監修:清水なほみ 先生

妊婦の花粉症対策!薬が赤ちゃんに与える影響と市販薬の服用

妊娠中はなるべくおなかの中の赤ちゃんに悪影響のあるものは避けたいですよね。特に薬類は妊娠中には禁忌と言われているものもあるので、気にしている方もいるでしょう。しかし、花粉症は誰にでも起こりうるもの。もともと花粉症の時期になると薬が欠かせないという方であれば、「妊娠中に薬を飲んでも大丈夫?」と不安になってしまいますよね。そこで、妊娠中に花粉症の薬を使うことは危険なのか、ということについてご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

花粉症の薬がおなかの赤ちゃんに与える影響

花粉症の薬と一言で言っても、大きく分けて2種類の薬が存在しています。一つ目は、目や鼻などの局所的な薬、そして二つ目は飲み薬です。

目や鼻に使う薬であれば妊娠中でも安全?

PIXTA

目や鼻に使う局所的な薬は、薬を使った部分にしか影響がありませんので、妊娠中に使用しても大きな問題はないと言われています。血液に成分が溶け出すタイプの薬ではなく、赤ちゃんにはほとんど成分が届かないからです。

これまで、妊娠中にこれらの薬を使用したことで、赤ちゃんに悪影響があったという報告はないので安心して使えますね。

抗ヒスタミン薬やステロイド服用による赤ちゃんへの影響

花粉症 PIXTA

花粉症の飲み薬は「抗ヒスタミン薬」と「ステロイド」のどちらかです。抗ヒスタミン薬は体内のアレルギー物質であるヒスタミンを抑制する効果がある薬。そしてステロイドは、ヒスタミンによる炎症を抑える薬です。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

ポートサイド女性総合クリニック〜ビバリータ〜 院長

清水なほみ 先生

「花粉症」「妊婦」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧