夏がもっと楽しくなる!この夏マネしたくなる親子コーデ

近頃、SNSやメディアで見かける機会がぐっと増えて来ている「親子コーデ&リンクコーデ」。ママからの注目も高く、雑誌で特集を組まれ、気になっている方も多いのでは?気になってはいても、行動には移せていない方も居るはず。親子コーデが注目されているのは、特別な気持ちになることが大きな理由だと言えます。この、お揃いのものを身に着けることで家族の気持ちまで1つになれるようなコーデに挑戦してみませんか?

今年の夏は、家族で楽しく親子コーデ!

「お揃い」というのは、特別な関係でないと成り立たないもの。

親子コーデ・リンクコーデをすると、楽しい気分になって、いつもよりお出掛けが楽しくなることも。「家族」の絆が深まる気持ちになりますよね。

そして、可愛い我が子と同じものを身に着けるだけで、何だかワクワクしてしまう気持ちが沸いてしまう所も、ママが親子コーデに惹かれる理由の1つなのかもしれません。

暑い日が続き、既に夏気分。今年の夏は、親子コーデ・リンクコーデに挑戦してみませんか?きっと楽しい夏になりますよ!

この夏おすすめの親子コーデ8選

だんだんと汗ばむ日が少しずつ増えてきた今日この頃。早くも夏が来たような気がしていますが、本格的なシーズンはもう少し先。

本格的な夏が来る前にチェックしておきたい、夏がもっと楽しくなってしまうママにおすすめな親子コーデをWEARより8つ紹介させて頂きます。

是非、参考にしてみて下さい。

1.ロングレースカーディガン×ショートパンツで海へ!

  • トップス/w clodet(ダブルクローゼット)
  • パンツ/Lee(リー)
  • キッズトップス/petit main(プティマイン)
  • キッズパンツ/petit main(プティマイン)

トレンドでもあるロングレースカーディガンを取り入れた親子コーデです。

レースカーディガンのカラーが白ということに加え、レースの透け感から、女性らしさと爽やかさを感じますね!デニムのショートパンツと合わせることで、さらに女性らしく爽やかに。

キッズにもロングレースカーディガンを着させていて、とても可愛らしい仕上がりに。ママとお揃いの大人っぽいアイテムを着て、ちょっと背伸びしている感じが何とも可愛らしいですよね。

親子で、海がとても似合う素敵なリンクコーデです!

2.ボーダー&スターTシャツの親子コーデ

  • トップス/URBAN RESEACH(アーバンリサーチ)
  • ベルト/LEPSIM(レプシィム)
  • スカート/GU(ジーユー)
  • シューズ/JERRY BEANS(ジェリービーンズ)
  • キッズトップス/petit main(プティマイン)
  • キッズパンツ/GITA basic(ジータベーシック)

ボーダーにスターという、爽やかな組み合わせの夏にぴったりなTシャツを使った親子コーデ。

1枚でもさらっと着こなすことが出来て、マリンテイストが完成するTシャツです!男の子ママはリンクコーデに悩むことが特に多いのでは?親子でお揃いができるユニセックスなTシャツが1枚あると嬉しいですよね。

Tシャツに合わせるボトムに旬のアイテムを取り入れれば、トレンドも同時に楽しめます。シューズの赤が差し色としてポイントになっていて素敵ですね。

3.白T×赤スカートで赤ちゃんとも親子コーデを

  • トップス/GU(ジーユー)
  • スカート/felizlunes(フェリースルネス)
  • シューズ/CONVERSE(コンバース)

赤ちゃんとだってリンクコーデは楽しめます。

白のシンプルなTシャツと鮮やかな赤系のスカートを合わせたママの夏コーデ。赤ちゃんも白のロンパースと赤いチュチュでママと同じカラーを取り入れ、うまくお揃いコーデになっていますね。

全部がお揃いのものでなくても、色を合わせるだけで一体感!組み合わせ次第で赤ちゃんとも色んな親子コーデが楽しめます。参考にしてみて下さい!

4.おソロTが素敵!黒×カーキ親子コーデ

  • トップス/agnes b.(アニエスベー)
  • ジャケット/A.P.C.(アーペーセー)
  • パンツ/nano・universe(ナノユニバース)
  • シューズ/LEPSIM(レプシィム)
  • バッグ/COMME des GARCONS(コムデギャルソン)
  • キッズトップス/agnes b.(アニエスベー)
  • キッズシューズ/GLOBAL WORK(グローバルワーク)

アニエスベーのお揃いTシャツが光る、黒×カーキでかっこよくまとまった親子コーデ。

Tシャツもさることながら、カーキのワイドパンツも素敵!ママのパンツは裾にレースが施された繊細なデザインが目を引きます。キッズのパンツも、ワイドパンツであるというだけで流行りを捉えているのですが、ウエストマークのデザインがしっかりと施されていて今年らしいですよね。キッズ服も大人に負けないくらいトレンドが取り入れられていて驚きです!

サンダルも黒で揃えていて、足元までとても勉強になる親子コーデです。

5.ママと僕のコンバースTコーデ

  • トップス/Right-on(ライトオン)
  • パンツ/GLOBAL WORK(グローバルワーク)
  • シューズ/GU(ジーユー)
  • 時計/Daniel Wellignton(ダニエルウェリントン)
  • キッズトップス/Right-on(ライトオン)
  • キッズパンツ/H&M(エイチアンドエム)
  • キッズレッグウェア/Lee(リー)

お揃いのコンバースTシャツにボトムをベージュで合わせたカジュアル親子コーデです。

ママはメンズを着ているとのことで、このようにオーバーサイズで着こなすのもこなれ感アップ!

デザインが同じTシャツでも、ママは黒でキッズはグレーの色違い。全く同じだと、特に男の子は恥ずかしがって着てくれない…なんてことも。そんなお子さんでも、色違いだとまた雰囲気も変わって、すんなり着てくれるかもしれません!

実は筆者の息子もこちらのTシャツを愛用してまして、このコーデを拝見してから、筆者も色違いでこっそり買いに行こうかと計画中です!

男の子ママにおすすめな親子コーデです。

6.話題のGU(ジーユー)ロックTを使った親子コーデ

  • パンツ/USED(ユーズド)
  • シューズ/Dr.Martens(ドクターマーチン)
  • キッズトップス/GU(ジーユー)

SNSでも話題になっている、こちらのロックTシャツを使った親子コーデ。ダメージデニムとブーツを合わせた、まさにロックなコーデがとてもカッコいいです。

そして、この写真から親子の仲の良さが伝わります。親子コーデがさらに仲の良さを高めている印象を受けますね!ヘアースタイルも高めのお団子ヘアでお揃いにしているところが非常に可愛いです。

Tシャツを大きめサイズで着こなしているところもハイセンス!こちらのコーデは、女の子でも男の子でも似合うので、姉弟・兄妹でもリンクコーデが楽しめておすすめです。

7.白T×デニム×スポサンでシンプル親子コーデの完成

  • トップス/GU(ジーユー)
  • パンツ/Ungrid(アングリッド)
  • シューズ/しまむら
  • 帽子/titivate(ティティベイト)
  • キッズトップス/しまむら
  • キッズパンツ/OLD NAVY(オールドネイビー)
  • キッズシューズ/adidas(アディダス)
  • キッズ帽子/petit main(プティマイン)

白とブルーが夏を感じさせる、シンプルでありつつも爽やかな親子コーデです。

白Tシャツとデニムは夏の定番アイテム。定番アイテムではあっても、ママはスリットの入ったロングTシャツにカットオフのデニムといったトレンドをしっかりと組み込んで、今年らしい着こなし方ですよね!

スポーツサンダルも夏らしくて素敵です。子供が履くスポーツサンダルは、絶妙な可愛さがありますよね!

シンプルスタイル好きなママにおすすめな夏の親子コーデ、参考にしてみて下さい。

8.夏もやっぱりボーダーが好き!ボーダー×デニム親子コーデ

  • トップス/GU(ジーユー)
  • シューズ/CONVERSE(コンバース)
  • キッズトップス/GU)(ジーユー)
  • キッズシューズ/CONVERSE(コンバース)

親子コーデで男女問わずに使いやすいアイテムといえば、ボーダー。そんなボーダーアイテムを取り入れた親子コーデの紹介です。

ママもキッズもGU(ジーユー)のボーダーTシャツをゆるっと大きめに着こなし、デニムと合わせたカジュアルなコーディネートに。

足元はコンバースのスニーカーを、ママは黒・お子さんは白の色違いで着用。黒のコンバースを履くママは薄い色のデニムを、白のコンバースを履くお子さんは濃い色のデニムを履いているいるところがさりげないポイントに!是非、今度まねさせて頂きたいです。

夏が待ち遠しい!想い出作りに親子コーデ

いかがでしたか?どれも素敵で、今すぐ真似したくなるような取り入れやすいスタイルばかりですよね。

暑くてたまらない夏がやって来るのは気が引けますが、夏にしか楽しめない親子コーデはたくさんあります。そう思えば、暑い季節が来るのも待ち遠しくなりますね。

今年の夏は、親子コーデ・リンクコーデで家族の想い出をより深いものにしてみるのはいかがでしょうか。今から何を着ようか考えるのも楽しいですね!親子コーデにご興味をお持ちの方は、是非この夏に挑戦してみて下さい。

「親子コーデ」「夏」「リンクコーデ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!