寒い日のお出かけもへっちゃら!全身をすっぽり包んでくれるジャンプスーツ7選

過ごしやすい秋の陽気は一瞬、あっという間に少しずつ冬がやってきます。最近は朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。衣替えも行って、そろそろ冬の準備をしようと考えている頃ではないでしょうか。冬本番に向けて、今のうちにしっかりいろいろとそろえておきたいですね。今回は、頭からすっぽり全身を覆ってくれる赤ちゃん用の「ジャンプスーツ」を集めました。寒い冬もずっと使えるので、抱っこひもやベビーカーでのお出かけが多いママにおすすめです。

PIXTA

とびきり寒い日のお出かけもこれなら大丈夫!おすすめジャンプスーツ4選

まだ歩けない時期の赤ちゃんは、じっとしているので寒さが身にしみるのでは…と心配になってしまいますね。冬のお出かけに重宝するジャンプスーツの購入を考えているというママはいませんか。

最近は急に寒くなってきたので、冬の準備がまだできていないというママのために、赤ちゃんのことをとびきり温かく包めるジャンプスーツを紹介します。

ジャンプスーツは全身つながっているので、すき間から冷たい空気が入りにくく保温性に優れています。自分で動いて適温に温まりにくい赤ちゃんにはピッタリ。

着させやすさや調整しやすいデザインにこだわって、今からでも購入できるジャンプスーツをご紹介します。

1.sanwa fashon「ジャンプスーツ」

sanwa fashon ジャンプスーツ

4色のカラーがそろったジャンプスーツは、軽量かつ保温性に優れたダウン綿を使用しています。耳付きのキュートなデザインながら、シンプルなカラーと形で使いやすさも考えられた一着。

ファスナーが股の下まで大きく開くので着脱のしやすさもよく、デイリーユースから雪遊びまでさまざまな場面で活躍しそうですね。

立体的な裁断で赤ちゃんが動きやすいように工夫されています。足までつながっているので、まだ靴を履かない小さい時期の赤ちゃんも安心ですよ。

2.Bobson(ボブソン)「ボブソン ジャンプスーツ(70〜80cm)」

ボブソン ジャンプスーツ(70〜80cm)

元気なカラーで選ぶならこの一着を。遠くから見ても、ベビーカーの中にいても目立つこと間違いなしの鮮やかなカラーです。

足元は折り返すことで足先まで包み込むことができるので、とてもあたたか。やや薄手の中綿入り素材で、ごわつかず快適です。

まだまだ温度調節の難しい時期に活躍してくれそうな一着です。

3. Hot Biscuits by MIKIHOUSE(ホットビスケッツバイミキハウス)「リバーシブルジャンプスーツ」

Hot Biscuits by MIKIHOUSE リバーシブルジャンプスーツ

ミキハウスが展開しているホットビスケッツは、リバーシブル仕様などデザイン豊かなジャンプスーツを販売しています。

赤ちゃんにジャンプスーツを着せたまま抱っこが使用できたり、ベビーカーのベルトが装着可能だったり、機能性も優れた商品です。長時間のお出かけでもこの一枚があれば便利でしょう。

4.SWEET MOMMY(スイートマミー)「 素肌に優しいオーガニックコットン&ふわふわマシュマロボア くまさんジャンプスーツ」

スイートマミー 素肌に優しいオーガニックコットン&ふわふわマシュマロボア くまさんジャンプスーツ

スイートマミーのくまさんジャンプスーツは、ふわふわで柔らかい肌触りがうれしい商品です。内側はオーガニックコットン、外側は柔らかな素材のマシュマロボアフリースを採用しています。

保温性に優れていますが、内側のオーガニックコットンが汗や水分をしっかりと吸収してくれるため、赤ちゃんが心地よく着てくれるかと思います。

寒い冬でもお出かけが楽しみになりそうですね。

赤ちゃん連れの外出時、防寒グッズは何が必要?種類別メリット・デメリット

関連記事:

赤ちゃん連れの外出時、防寒グッズは何が必要?種類別メリット・デメリット

冬の外出に不可欠な防寒グッズ。特に0歳台の赤ちゃんの場合、抱っこひもやベ…

プレミアム記事

寒い冬も元気にでかけよう!

冬 赤ちゃん PIXTA

ジャンプスーツは寒い冬の間頻繁に活用できるものなので、デザインだけでなく機能性もしっかり考えて選んだあげたいですね。

薄手で今の時期から着られる素材のものや、しっかりとした厚手のダウンで冷え込みが厳しくなってからも活躍してくれそうなものなど、いろいろなタイプがあります。

住んでいる場所の気候やスタイルに合わせてお気に入りの一着を見つけたら、寒さに負けずたくさんお出かけを楽しんでくださいね。

おすすめ記事

「ベビー」「アウター」「ジャンプスーツ」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧