生活費は週1万円、断捨離で100万円超ゲット。cheryl_lifeさんの家計管理

毎月の家計管理はできていますか?家計簿をつけて収支を確認しておきたいところですが、家事や育児、さらに仕事をしているとなると細かく家計簿をつけるのは大変なものです。インスタグラムで家計管理術を公開しているcheryl_lifeさんは、1週間の生活費を決めたり、不要な洋服を売ってプチ稼ぎをすることで無理なく節約を実践。切り詰めるだけではなく、家族で海外旅行へ出かけるなど、メリハリのある生活を楽しんでいます。cheryl_lifeさんの家計管理のコツから、今すぐでもまねできそうなポイントを挙げてみました。

プレミアム記事

画像:www.instagram.com

インスタで節約術を披露、cheryl_lifeさんってどんな人?

cheryl_lifeさんは、夫と2歳の男の子がいる3人家族です。ご自身も働いており、独身時代は好きなことに惜しみなくお金を使う生活を送っていました。ただ、結婚を機にやりくりや節約を意識し始め、家計管理をするようになりました。

日々の生活費の節約ばかりを考えるのではなく、生活になくても不自由でないものであれば持たないという選択をしたり、見直しが必要なところはないか考えたりしながら、必要ないものには極力お金をかけない生活を心がけています。

1週間の生活費を1万円に抑える秘けつ

週の生活費を決めてしまうことが大切で、1週間1万円で生活しているというcheryl_lifeさん。この生活を始めてから、計画的に食材を使うようになり、スーパーやコンビニに行く回数が減少。必要のないものを買うことがなくなり、無駄な出費が減ったそうです。

また、生活費用とお小遣いの財布を分けるのも無駄遣いを減らす秘けつとのこと。これを実践したことでかなりの節約効果が出ているとcheryl_lifeさんはいいます。

節約すること=我慢というイメージがありますが、そう思ってしまうとなかなか長続きしないもの。どのようなやりくりをしているのか、詳しく見てみましょう。

2つのお財布を使い分ける

cheryl_lifeさんが日々節約をしている中で特に効果を感じたのが、お小遣いの財布と生活の財布を使い分けるということ。前出のように、生活費として1週間に使える金額は1万円のみと決めて、生活費用の財布にはその週に使ってよいお金しか入れないようにしています。

生活費1万円の内訳は、食費、日用品費、外食費など。1週間1万円でこれらをまかなっています。

休日に生活費1万円を財布に入れて買い出しに行き、食料や日用品を約5,000円分購入。週の後半で食材等を約2,000円分買い足します。そして残りの3000円は家族で外食する際に使うそうです。

また、「翌週以降のお金は使ってしまわないように財布には入れない」という徹底ぶり。使える金額が明確だと支出も計画的に行うようになるため、無駄な出費が格段に減りそうですね。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「生活費」「節約」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧