アレルギー対応メニューあり、東京ディズニーリゾートでの「食事」の楽しみ方

東京ディズニーリゾートへ、子供が生まれてから行かれたママはいますか?「もう行ったよ!」という方もいれば「不安なことがあってまだ行けていない」というママもいるかもしれません。今回は、東京ディズニーリゾートでの食事についてさまざまな楽しみ方をお伝えします。離乳食を温められるのか、食べ物アレルギーに対応してくれるお店はあるのか、事前に予約することができるのかなど、子連れ目線でパーク内のレストラン情報をお届けします。

PIXTA

子連れで行く東京ディズニーリゾートでの食事、どうしてる?

誰もがわくわくした気持ちで楽しめる「東京ディズニーリゾート」。子供ができるまではパパとよく東京ディズニーリゾートでのデートを楽しんだ、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大人だけと違い、子供を連れてですと何かと不安なことがありますよね。子供の年齢にもよりますが、乳幼児の場合はミルクや離乳食を持っていくべきなのか、アレルギーを持っている場合はどうしたらよいかなど、食事に関した心配ごとがあるママもいるのではないでしょうか。

筆者も子供が生まれるまでは夫と一緒に東京ディズニーリゾートへ遊びに行っていましたが、子供が生まれてからは乗れる乗り物も限られますし、食べられるものも決まってしまいなかなか行くことができません。また、食事に関しても不安がありました。

今回は子連れで東京ディズニーリゾートへ行くときに、より食事を楽しむための情報をお伝えしたいと思います。

東京ディズニーリゾートではママ用の公式ホームページがあります

ママ PIXTA

東京ディズニーリゾートへ行く前に、ホームページを見て情報をゲットするママもいるかと思います。一生懸命いろいろな情報を見ても、子供向けの情報が見当たらない…と思ったことはありませんか?実は東京ディズニーリゾートでは、ママ向けの情報を掲載している公式サイトがあるんです。「ディズニーママスタイル」というページです。

筆者は今までこのページがあることを知りませんでした。こちらにはママにうれしいサービスや、子供と一緒に楽しめるアトラクションやショーの紹介が載っています。

他にも、パークに初めて来た際はキャストさんにその旨を伝えると名前の書いたシールがもらえることも書いてありますよ。もちろん、今回のテーマである食事に関しても掲載しています。

ディズニーママスタイルHP

やっぱり夢の国!東京ディズニーリゾートで食事を楽しむ情報&サービス

遊園地 PIXTA

先ほど紹介したページには食事に関してもいろいろな情報が掲載されていますが、今回はレストランの予約やアレルギー対応、離乳食に関しての情報をまとめました。

これから東京ディズニーリゾートへ行く予定があるママは必見です。この情報を知ってから行けば、気持ちに余裕をもって楽しむことができますよ。家族だけでなくママ友と一緒でも怖いものなしです。

さっそく情報をチェックしてみましょう。

1.待ち時間を短く!レストランの優先案内システム

レストラン PIXTA

東京ディズニーリゾートのレストランには、事前予約のプライオリティ・シーティングというシステムがあります。あらかじめ指定した時間に行き、席が空き次第案内してもらえるのです。長い時間お店の前で待つのではなく短い時間で案内してもらえるため、子供も飽きることがありません。

プライオリティ・シーティングの事前受付は、宿泊予約の有無やどこで予約をしたかによって変わるので注意しましょう。

予約方法は公式ホームページからでき、東京ディズニーリゾートへ行く前日20時59分までになっています。ディズニーホテル、オフィシャルホテル、パートナーホテルへ宿泊する場合は、別途で電話での受付が18時まで可能です。当日枠はオンラインにて毎日9時から、店頭では10時から受付していますが埋まっている場合もありますので早めに確認しましょう。

全てのレストランで予約ができるわけではありませんので、早めにサイト上でチェックするのをおすすめします。

レストラン予約について

2.アレルギーがあっても大丈夫!しっかり対応してくれます

お子様ランチ PIXTA

おいしくてかわいい料理がたくさんある東京ディズニーリゾートですが、遊びに行っても子供がアレルギーを持っているから好きなように食べられない…というママもいるのではないでしょうか。

東京ディズニーリゾートでは一部のレストランにて、特定のアレルゲンに対応した低アレルゲンメニューが用意されています。低アレルゲンメニューとは、7大アレルゲン(小麦、そば、卵、乳、落花生、えび、かに)を原材料に使用していないメニューのこと。

例えば「れすとらん北斎」の低アレルゲンメニューはおにぎり、ハンバーグ、ソーセージ、サラダ、ゼリーがあります。他にも「ポリネシアンテラスは大人用、子供用の低アレルゲンメニューが用意されており、親子でアレルギーがあるという方でも安心して利用できます。

ハンバーグやカレーライス、小麦アレルギーにも対応したスパゲティーなど子供が好きなメニューも低アレルゲンメニューとして提供してくれているので、子供も大満足間違いなし。公式サイトはもちろん、当日スタッフの方に確認しておくとママも安心なのではないでしょうか。

アレルゲン情報について

3.調乳や離乳食のあたためについて

離乳食 PIXTA

赤ちゃんがいる場合はミルクや離乳食の準備をして遊びに行かなければなりません。できるだけ持ち物を少なくして楽しみたいというママには「ベビーセンター」の利用をおすすめします。

「ベビーセンター」では赤ちゃんの食事、おむつの交換、授乳室、粉ミルク、紙おむつ、ベビーフードも購入することが可能。ミルク用のお湯も用意されており、離乳食を温めたいという場合は電子レンジを使うことが可能です。またベビーチェアがあり、小さな赤ちゃんでもいすに座って食事ができます。

さらにうれしいのが使った哺乳瓶や食器を洗うキッチンが備え付けられていて、衛生的に哺乳瓶や食器を持ち歩けます。万が一、哺乳瓶を忘れてしまってもベビーセンターで購入ができるので大丈夫。

販売している離乳食は生後7ヶ月ころからと、生後9ヶ月ころ以降なので、それよりも小さな赤ちゃんの場合は持参しましょう。他には、生後6ヶ月ころと、生後9ヶ月ころのベビー用のお菓子があります。

これだけサービスが充実していることを筆者は知りませんでした。ママはとても助かりますよね。

ベビーセンターについて

東京ディズニーリゾートは子連れにやさしいテーマパーク

テーマパーク PIXTA

東京ディズニーリゾートは誰もが夢の世界へ飛び込める場所ですが、小さな子供がいると思いきり楽しめるか不安というママもいるかもしれません。しかし夢の国と言われるだけあり、ママや子供のことをたくさん考えているテーマパークだということがわかりました。

ミルクや離乳食を持参しなくても購入できる場所があり、アレルギーがある子供でもおいしく食べられるお子様メニューまでしっかり準備されています。もちろん子供だけでなく、ママやパパがアレルギーがあっても対応した食事があり安心ですよね。

東京ディズニーリゾートのキャストさんたちは、とてもていねいでやさしく接してくれます。分からないことがあれば気軽にキャストさんへ聞いてみましょう。

家族皆で楽しめる東京ディズニーリゾートをぜひ満喫してください。

「離乳食」「ディズニーランド」「お子様メニュー」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧