PR:株式会社 公文教育研究会

子どもの習い事、どうしてる?いまどきママに聞いた「きっかけ」と「効果」

皆さんのお子さまは、習い事をされていますか?されていない方は、どんな習い事をさせたいですか?実際に考えてみると、いつ頃から、何を、どんな風に…などたくさんの疑問や悩みが出てくると思います。今回は、実際に習い事に関してママがどんな悩みや疑問を持っているのか、座談会形式で語ってもらいました。また、子どもの習い事に関する悩みにしっかりと寄り添い、サポートしてくれるママ必見の情報も併せてご紹介します。

習い事っていつ始めればいいの?ママのリアルな事情とは

皆さんは、お子さまにどんな大人になってほしいですか?ママになると、子どもをどういう大人に育てたいかを考える瞬間がたくさんありますよね。

5年後、10年後の子どもたちのベースを作るのは「今」。

子どもが小さい時期に、たくさんのものに触れさせたいからこそ、習い事を始めるママも多いと思います。

習い事はさせたいけれど…いつ、何から始めればいいの?

それでは、実際ママたちはどんな習い事をさせているのでしょうか?

ママリユーザーにアンケート(※)をとってみました!

まず、今子どもに習い事をさせているか聞いてみたところ…?

なんと、0〜2歳のママで習い事に通わせている方はわずか約4.5%。

一方で、3歳以上のママになると、約46%がお子さまを習い事に通わせていました。

習い事をさせているママに聞いたところ、実際に通っているのは水泳や書道といった定番の習い事のほか、教育や知育に関わりそうなものも。

習い事はさせたいけど、「いつから」「何を」そもそも「何のために」習わせればいいのか、その答えは様々であるからこそ、悩むママも多くいるのではないでしょうか。

※ママリ実施:「子どもとの遊び・習い事」に関するアンケートより(2017年9月・n=410)

いつから始めよう?ママが語る、子どもの「習い事」事情

そこで今回は、0歳から6歳のお子さまを持つママたちに集まっていただき、子どもと習い事についての本音を伺いました。

習い事に関するママの本音で大盛り上がりの座談会となりましたよ♪

お子さまに習い事をさせていますか?

今回集まっていただいた7人のうち、お子さまに習い事をさせているのは4人でした。

その内容は、プールやバレエ、幼児教室…など、種類もいろいろ!

えりかさんは、娘さんと一緒にベビースイミングに通っているそう。

えりかさん:「水泳は、体が強くなるのが魅力だなと思って。あとは、いざというときに自分で自分を守れるようになってほしいです」

まだ習い事を始めていないママたちからも、水泳は人気!

体力作り、自分の身を守ってほしい…といった理由が多いようでしたが、中にはこんなママも。

ゆきさん:「私はサーフィンが好きなので、小さい頃から水泳をさせて一緒にサーフィンをするのが夢です!」

そんな習い事をさせているママたち、習い事を選ぶときに気になるポイントは?

さやかさん:「私はいろいろ体験してみて、2回目に行ったときの先生への子どもの反応を見て選びました」


しおりさん:「先生の子どもへの接し方って大事ですよね。先生と親とがコミュニケーションをよくとれるかも、私は気になります」

えりかさん:「私が通っているところは、先生が親切で助かっています!」

習い事を始めるにあたり、大切なのは先生の存在のようですね。

習い事はこれからのママ…何をやらせてみたいですか?

一方で、まだ習い事をさせていないちかさん・まゆさん・ゆきさんも、習い事には興味がある様子。

まゆさん:「息子が小学校に入ったら、書道をやらせたい。字がきれいな男の人っていいですよね!」

なんと、今回座談会に参加してくださったママたちのうち、5人は書道経験者でした。

ちかさん:「書道では、毎回お菓子をもらえていたんです!だから、楽しみに通っていたという思い出(笑)」

自分が通っていたからこそ、子どもにも通わせたい!と思うママも多そうです。

体はもちろんだけど、心も豊かにしてあげたい。そんなママには?

体だけでなく心も育んであげたいというのが親心。

しかし、知育や学習といった分野の習い事については、「わざわざ通うほどでもないかな…」「始めるのがまだ早いかな…」という印象を持たれているママも。

児童館でいろいろな経験ができるからまだ習い事はいいかな、というゆきさん・ちかさん。

ゆきさん:「児童館でリトミックや英語をやってくれるので、そこで子ども自身が興味を持ったものを絞って決めたいと思っています」

ちかさん:「児童館だけでも充実している気がするので、今は別に習い事をするほどではないかなぁ」

また、興味はあっても「まだ早いかな」という意見もチラホラ。

えりかさん:「知育系は子どもが歩けるようになってからでいいかなぁと思っていました」

わざわざ通わせる必要はあるの?というママもいました。

みほこさん:「習い事では、学校や家で学べないことを学んでほしい。だから、知育や情緒の発達については、自分でできる範囲でいいかなと思っていました」

一方で、知育の習い事の体験があるしおりさんは、早いうちから情緒を育む習い事をさせるメリットを感じたそう。

しおりさん:「絵本を食いつくように見てくれたり、一緒に歌ってくれたり…。子どもの成長が見られて、とてもうれしかったです!」

そもそも、しおりさんはなぜ知育を体験させたいと思ったのでしょうか?

しおりさん:「絵本を読んであげたいとは思っていたんですが、月齢にあったものを選ぶのって難しいんですよね。いまいち反応がなくて、テレビに頼ってしまうことも…」

みほこさん:「その悩み、わかる!」

ゆきさん:「私もテレビに頼って自己嫌悪、というとき、よくあります!」

しおりさん:「だから、経験豊かな人に教えてもらおうと思って、ベビークモンの無料お試しを申し込んでみたんです」

ママリのユーザーに聞いたアンケートでも、実際に通わせているママが多かったのが、ベビークモン。

お試ししてみて、どうでしたか?

しおりさん:「まだ早いかなとは思ったんですが、先生にアドバイスをもらえたこともあり、いつもと違う関わり方ができてコミュニケーションがもっと楽しく感じるようになりました!

子どもも、体験をしてみて前よりも表情が豊かになったり、言葉が増えたりして、効果があるんだなぁと実感。

子どもの可能性を広げるのに、自分だけの力では心もとないから、アドバイスを受けながら知育に働きかけるのはとっても意味があることだと思いました」

育児の中では、自分のやり方が合っているのかな?どうしたらいいのかな?と1人悩むこともあります。

だからこそママにとって、支えてくれる先生がいるのは心強いことなんですね。

ベビークモンってどんなサービス?

子どものために、できることをしてあげたい。

そんなママのお悩み解決に、習い事は役立つということが、座談会を通してわかりました。

悩んでいたけれど、習い事を始めてみようかな。座談会後は、そんな感想も聞かれましたよ。

座談会の様子は動画でもご覧いただけます!

ぜひママの本音をチェックしてみてくださいね。

子どもの心を育みたい。そんなママにおすすめの習い事は?

今回の座談会で、しおりさんも体験してみてそのメリットを実感したのが、ベビークモン。

子どもの発達に合わせて使える教材を月に一回受け取り、教室で先生にアドバイスももらえるというサービスなんです。

今なら11月30日までの期間限定で無料お試しができるベビークモン、これを機に体験してみませんか?

ベビークモンの無料お試し実施中!

くもんのオリジナル教材で子どもの発達をサポート!

ベビークモンに入会すると、絵本や「やりとりぶっく」「うたぶっく」などの教材を毎月受け取ることができます。

しおりさんも絶賛していたのが、この教材!

どれも子どもの発達に合わせて作られており、関心や興味を誘いながら親子のやりとりをしっかりとサポートしてくれます。

しおりさん:「絵本は色彩豊かで、子どもが楽しそうに食いついていました!クマなどのキャラクターもかわいくて、興味を持っていましたよ」

座談会に参加してくれたお子さまも、興味津々!カラフルな表紙とかわいいクマさんのイラストに大興奮の様子でした。

自分で次のページをどんどんめくる、真剣な表情も見ることができましたよ。

さやかさん:「この子に合っているな、と感じました!自分でぴったりの絵本を選ぶ自信がないので、考えられた教材を毎月見せられるのは魅力的です」

ちかさん:「日々、この子には何が適しているのか?何に興味を持つのだろう?と悩んでいるので、毎月おすすめしてくれるのはうれしいですね!」

まゆさん:「絵本だけじゃなくて歌の教材もあるのが魅力的。歌なら、家事をしながら一緒に遊べますね!」

絵本を読んだり、歌を聞かせたりする中で、自然と子どもの興味や能力を引き出すことにつながるのが、ベビークモンの教材の魅力。

しおりさん:「歌に興味を持った、音に興味をもったというのは、ベビークモンの教材が初めてでした。そんな成長を、自分が働きかけることで見られたのがうれしかったです!」

オリジナル教材と先生からのアドバイスで親子のコミュニケーションをもっと豊かに!

11月30日までの期間限定!無料お試しキャンペーン実施中

そんなベビークモン、今なら11月30日までの限定で無料お試しキャンペーンを実施中!

実際に2週間ベビークモンの教材を試すことができ、またお近くの教室で先生のアドバイスも受けられるんですよ。

無料お試しキャンペーンはこちらから!

成長に合わせた育児ができる!子育てのそばに「ベビークモン」

子どもの成長を一番近くで感じているのは、ママです。

だからこそ、子どもの将来を考えて、今できることをしてあげたいのが親心。

子どもの発達に合わせて使える教材と先生のアドバイスで、親子のコミュニケーションをもっと豊かにしてみませんか?

ベビークモンについてもっと詳しくチェック!