休みの日はファミリーでキャンプ場へ行こう!子連れでも楽しめる、口コミで人気のおすすめスポット5選

アウトドア好きのパパ&ママだけではなく、一度はやってみたい家族でのキャンプ。最近は可愛いアウトドアグッズや子供向けのキャンプ用品も充実して、キャンプ人気はどんどん高まっています。お休みが出来たら子どもとお出かけしてみてはいかがでしょうか。今回は子供と一緒でも楽しめる口コミで人気のおすすめキャンプ場をご紹介します。

PIXTA

親子で楽しめるおすすめキャンプ場

キャンプって大変そう!?最近のキャンプ場は設備の整ったコテージが各種揃っていたり、車で行って気軽に快適なアウトドアライフを楽しむことが出来ます。

中でも家族連れにとくにおすすめしたいキャンプ場を5つ紹介します。

淡路じゃのひれアウトドアリゾート

淡路島の最南端にあり山と海に囲まれた広大なスペースをもつ、淡路じゃのひれアウトドアリゾート。キャンプだけではなく、いかだを浮かべた海上釣り堀からはフィッシングも楽しめます。

目玉は何といってもイルカと遊べること!インストラクターのサポートを受けながら、子供たちでもイルカと触れたり、一緒に泳ぐことが出来ます。

詳細

  • 住所:兵庫県南あわじ市阿万塩屋町2660
  • 電話:0799-52-1487
  • 電話受付時間:9:00~17:00
  • 料金:※シーズンと人数によって料金がかわります

淡路じゃのひれアウトドアリゾート

北軽井沢スウィートグラス

浅間高原に広がる北軽井沢スウィートグラス。地形を活かしたアクティビティが多様に揃い、春から冬まで一年中遊べるキャンプ場として人気です。

子供だけでなく、大人にも大人気なのがツリーハウスやインディアンティピなどの個性派宿泊施設。テントとはまた違った非日常空間を楽しむことが出来ます。

詳細

  • 住所:群馬県吾妻群長野原町北軽井沢1990-4448
  • 電話:0279-84-2512
  • 料金:※宿泊施設の種類、人数、シーズンによって料金が変わります

北軽井沢スウィートグラス

グリム冒険の森

可愛いコテージやブレーメンの森など緑に囲まれた、メルヘンな雰囲気いっぱいのキャンプ場です。大型の遊具や木製のモニュメントが子供たちには大人気。

バウムクーヘン作りや石釜ピザ、お菓子の家を作れたりと食いしん坊な子どもたちが大喜びするイベントも多数揃っています。

詳細

  • 住所:滋賀県蒲生郡日野町熊野431番地
  • 電話番号:0748-53-0809
  • 料金:※宿泊施設の種類、人数、シーズンによって料金が変わります

グリム冒険の森

無印良品 南乗鞍キャンプ場

標高1600mの高原に位置するキャンプ場は夏も涼しく、乗鞍岳や御嶽などの迫力ある山々の眺望が楽しめます。6月~10月の営業中は小学生以上から体験できる、カヤックやトレイルランなどの様々なアウトドア教室が毎日開催。

無印良品ならではの子供の自主性を伸ばすプログラムが充実しています。家族と一緒に気軽な外遊びができる家族体験プログラムでは、小学生以下の小さな子でも参加可能。

詳細

  • 住所:岐阜県高山市高根町子ノ原高原
  • 電話番号:03-5950-3660
  • 料金:オートキャンプエリア 大人2,160円、小学生以上1,080円、未就学児は無料

無印良品 南乗鞍キャンプ場

PICA 富士吉田

河口湖ICからわずか10分という立地の良さでアウトドア初心者にも人気のキャンプ場。様々なコテージから丸い空間が特徴のパオまで多様な宿泊施設が揃っています。

おむつ替えスペースが完備されたゲストハウスや、赤ちゃん連れでも安心できるようコンセントが高い位置に設置されていたりと子連れに優しい配慮も!

詳細

  • 住所:山梨県富士吉田市上吉田4959-4
  • 電話番号:0555-24-4343
  • 料金:※宿泊施設の種類、人数、シーズンによって料金が変わります

PICA 富士吉田

子供と一緒に自然の中に出かけよう

キャンプ場で木々や虫を観察したり、普段はなかなか見ることのできない星空を眺めたり。いつもは忙しいパパやママも子どもと一緒に思いっきり遊べば、心も癒され普段は見られない家族のとびっきりの笑顔に出会えるかも。

自然の中に子どもと出かければ、大切な家族の思い出にもなりますね。

おすすめ記事

「子供」「キャンプ」「子どもとおでかけ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧