出産後の体は交通事故に遭った衝撃と同じ。大切なのはパパがママを1番に想うこと

妊娠中はママのお腹の中に赤ちゃんがいることで、ママは自分のを何かと気にかけていますが、出産後は痛みを伴うものの普通のに戻った、と思いやすいものです。しかし、これが大間違いなのです。取材した助産師の柴田さんは「出産後は交通事故の衝撃と同じくらいの損傷である」と説明してくださったのですが、出産後ママに何が起きているのでしょうか。詳しくお伺いしました。

プレミアム記事

PIXTA

産後も変わらず家事育児…という現実

退院してから(生後7日)、抱っこ紐でスーパーに買い物もしてましたよ(^-^)/
普通に家事しなきゃいけないので、新生児は外出ちゃダメ!なんて、無理ですね(^_^;)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
普通にやってました(°_°)里帰りしなかったのもあり、また頼る人もこっちには居なかったので^^;
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

産後も体のことを気にせずに、退院後から家事をやっていると言う声がいくつかありました。私は里帰りしましたが、子供が寝ている時に家事を行なっていたのを覚えています。

しかし、産後すぐに家事などの重労働を行なっても大丈夫なのでしょうか。

出産後、ママの体はこんな状態!

ママ PIXTA

  • 骨盤が大きく開いている
  • 約1ヶ月続く出血
  • おっぱいトラブル
  • 肌の乾燥
  • 抜け毛
  • 精神的に不安定

柴田さんによると、出産後の骨盤は開ききっていて、しっかりと締まるには約1ヶ月かかると言います。ところが、大きくなっていた子宮は赤ちゃんを産んだ後、ほぼ元の大きさまで戻ります。つまり、出産後に同じ姿勢を長い時間続けてしまうのは、骨盤を開いているまま小さくなった子宮の場所に、腸などの臓器が降りてくると言うのです。

骨盤に内臓の重さがかかると、開いたままの状態になりやすく、腰痛や肥満などの原因になります。また、骨盤と同時に子宮にも内臓の重さがかかってくるので、子宮が下がりやすく血流が悪くなることがあります。

また赤ちゃんを産んだ後、子宮内では大きな胎盤が剥がれている部分から出血しすることを悪露(おろ)と言い、長い人で約1ヶ月出血が続くことがあります。

母乳は少しずつですが、出産と同時に出始めます。赤ちゃんが吸ってくれることで徐々に出るようになってきます。ただ、赤ちゃんへの吸わせ方や、母乳を出す乳腺が細いと女性に多い体の冷えやすい人は詰まりやすく、乳腺炎になる恐れがあります。

肌荒れや抜け毛は、出産後に起きるホルモンの影響が大きいと言います。その他にも栄養不足が考えられるようですが、妊娠中また、出産後も授乳でたくさんの栄養を与えているため、ママはどうしても栄養不足になりがちです。

そして、出産後のママはかなり精神的に不安定な状態にあります。退院してからは極端に大人と話す時間が減ってしまします。話すこともなく、下を向いて赤ちゃんのお世話をしていると気が沈みにやすくなります。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「出産後」「ママ」「体」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧