【男の子編】2017年人気のお名前ランキング。冬生まれ男子につけたい名前も紹介

先日アカチャンホンポから「2017年命名・お名前ランキング」が発表されました。今年人気だった名前や漢字が一目で分かるので、現在名付けでいろいろと候補を考えている方には参考になりますよ。今回は命名・お名前ランキングや女性向けアプリ・ママリの声をもとに、冬生まれの男の子へおすすめの名前をピックアップして紹介します。男の子でも冬らしくてかっこいい名前はたくさん候補がありますよ!ぜひ参考にしてみてくださいね。

PIXTA

2017年に人気だった名前が発表されました

早いもので2017年も残すところ1ヶ月をきりました。現在妊娠中の方は来年には(もしくは年末までには)かわいいわが子と対面できる!と今からわくわくしているのではないでしょうか。

子供が生まれる前に考え始めるのが名前。ピンときた名前、名づけ本で見つけた名前、旦那や自分の両親、義両親から案で出された名前など、たくさんの候補を目の前にすると、どうしてもどんな名前にしようか迷ってしまいますよね。

先日アカチャンホンポから「2017年命名・お名前ランキング」が発表されました。

アカチャンホンポでは、毎年店舗で登録された赤ちゃんの名前を集計し、発表をしています。そのデータ量は約8万3千件で日本最大級。その年の名づけのトレンド・傾向が一目で分かり、参考になります。

今回は男の子の名前に注目してみていきます。

アカチャンホンポ「2017年命名・お名前ランキング」男の子編

名前 PIXTA

  1. 蓮(レン)
  2. 悠真(ユウマ)
  3. 湊(ミナト)
  4. 大翔(ヒロト)
  5. 悠人(ユウト)
  6. 陽翔(ハルト)
  7. 陽太(ヨウタ)
  8. 樹(イツキ)
  9. 奏太(ソウタ)
  10. 悠斗(ユウト)
  11. 大和(ヤマト)
  12. 朝陽(アサヒ)
  13. 蒼(ソウ)
  14. 悠(ユウ)
  15. 悠翔、結翔(ユウト)
  16. 15位同率
  17. 颯真(ソウマ)
  18. 陽向(ヒナタ)
  19. 新(アラタ)
  20. 陽斗(ハルト)

アカチャンホンポ「2017年赤ちゃん命名・お名前ランキング」(年間ランキング上位20位)を見てみると、近年人気が続いている蓮(レン)、悠真(ユウマ)の人気は継続して上位へランクイン。人気の高さがうかがえます。

また、将士で今年大注目された藤井聡太四段の影響か、漢字こそ違うものの「ソウタ」くんの名前が昨年トップ20圏外からトップ10内にランクイン。

上位20位内に漢字一文字の名前が六つ入っていることから、漢字一文字で2音、3音読みの名前の人気も継続中なのが分かりますね。

使用される漢字の傾向としては、「太」、「大」、「悠」など、大きい・広いといったスケールが大きい印象を持つ漢字に人気が集まっているとともに、以前は女の子に比較的使用されることが多かった「奏」、「蒼」といった音楽や色を連想させる漢字に人気が出ていることも特徴的です。

出典元:

冬生まれにぴったり!先輩ママに聞く、男の子の名前7選

1 PIXTA

妊娠、子育て、妊活中の女性向けアプリ・ママリにこんな投稿が届きました。

12月予定日ですが男の子確定✨名前冬にちなんだ感じの名前でかっこいい名前とかありますか?皆さん名前迷いませんでした?
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

冬に出産を控えているママからの投稿です。女の子だと比較的季節にちなんだ漢字・響きの名前を付けやすい印象がありますが、男の子だと思い浮かびにくい…というような投稿が他にも見受けられました。

男の子の名前にも季節感のある漢字・響きを取り入れたい、でもアイデアが出てこない…。そんなときは周りの人からのアイデアに目を通してしてみるのはどうでしょうか?

もちろん、最終的に名前を決定するのはママやパパ。ですが、全く違った視点からもらえる意見の中に、思いがけず参考になるものがある場合もありますよ。

今回はママリに寄せられた先輩ママの意見から特に「冬らしい」、「かっこいい」と思える名前を選んで紹介します。

「冬らしい」、「かっこいい」と感じる男の子の名前7選

七五三 PIXTA

ママリの回答にはママやパパの愛情や想いがたっぷりつまった名前のアイデアがたくさん。「子供が幸せな人生を歩んでほしいと願っているんだな」と感じるものばかりです。

ここからは筆者が選んだ、「冬らしいな」「かっこいいな」と感じた男の子の名前を紹介します。

1.壱生(イッセイ)

我が子の名前は、『壱生(いっせい)』です☺︎
1月生まれ、1人目、1がキーワードでした!
生の字は、主人からもらいました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

「1がキーワード!」と回答者ママが言うように、数字の1の漢字を使った名前です。難しい漢字の「壱」を使っているのが、より男の子らしさを引き立てていますね。

いずれ大きくなって「僕は何月生まれなの?」と聞かれたときに、「1月生まれだから壱生ってお名前なのよ」と説明できるので、子供も理解しやすそうです。

2.柊真(トウマ)

私も、今月末出産予定で、男の子です💓

名前、私もまだ決まっていません(´・ ・`)
難しいですよね、、、

柊真くん(とうまくん)とか、どうですかね、、、。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ヒイラギ(柊)の漢字は、音読みでは「シュウ」ですが、名付けで「トウ」と読ませることもあります。冬生まれの子供に使われることが増えているようです。

トウマくん、音の響きから一本筋の通っている落ち着いた雰囲気を感じます。いつも周りのお友達などに気を配れるいい兄貴的存在になれそうですね。

3.冬也(トウヤ)

知り合いに冬也君(とうや)がいて
可愛いなーって思ってました(^_^)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

冬生まれの子供に「冬」の漢字を使うとなんとなく寒々しい雰囲気になりがちですが、この「冬也」くんは逆に冬の寒さにも負けずにいつでも元気いっぱい走り回っていそうなイメージを筆者は持ちました。

笑顔がとても似合う、ちょっぴり肌が白めで、元気に遊びまわった後はぷくぷくほっぺたがほんのり赤く染まっている男の子…そんな姿を想像してしまいます。

4.真澄(マスミ)

真澄です♪

12月で冬生まれということで冬生まれに合う漢字を探してたら澄の字に一目惚れしてそこから直感で真澄って名前に決めました^^

真っ直ぐ澄んだ心の持ち主になってほしいという思いと息子がまだお腹にいる時(4ヶ月)に挙げた結婚式場が真清田(ますみだ)神社という所だったのは後付け由来です(笑)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

パパママゆかりの場所の名前と、秋から冬にかけての青空や空気を連想させる「澄」という漢字を使用した「真澄」くん。いつまでも純粋で澄んだ心を持った子になりそうですね。

音の響きは少し女の子らしい部分もありますが、それが逆に男らしい優しさや包容力を持ち合わせている、というイメージにつながる気がします。

5.慶(ケイ)

まだ産まれてはいないのですが、
名前は、【慶けい】にするつもりです♪
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

おめでたい意味を持つ「慶(ケイ)」という漢字は、一文字だけで名前に使うと格式があって奥ゆかしい雰囲気に。

歴史上の人物でも「慶」の漢字を使っている有名な武将や将軍がいるので、最近はやりの少し古風な名付けにしたい、という場合にもぴったりです。

漢字の画数が多いので、漢字でフルネームを書きにくい、という懸念はありますが、逆に名前を全て漢字で書けるようになった!という側面から成長を感じられるかもしれませんね。

6.歩(アユム)

私の友達に男で歩(あゆむ)っていますよ(*°∀°)
なんだか優しそうな印象です。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

女の子には「アユミ」という読みでよく使われる「歩」の漢字は、「アユム」という読みで男の子の名前にも使われます。

一見すると性別が少しわかりづらい、という印象は持たれやすいですが、回答者さんもおっしゃっているように、とても優しそうな雰囲気を感じる名前ですね。

自分の選んだ道を自分自身でしっかりと一歩一歩確実に進んでいける、常に前を向いていられる強い心を持っている、そんな男の子になりそうなイメージです。

7.駿(シュン)

駿くん、足が速そうです!( ´ ▽ ` )ノ
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

「速い」、「優れている」などの意味を持つ「駿(シュン)」は爽やかな響き、躍動感あふれるイメージから男の子の名前にふさわしい漢字の一つです。

明るく活発で、何でも自分から積極的に取り組もうとする男の子という印象を持ちます。回答者さんの意見にもありますが、ものすごくかけっこが得意になりそうですね。笑顔で走る姿がかわいいだろうな、と感じます。

出典元:
  • 西東社編集部「赤ちゃんの名前ハッピー漢字辞典」208(西東社,2014)
名づけはシンプルな「一本道」で。命名研究家のアドバイス

関連記事:

名づけはシンプルな「一本道」で。命名研究家のアドバイス

子供が生まれるとき、パパママが悩む「名づけ」。わが子が一生使う名前を決…

プレミアム記事

名前を考える時間をぜひ楽しんで

考える PIXTA

子供の名前を考えるのは、考えすぎて頭がパンクしてしまいそうになったり、周りと意見が合わずに険悪な雰囲気になってしまったりと、ときにマイナスの感情が先行してしまうことも。

ですが、大好きなわが子のことを想って名前を考える時間は、後に楽しかった、とてもぜいたくで幸せな時間だったと感じるはずです。

私自身も子供の名前を考えたのはもう4年ほど前になりますが、振り返ってみるとあの何とも言えない幸せな気持ちはなかなか他では味わえないものだな、とつくづく思います。

自分一人でちょっとゆっくりできる時間に、心を落ち着かせながら名前の候補探しをぜひ楽しんでくださいね!子供にとって親たちからの最初のプレゼント、素晴らしいものを贈れますように。

「名前」「2017年」「男の子」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧