨盤矯正で予防・対処しよう

出産後に以前よりも太ってしまう「産後太り」に悩むお母さんはたくさんいらっしゃいます。そもそも産後太りとはなぜ起こるのでしょうか。産後太りにならないための体重管理とはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。産後太りをする原因と解消方法についてまとめました。妊娠前のすっきりした体に戻って快適な毎日を過ごしましょう。

PIXTA

産後太りとは?

妊娠中は妊娠前と比べて体重が増加しますよね。赤ちゃんの分の体重だろうと思って、出産後すぐに体重は減るのかと思いきや、思ってたより減らなくて困った!という方は多いのではないでしょうか。

一般的に「産後太り」と呼ばれる出産後の戻らない体形。そもそもなぜ産後は太ってしまいやすいのでしょうか?

出典元:
産後の骨盤はどんな状態?産後に使える骨盤ベルト3つもご紹介

関連記事:

産後の骨盤はどんな状態?産後に使える骨盤ベルト3つもご紹介

出産後、女性の体は大きく変わります。 妊娠・出産によって骨盤が開くことに…

産後太りの原因

ダイエット PIXTA

産後太りの原因、それは骨盤の歪みによるものが大きく関係しています。妊娠前まではいていたスカートやズボンが入らなくなったのは、ただ単に太ってしまったから以外にも原因があるのです。

これは仕方がないことですが、太る原因はこの開ききった骨盤が元の状態に戻っていないことにあるとされています。出産の際、ホルモンの影響で骨盤が緩みます。

開ききった骨盤が元に戻るスピードは個人差があることなのですが、ゆがみによって内臓や自律神経に負担をかけてしまうこともあるといわれているようです。

整骨院や接骨院などで調整してもらったり、自宅でセルフケアしたりするのがよいでしょう。

出典元:

産後の体重管理の方法

ダイエット PIXTA

産後太りのまま何年も経ってしまった!となってしまわないように、やるべきことをご紹介します。産後は赤ちゃんのお世話に忙しいですが、後悔しないよう実践しましょう。

なお、産後直後は体の回復もまだ完全ではありません。医師の判断により、日常生活を送っても良いと許可が出てから行うようにしてください。

骨盤矯正

産後の骨盤矯正に骨盤ベルトを使用する方法があります。骨盤の安定にもつながるので装着することで楽に感じる人もいるようです。

整骨院などに通って骨盤矯正をする場合、1回で良くなるというものではないため、定期的に通わなくてはいけません。育児が忙しくなる産後に整骨院に通い続けるのは大変なことですよね。

最近では、自宅のセルフケアを丁寧に指導してくれるところもあるので、教わったセルフケアを行い、個々の歪みに合った方法で改善していきましょう。

出典元:

食事の見直し

食事 PIXTA

母乳での育児は、赤ちゃんに母乳をあげるだけでいつもより多い食事量を必要としますし、食欲も増すでしょう。

栄養をバランスよくしっかり摂るようにし、意識して野菜を摂りながら食事の内容に気を配れば、心掛け次第では体重を落とすことができます。

いつもの食事に副菜を1品プラスするだけでも良いのだったら明日から始められそうですね。

ただし、母乳育児中は過度の食事制限はNG

母乳育児は、ママにとっても赤ちゃんにとってもよい方法です。赤ちゃんの栄養である母乳はママの食事から作られます。

そのママの食事を過度に制限すること(極端なカロリー制限や栄養バランスの偏り)は、赤ちゃんにとってもあまりよいことではありません。

母乳育児の場合は、食事制限をするとしても脂っこいものを控えたり、炭水化物を抑え目に摂取したりといった配慮をする程度に留めましょう。

赤ちゃんと一緒に運動もおすすめ

運動 PIXTA

赤ちゃんを抱っこしながらスクワットをするなど、育児の中にエクササイズを取り入れるのも気軽に始められるのでおすすめです。

赤ちゃんと一緒にエクササイズをするためのセミナーなども開かれていますので、一度調べて参加してみてはいかがでしょうか?そこでママ友ができたらダイエットがもっと楽しくなりそうですね。

出典元:

産後太りしないために、まずは骨盤を締めましょう!

骨盤 PIXTA

産後太りをしないためには、出産後に骨盤を締めることが大切です。出産を機に、正しくきれいに矯正しなおすチャンスと考えられている方もいらっしゃいます。

出産後、骨盤の開いた時期をうまく使ってきれいでしなやかな体型になりたいですね。

「産後太り」「原因」「骨盤」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!