髪の毛が少ない赤ちゃんにだって可愛い髪型をさせたい!そんなママの願い叶えます

赤ちゃんの髪の毛って生まれてた時からフサフサな子もいれば、少ない子など個人差がありますよね。そして赤ちゃんはお宮参りに100日祝い、お友達へのお披露目やハーフバースデーに初節句など、おめかしする場面はたくさん!今回は髪の毛が少なくても十分楽しめるかわいいヘアアレンジのコツや方法をご紹介します。

PIXTA

赤ちゃんをかわいい髪型にする時のポイントは?

赤ちゃんの髪の毛は赤ちゃんによってバラバラ!生まれた時からフサフサの子もいれば、少ない子もいますよね。

なかなか伸びない子や、うまれた時よりも減ってしまう子もいます。生え変わるタイミングも人それぞれです♪

そんな赤ちゃんでも可愛く出来るアレンジできるアイテム選びについてまずはご紹介します♪

赤ちゃんの髪の毛はいつから生えるの?体験談

関連記事:

赤ちゃんの髪の毛はいつから生えるの?体験談

赤ちゃんの髪は十人十色。産まれた時からフサフサの赤ちゃんもそうでない赤…

マジックテープで安心!ヘアクリップ

ベビーマジックファスナーポンポンフラワーパッチンどめ

赤ちゃんってどんな動きをするかわかりませんよね!金具がついていると危険な場合も。こちらはマジックテープでとめるタイプなので安心ですよね♡

新生児の柔らかい髪の毛にも安心して使えそうですね♪

髪の毛がまだ伸びてない赤ちゃんにはヘアバンドやカチューシャがおすすめ

カラフルバブルリボン&ドッドフラワー&パールリボンヘアバンド

赤ちゃんが結ぶ髪の毛がなくても大丈夫です♡ヘアバンドやカチューシャでとっても可愛くなるんです。

お洋服に合わせてコーディネートするととっても華やかになりますよ♪

しかも小さくないので、誤飲の心配もありません!低月齢の赤ちゃんにおすすめなアイテムです!

赤ちゃんのヘアバンドを手作りしよう!ベビーヘアバンド作品集

関連記事:

赤ちゃんのヘアバンドを手作りしよう!ベビーヘアバンド作品集

髪の毛を結べない赤ちゃんでも、頭に付けるだけで可愛く仕上がるヘアバンド…

髪の毛が伸びたみたい!ウィッグ付帽子♡

フラワーストーンウィッグニット帽

赤ちゃんの髪の毛が少ないと、髪の毛が伸びたらどんな感じだろう?と想像しますよね!ウィッグが付いているので、まるで毛が伸びたみたいです♡お出掛けに良いですね!

こんなのあるの!?ペッタンするだけ!

Girlie Glue(ガーリーグルー)天然素材ベビーアクセサリー留め

グルーをヘアアクセサリーに付けて赤ちゃんにペッタンしたら一日中キープ!外す時は水で流すだけ。髪が少ない赤ちゃんにも大きなかわいいアクセサリーをつけてあげられますね。

中途半端に伸びてきた髪の毛もグルーを使ってまとめる事が出来ますよ。水で落ちるので、ゴムを外そうと引っ張って痛い思いをする事もありません。

髪の毛が少なくてもいろいろ出来る!可愛いアレンジ4選

可愛いアレンジの方法を簡単にご紹介します。毎日可愛い髪型にしたくなること間違いなし!これぞ女の子ママの楽しみ♡

1.前髪をヘアクリップでとめるだけ♡

髪の毛が少ない赤ちゃんって男の子に間違えられてショックを受けることが筆者にはありました。でも前髪をヘアクリップでとめるだけでとっても可愛らしく♡

前髪を少しねじりながらまとめてあげると、バラけにくくなりますよ!これで男の子?なんて聞かれる心配なし!

2.一つにまとめて結んじゃう♡

頭 PIXTA

髪の毛が少し伸びてきたら一つにまとめてあげると可愛いです♡

赤ちゃんの髪の毛って前髪だけ伸びてきたり、生え揃わず長さがバラバラだったりしますよね。

3.前で結んで、まえがみちょん♡

赤ちゃん 髪型 PIXTA

前髪が伸びると目に入ってしまう。。でもせっかく伸びてきた髪の毛切りたくない!という気持ちよくわかります!前髪をちょんっと結んじゃいましょう♪これがまた可愛いんですよね♡

4.後ろで結んで、ルーズなおくれ髪も女の子らしい♡

生え揃わないうちは長さもバラバラ。。ざっくり2つにまとめて落ちてくるルーズなおくれ髪も女の子らしくてかわいいです♡髪の毛がきつく引っ張られると嫌がる子もいるので、緩めに結んであげると気にならないかもしれません!

髪の毛が伸びていくペースにあわせてアレンジを楽しみましょう!

赤ちゃん ママ 髪 PIXTA

髪の毛の少なかった赤ちゃんも毛が伸びてくるとすっごくうれしいですよね!アレンジの幅も広がります♡

筆者の生後7ヶ月の娘も毛が薄くなかなか伸びてくれないので、ヘアバンドを愛用中です♪

ママも娘もせっかく女の子なんだもん!工夫をしながら、いろんな髪型にチャレンジして素敵な毎日をたのしみましょうね♡

今話題の記事

「赤ちゃん」「髪型」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧