PR:ソニー生命保険株式会社

2歳児までのママとプレママ必見! 子供の教育にどれくらいお金がかかるか知ってる?

妊娠・出産、その喜びもつかの間、気になるのがこれからのお金のこと。特に子供の教育費はどれくらいかかるのか、どれだけ用意すればいいのか、不安になってしまいますよね。まずは子供の教育にかかるお金を把握して、ライフプランを考えてみましょう!

PIXTA

赤ちゃんは楽しみだけれど、心配になるのが将来のお金…

子供ができて家族が増えると、幸せなことも増えるけれど、一方で経済的な不安に直面することも。

貯金ができてないけれど、大丈夫かな。家族が増えると、どれくらいお金がかかるんだろう。

ママリ内でも、そんな悩みをもつママたちの声があがっています。

これから先の子供にかかるお金がどれくらいなのかわからなくて不安です。
特に学費が心配です。
公立か私立かでも違うと思いますが、どれくらい準備すればいいですか?
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
将来、子供もう1人欲しいけど、これじゃあダメだよなと最近考えてます。。
もっと貯金しとくべきだった。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

経済的不安は、単に日用品の消耗が増える、食費が増えるといった生活費のことだけではなく、一番大きいのは子供の「教育費」ではないでしょうか。

子供が「これをしたい」「将来こうなりたい」と言ったときに、親としてできる限りのことをしてあげたい、と願うけれど、叶えてあげられるか不安になってしまいます。

妊娠・出産も大変なのに、さらに経済的な面で心配になるママたちが本当に多いのです。

出産前に知っておきたい「お金のこと」

実際にいくら必要?教育にかかるお金をシミュレーション

でも、ただやみくもに不安になるのではなく、実際に子供にかかるお金はいくらくらいなのか、どれくらい必要なのか、まずは把握することが大切です。

幼稚園から高校卒業まで、大学にかかる費用をチェックしてみましょう。

幼稚園から高校までの学習費用

大学にかかる費用

当然、地域差もありますし、特に私立の場合は学校によって値段も様々。

あくまでもこれくらいかかる、というおおよその目安として捉えてくださいね。

学資金の準備は家計にあわせて準備できる!

では、子供の進路をシミュレーションし、かかるお金をイメージしてみましょう。

パターン1. 幼稚園から大学まですべて国公立に通う

ランドセル 学校 PIXTA

我が家は私立は無理!全部公立で頑張ってもらいたい!というママ。

幼稚園から大学まですべて公立に通った場合、費用は合計で約800万円はかかります。

パターン2. 幼稚園から大学まで私立に通う

費用はかかるけど、私立に通ってほしいママもいるはずです。

幼稚園から大学まですべて私立に通った場合の学費は合計約1,857万円。

私立は、公立に比べると費用はかかってしまいますね。

公立と私立はそれぞれ良さがあるので、ご家庭の状況や方針に沿って考えてみることが大切です。

パターン3. 幼稚園から高校まで公立、大学から私立に通う

このパターンが最も多いのではないでしょうか。

学部によっても異なりますが、おおよその合計約1,087万以上の学費がかかります。

ママ 家計 PIXTA

進路によって、金額がこんなにも違うのですね。

一般的に一人の子供につき1,000万円以上が必要です。子供が二人ならこの二倍なので、進学に合ったお金を準備することになります。

子供の進学学資金の強い味方「学資保険」

こんなにお金用意できない…とさらに心配ごとが増えてしまったかもしれません。

確かに、これらの金額を一気に用意するとなったら本当に大変なこと。大事なのは必要なときに必要な額が用意できているかどうか。

あと何年後、子供がどの学年のときにいくら必要か?そこに向かってお金を備えていくことが解決への第一歩です。

そこでママに知ってほしいのが学資保険なのです。

「学資保険」ってこんなところが便利

保険 PIXTA

学資保険はその名の通り、月々の保険料を払い込み、子供の教育資金を貯めることができる保険です。

子供にお金がかかる前に準備したい、毎月貯金をするのが苦手、手元にあると使ってしまう、というママには特におすすめです。

パパやママにもしものことがあった場合の保証が付いていることが多いのも特徴です。

5分でわかる!学資保険のギモン

選ばれ続けて144万件(※)!「ソニー生命の学資保険」が人気なわけ

たくさんの学資保険がありますが、今回ご紹介するのがソニー生命の学資保険。

2016年の「マザーズセレクション大賞」にも選ばれた実績を持つこの保険の特徴を見てみましょう。

(※)2017年10月現在(ソニー生命調べ)

ソニー生命の学資保険がママたちに選ばれた理由

進学学資金と満期学資金をお支払い

高校 中学 PIXTA

子供の進学状況に合わせて、学資金を受け取るタイミングが選べます。

中学、高校入学時にまとまったお金が必要な家庭もありますし、大学の学費を重点的に用意したい家庭、と様々なニーズに応じた契約ができます。

いずれも、お子様が所定の年齢に達したときに学資金として毎年支給されます。

ソニー生命の学資保険の詳しい特徴をみる

保険料払込免除

保険 PIXTA

パパやママに万が一のことがあったとき、月々の払込は免除されます。

それでも保障は継続され、学資金は満額受け取ることができます。

愛する我が子のため、いざというときにうれしい保証ですね。

万が一のときも安心…保険料払込が免除されるケースをチェック

必要なときに少しでも多く受け取りたい!注目ポイントは返戻率

電卓 ママ 家計 PIXTA

ソニー生命の学資保険の注目ポイントは返戻率です。

返戻率は、学資保険に加入して払い込む保険料の総額に対して、将来受け取れるお金の総額がどれくらいあるかを表した数字なんです。

学資保険(無配当)III型:契約者30歳男性・被保険者(子供0歳)の場合

保険料の払込期間10年で、月々の保険料は15,540円。

払い込む保険料の総額は1,864,800円ですが、受け取れる金額は2,000,000円になります。

また、払込期間18年だと、月々の保険料は8,916円。

払い込む保険料の総額は1,925,856円で、受け取れる金額は2,000,000円になります。

返戻率は、契約内容や払込期間によって変動するものではありますが、ソニー生命学資保険では上記契約時、返戻率※は10年の払込期間で107.2%、18年の払込期間で103.8%となります。

さらに保険料を年払にすると、10年の払い込みで108.0%、18年の払い込みで104.6%に!

保険料の払込期間が短いほど、返戻率が高くなります。必要なときに少しでも多く受け取れたら、助かりますね。

※2018年度2月1日時点の契約実績に基づいた数値。
 返戻率≒受取学資金総額÷払込保険料総額x100(小数点第2位以下切捨)
※ご契約条件によっては返戻率103.8%を下まわる場合があります。

払込保険料と受取額資金のモデルケースをみてみる

家計にあったプラン設定が可能

保険 PIXTA

家計も教育プランも、家庭によってそれぞれ。

「我が家の場合」といったマイプランニングの相談に応じてくれるのが、ソニー生命の学資保険。

保険のプロがお手伝いしてくれるのも心強いですね。

プランナーの中には子育て経験者もいるので、ママも安心して相談できますよ。

我が家の場合は?早速シミュレーションしてみる

まずはプロの提案を聞いてみることをおすすめします!

保険 相談 PIXTA

子供にお金がかかるのは事実。

でも、学資保険というパートナーを賢く味方につけることで、必要な金額に近づけていくことが可能です。

子供の将来にあった教育のために、子供の「やりたい」を応援してあげるために、学資保険を検討してみませんか。

無料相談のお申込みで、豪華賞品が当たるキャンペーン(3月末まで)も実施中です。

まずは資料請求や保険の相談をして将来に備える準備をしましょう。

ダイソンのヘアドライヤーなどが当たるキャンペーンはこちら

◎上記は、商品の概要を説明しています。詳しくは「商品パンフレット」「ご契約のしおり・約款」、保険金等の支払対象となる事由及び支払条件につきましては、「契約概要」「注意喚起情報」を必ずご覧ください。
商品パンフレット学資保険(無配当)
http://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/pdf/OA62.pdf
◎ご契約後、短期間で解約した場合には、解約返戻金等が払込保険料総額を下まわることがあります。
◎受取学資金総額は、進学学資金を自動据置しない場合を例示しています。
◎保険期間中に契約者が万一の場合、以後の保険料の払込は免除されます。
◎保険期間中に被保険者(お子さま)が死亡された場合、死亡給付金として既払込保険料相当額が支払われます。
◎このほかに、中学~高校~大学など、進学時の教育資金を総合的にご準備いただけるI型、大学など進学時の教育資金に重点を置いてご準備いただけるII型もございます。
◎上記は、2018年2月1日時点の保険料および当社の取扱に基づき作成しております。
<SL17-7216-0437>