双子の男女の子育ては大変?悩みや体験談あるある10選

双子には、一卵性双生児と二卵性双生児の二つの分類があります。そのうち、男女の双子が生まれるのは二卵性双生児の場合。双子の男女はとってもかわいいですよね。今回はそんなかわいい双子の男女の画像をご紹介したいと思います。また、男女の双子育児や、双子ママでなくても思わず共感してしまうあるあるエピソードを集めました。

PIXTA

双子の男女、かわいい画像を紹介

子供は見ていて癒やされます。双子には双子ならではのかわいらしさがあり、同性の双子はもちろん、男女の双子はどこに行っても注目の的かもしれませんね。

そんなかわいい男女の双子コーデを紹介します。

男女の違いをいかした「リンクコーデ」

双子といえばおそろいのコーディネートをさせたいというママもいるのではないでしょうか。。男女ならではのお揃いコーディネートは同性と違った楽しみ方ができて良いですね。

お洋服代も2人分というと大変さが増すように思いますが、このお揃いのかわいさは双子ならではの醍醐味です。

男の子にはダッフィー、女の子にはシェリーメイ

仲良し双子ちゃん。ママのお気に入りのキャラクターで2人組のものがあれば、それに合わせて双子のコーデや持ち物を考えることも楽しいかもしれません。

双子男女のここがかわいい!あるある体験談5選

井戸端会議 PIXTA

双子だからこそのエピソードはたくさんあります。こちらでは、思わず笑顔になるようなかわいい双子の体験談を集めました。

微笑ましい双子あるあるエピソードに癒されてください。

1.お腹の中にいる時から仲良し

双子コーデ PIXTA

エコーで見たとき手つないで抱き合ってたらしいw 出典: aruaru.me

双子はお腹の中にいる時から仲良し。エコーでこちらの方のように、手をつないでいたという話は他の口コミでもみられました。

双子を妊娠している人は、検診でエコーを見るのが楽しみになりますね。

2.男女で抱き心地が違う!

男女で抱き心地が違う! PIXTA

赤ちゃんの時から、抱き心地が違いました。
男の子は棒か板のように直線的なんですけど、
女の子は頭からお尻にかけて自然とまあるい感じです。
出典: shizukanas.blog.fc2.com

こちらのママは双子でも抱き心地が違うという体験談を紹介してくれました。

男女の双子は月齢も一緒です。だからこそ、抱き心地の違いを実感できますね。

3.お互いの気持ちが分かり合っているみたい

お互いの気持ちが分かり合っているみたい PIXTA

お互い気持ちが分かりあえるので、私が一人をしかっていると、「お母さん、○○は△△の気持ちでしちゃったんだから、許してあげて」と本人からは話にくい気持ちも教えてくれたりします。
出典: komachi.yomiuri.co.jp

双子のどちらかを叱ったときに、もう一人からこんな風に気持ちを代弁されたら、ママもこれ以上怒れなくなりますね。

お互いを思い合う気持ちがとても伝わってくるエピソードです。

4.男女の双子だから遊びもミックス

男女 子供 PIXTA

2歳頃はバトルもありましたが、言葉が円滑になってくるにつれケンカはしなくなりました。
最近では二人で『ポケモン&ガンダム&リカちゃんミックス訳わかんない遊び』を仲良くやって遊んでます。 出典: komachi.yomiuri.co.jp

男女の双子だからこそ、遊びの幅も広がるかもしれません。お互いが楽しめるように「ポケモン&ガンダム&リカちゃんミックス訳わかんない遊び」を考え出すなんて、子供の発想力は素晴らしいですね。

ママも、今度はどんな遊びを考え出すのか楽しみになりそうです。

きょうだいでもマネしたい~!双子ちゃんの可愛~いおそろいコーディネート♡♡

関連記事:

きょうだいでもマネしたい~!双子ちゃんの可愛~いおそろいコーディネート♡♡

双子ちゃんのおそろいコーディネートは特別感たっぷり!そっくりなお顔の2人…

5.男女の双子コーデを楽しむ

離れていても相手のことが分かる PIXTA

子供たちの洋服を買うことです♡
本物の双子コーデ、楽しすぎます♡
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

子供の服装選びはママにとってとても楽しい時間ですよね。双子ならなおさら、どのような組み合わせを着せるかどうかを考えるのは楽しいのではないでしょうか。

双子男女だからこそ悩む…子育ての悩みあるある5選

双子男女だからこそ悩む…子育ての悩みあるある5選 PIXTA

男女の双子はかわいいけれど、育てるのはとても大変です。同性双子も大変ですが男女の双子だからこそ、育児の大変さや悩みもあります。

こちらでは、男女の双子を育てているママの悩みあるあるを紹介します。

授乳量に差があって心配

授乳量に差があって心配 PIXTA

うちは息子の方が小さく生まれて、息子の方があんまり飲まなくて娘との授乳量の差があって同じように悩んだりしました。
双子でも個人差はあるってわかってるけど、比べてしまいますよね。
私も息子の方が飲まないとお願いだから飲んでってよく思ったり、無理にあげようとして吐かせてしまったりもあり、焦ってる自分がダメだな~とか思ったりしたこともありました
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

授乳量や成長の早さには個人差があります。男女の双子だから、その差が余計に気になってしまうこともあると思います。

なるべく焦らず、長い目で子供の成長を見守ることが大切です。

目立つからか、いろんな人に声をかけられるのが辛い…

気分転換の散歩中も、双子ベビーカーが目立つからか、見知らぬ人に話しかけられるのが辛いです。
何も言わずにベビーカーをのぞき込んだり、勝手に双子に触る人がいたりでせっかくの散歩なのにイライラしたり、双子の身の危険を感じます。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

双子ベビーカーは一人乗りのベビーカーと違いサイズも大きく存在感があり目立ちます。しかも、男女の双子の赤ちゃんを連れているからか、たくさんの人に声をかけられるというこちらのママの体験談です。

子供に勝手に触られてしまうのは、ママも双子もビックリしてしまうかもしれません。

男の子と女の子、同じように可愛がれない…

双子 男女 PIXTA

手のかかる子ですが、それでもやっぱり男の子の方は何をしても許せるのです
何をしても可愛い、それがわかりません
上の子もそれは同じで、どうしても女の子の方だけ気に障ったりします 出典: okwave.jp

男女の双子だと、「平等に可愛がらなくてはいけない」という思いが強くなる方が多いようです。そのため、そうなれないときに自分を責めてしまうママも。

その子その子によって「可愛い」と思える時期も違うのかもしれません。「今はこういう時期なんだ」と受け止めてはどうでしょうか。

お昼寝しても、すぐに起きてしまいます

双子の男女です!
お昼寝、すぐ起きちゃいます(;つД`)
以前は男の子の方が長く寝てくれていましたが、最近はダメですね😅
抱っこしたり、おんぶしたり、散歩したり…今は雪がすごいので外には出られなくなってしまいましたが(´-ω-`)
ハイハイらしき仕草も始め、体力を使っているはずなのに…昼寝が短いので夜はぐっすりかな?と期待しても…やっぱり何回も起きちゃいます(T^T)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

男女の体力の違いからか、個人差からか、昼寝の時間にも違いが出てくるようです。先に起きてしまった方が寝ている子を起こしてしまう、あるいは片方の泣き声でもう片方が起きてしまうことも考えられますね。

長い時間昼寝してくれないのは、育児をするママにとって大変です。

それぞれのお友達がいて、対応が大変!

それぞれのお友達がいて、対応が大変! PIXTA

幼稚園、小学校の頃はそれぞれ全然遊び方が違い、違う友達と遊ぶ約束をしてくるので、それぞれへの対応が大変でした。同性の双子のお母さんの話を聞くと、一緒に遊ぶから楽よ~って言われるので、すごくうらやましかったです 出典: komachi.yomiuri.co.jp

お友達と遊ぶときに親が関わらざるを得ない幼稚園・小学校の頃は、男女の双子ママはとても大変だそう。同性双子とは違い、遊ぶ場所やお友達も違ってくるようです。

双子育児の悩みやノイローゼを解消!楽になる7つのコツや便利グッズを紹介

関連記事:

双子育児の悩みやノイローゼを解消!楽になる7つのコツや便利グッズを紹介

双子育児は想像以上に大変で、悩みもつきません。この辛さはいつまで続くの…

双子の男女は育てる苦労も喜びもいっぱい!

男の子 女の子 2人 PIXTA

男女の双子だからこその大変さがたくさんあります。乳幼児の頃は、2人のミルクの飲み方や体重の増え方などが気になり、2人同時のお世話に少し弱気になってしまう時期もあるかもしれません。

その反面、男女の双子だからこその可愛らしさも喜びも多いものです。お互いを思いやる双子たちの姿から、優しい気持ちをもらうこともあるはずです。きっと、実際に育てた人にしか分からない特別な喜びなのではないでしょうか。

出典元:
  • 井上裕美(監)他「病気がみえる vol.10産科」(メディックメディア,2013)
  • 岡井崇(編)他「標準産科婦人科学」(医学書院,2014)

今話題の記事

「双子」「男女」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

  • 井上裕美(監)他「病気がみえる vol.10産科」(メディックメディア,2013)
  • 岡井崇(編)他「標準産科婦人科学」(医学書院,2014)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧